このページでは、「足底筋膜炎」で悩まれていた方が快晴整体院に来院されてから快復されるまでの経過を紹介しています。

 

クライアントさん情報

・Sさん 50代女性 主婦

・2017年6月来院

・気になる症状:右かかと・足底筋膜炎

・来院前に行なっていた治療:整形外科でけん引・ウォーターベッド

・これまでの病歴:10年前に椎間板ヘルニア、5年前に左足足底筋膜炎

 

来院前の状況

快晴整体院・遠藤快晴整体院・遠藤

本日はご来院ありがとうございます。

まずは、体のどのようなことでお悩みか、教えてください。

 

SさんSさん

2017年2月ごろから坐骨神経痛が出て整形外科を受診しました。

治療を受け良くなってきていましたが、その後足裏に痛みが出てくるようになりました。

 

快晴整体院・遠藤快晴整体院・遠藤

なるほど、足裏の痛みですね。

どのような痛みが、どのくらいの期間続いてますか?

 

SさんSさん

歩いた時に足の裏をトゲトゲした石が刺すようなするどい痛みがあります。

だいたい3ヶ月間痛みが続いてるんです。

飼い犬の散歩の時に、特に困るんですよ…。

 

快晴整体院・遠藤快晴整体院・遠藤

わかりました。

早速、からだを調整していきましょう。

 

 

快復までの流れ

初回の施術で、まず「手の指」の調整を行なっていきました。

 

「足の裏が痛いのに、手の指なんて関係あるんですか?」

Sさんもそう思われたそうですが、体は全体がつながっているので、

手の指と足も深く関連しているのです。

 

5分ほど指の調整を行なうと、

足裏からふくらはぎにかけての突っ張り感がゆるみました。

 

ここで1度歩いていただき確認すると、

トゲトゲした石が少し丸みを帯び、痛みがやわらいできました。

 

この後、お腹の調整をしていきます。

 

「足の裏が痛いのに、お腹なんて関係あるんですか?」

やっぱりそう思いますよね。

 

お腹は人間にとってすごく大切な器官。

お腹が凝り固まると、全身の筋肉がかたくなったり、

血行もわるくなってしまいがち…

 

Sさんもお腹(特に胃)が凝り固まっていたので、

優しく内臓に刺激を入れ調整していきます。

 

お腹がゆるみ、体の緊張も取れたところで再度歩いてチェック。

「トゲトゲした石」から「平らな石」が当たってる感覚になり、

痛みというよりは、違和感がある程度まで足底筋膜炎は快復しました。

 

この後3週間で5回の調整をさせていただき、体に「良い状態」が定着することで

日常生活で痛みに悩まされる事なく、元気にすごせる足を取り戻されました。