京都でランナー膝(腸脛靭帯炎)を改善する整体院

こんなことに悩んでいませんか?

少し走るだけで膝の痛みが強まる

☑膝の痛みのせいで距離走ができない

☑膝が痛いからフォームも崩れてきた

☑走れないから筋力が落ちそうで不安

治療を続けているのに良くならない

 

治療を続けてもランナー膝が良くならない理由

ランナー膝は腸脛靭帯炎とも呼ばれており、痛みの原因は靭帯の炎症と言われています。

だから一般的な治療は、膝の炎症を良くする目的で行われます。

マッサージ、電気治療、ストレッチ、アイシング、湿布、痛み止めの薬…確かに炎症をおさえれば痛みは良くなっていきます。

でも、走るとまた膝が痛くなってくる。

これがランナー膝のイチバンの悩みなんですよね。

なぜ治療をしても、走るとふたたび痛みが出てくるのか?

それは、ランナー膝の根本原因を取り除けていないことが理由です。

 

ランナー膝の根本原因は?

ランナー膝の根本原因は全身バランスが崩れていることです。

体の中で膝以外にも、腰や肩や首などコリやすい場所はありませんか?

コリが続き筋肉の緊張が続くと全身バランスが崩れていきます。

 

走ることは全身運動なので、バランスが崩れたまま走れば体に負担がかかります。

特にランナーは走る時に膝を酷使するので負担が膝に出やすいのです。

そして一般的な治療は体全体ではなく膝だけを治療するので良くなりにくいと言えます。

根本原因である全身バランスをよくすれば、あなたのランナー膝もかならず良くなっていきます。

 

痛みを克服したランナー整体師が責任を持って施術します

こんにちは。快晴整体院の遠藤と申します。

主宰・遠藤俊快の写真

僕は高校時代の部活中に腰を痛め、それから10年以上慢性的な腰痛に悩まされていました。

 

突然腰の痛みが悪化する事も多く、外出する時は痛み止めの薬が手放せない状態。

 

通院していた病院の先生からは

手術が必要だね。でも手術をしたからと言って、君の場合良くなる保証はないよ

と冷たく言われ、

“一生この痛みに苦しむのかな?”

と、当時は本当に絶望的な気持ちでした。

 

しかし、8年前に出会った整体の先生のおかげで10年も悩んだ腰痛がスーッと楽になりました。

腰痛が良くなったことをきっかけに整体師になり、今ではフルマラソンを3時間台で走れるほど元気に過ごすことができています。(ベストタイム: 3時間22分)

 

整体師としての経験とランナーとしての経験の双方を生かし、あなたの悩み改善をしっかりとサポートさせていただきます。

 

施術を受けられた方の感想

フルマラソン記録更新できました!

おかげ様で愛媛マラソン完走できました。

しかも昨年から5分更新の3時間21分代という、うれしい結果でした。

15kmくらいから調子が出て来て最後まで走りきることができました。

昨年より5秒/km早いペースが楽に維持でき、終盤のつらさもかなり違いました。

遠藤先生のおかげです。感謝いたします。

■I.M様 滋賀県大津市 40代男性

※結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

思い切り競技ができるようになり嬉しいです

陸上の練習をしていて、左足を痛めてしまい、思うように走れなくなっていました。

2ヶ月ぐらい経っても、全然良くならず、焦りを感じていました。

施術を受けるたびに痛みが和らぎました。また、疲れも取れやすくなりました。

大事な試合前なのに、全く足の痛みが治らず焦っていましたが、

施術を受け、思い切り競技ができるようになり、とてもうれしいです。

どこで見てもらってもなかなか症状が改善さんやれなかった方や、

スポーツ障害に悩んでいる方いる方にお勧めしたいです。

施術を受けるたびに効果を感じられると思います。

■市川様 滋賀県 10代女性(陸上部)

※結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

京都マラソン翌日に来院。根本改善を実感。

京都マラソンに参加しましたが、途中から足裏の痛みが激しくなり、完走した翌日に来院しました。

施術を受け、これまで感じたことのなかった足裏の接地感覚、

特に全ての足の指が地に着くようになり、足裏がとても大きく感じるだけでなく、使えるようになりました。

患部と思ってる箇所だけでなく、その根本原因から、

そして自己治癒力も感じながら日々体のバランスがよくなることを実感できます。

まさに、「快晴!」です。

ぜひご来院をおすすめいたします。

毎回ためになる豆知識・豆体操が増えていくことも楽しみです。

■仲田様 50代男性

感想文原稿複写

※結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

ランナー膝の原因

ランナー膝(腸脛靭帯炎)は、太ももの外側にある腸脛靭帯の付け根(外側顆)に出る痛みのこと。

腸脛靭帯はお尻から膝にかけて伸びる靭帯のため、痛みの前兆として前兆としてお尻や太ももに違和感を感じることもあります。

痛みの原因は、走行時の膝の曲げ伸ばしにより、腸脛靭帯と外側顆の骨が摩擦することと言われています。

繰り返し摩擦が起こるとで、腸脛靭帯に炎症が起こり膝に痛みが出ます。

病院に行くと、痛みが起こる原因はオーバーユース(走りすぎ)と指摘され、安静を指示された方も多いはずです。

 

ランナー膝になる人とならない人の差は“体の使い方”

しかし、同じように走っていても、腸脛靭帯炎になる人とならない人がいます。

月間300㎞走って大丈夫な人もいれば、月間100kmで痛くて走れなくなる人もいる。

これは、なぜだと思いますか?

腸脛靭帯と膝の骨の摩擦が原因ならば、ランナーは全員ランナー膝になってもおかしくないように思いますが、全てのランナーに発症するわけではありません。

なぜか?

その理由は”体の使い方”にあります。

体のバランスが崩れ、間違った使い方をしたまま練習を続けていると、ランニング中に起こる腸脛靭帯と膝の骨の摩擦が強くなるのです。

逆に、体のバランスがいいランナーは腸脛靭帯と膝の骨の摩擦がそれほど起こらないため、距離を踏んでも痛くならないのです。(見た目のバランスがわるい人もいますが〔ラドクリフ選手のような〕その人にとってバランスがいいか否か?が大切です)

 

一般的な治療で良くならない時は、全身バランスを整える事が回復への近道

ランナー膝の一般的な治療法(=マッサージ、電気治療、ストレッチ、インソール、アイシング、テーピング、サポーター)を続けても「痛みが良くならない」という悩みをよく聞きます。

それらの治療法が間違っているわけではありません。良くなる方もおられます。

治療を続けても良くならない理由は、その治療が局所的で体の使い方を正せていないから。

快晴整体院では一般的な治療法とは異なる、全身のバランスに焦点を当てた施術で、痛みを改善させていきます。

 

 

快晴整体院の特徴

①フルマラソンを走るランナー整体師による施術

院長の遠藤もフルマラソンを走り、その中で色々な体の痛みを経験してきました。

その経験と知識から的確にあなたの痛みの原因を突き止め施術に当たります。

また、フォーム改善方法や練習方法についてもしっかりアドバイスし、あなたのマラソンライフを全面的にサポートいたします。

 

②痛くない、即効果を体感できる施術

快晴整体院の施術は、痛みのないソフトな整体。

バキバキ、グイグイしないから、体への負担もなく、患部を痛めることもありません。

2歳の子供から92歳の方まで受けていただいております。

また、施術前後で体の状態をチェックし、施術の効果が出ているか毎回きちんと確認するので、効果をしっかり体感できます。

主宰の遠藤の施術風景

 

③全身のバランスを整えるから、痛みが戻りにくい

痛みがあるところを揉みほぐすのではなく、全身のバランスを整える施術だから

マッサージや電気治療に比べ痛みが戻りにくいことも特徴です。

またバランスが整うことで、施術は体の軽さはもちろん、動かしやすさも良くなることを実感できます。パフォーマンスの向上にもつながります。

施術写真

 

④快復を早めるセルフケアを徹底指導

施術を受けた後も自分で体のケアをすることで快復への近道。

ひとりひとりの状態に合わせた最適なセルフケアをお伝えし、少しでも早く良くなるようサポートいたします。

お伝えするケアの一部は、病院の先生も絶賛するほどのケア方法。「カンタンなのに、効果的」と好評です。

和漢堂、松田先生よりケア方法の推薦

 

よくある質問

Q:治療中は練習をやめないといけませんか?

A:やめなくても大丈夫。むしろ体を動かしながらの方が快復力は高まります。

ただし、ごくごくゆっくりのペースで走ること、痛みが出たらスグに練習を中止することなど、いくつか注意すべき点があることを覚えておいてください。

 

LINE・ネット予約

 

ランナー膝を最短で改善するためにできる3つのこと

①筋トレ・ストレッチは弱めの刺激で行うこと

筋トレやストレッチ自体は決してわるくはないのですが、その“やり方”には注意が必要です。

痛みがあるのにたくさんの回数をこなそうとしたり、痛みをガマンしてまでストレッチをするのは逆効果。

腸脛靭帯を痛めたり、体のバランスを崩す原因にもなるので気を付けてください。

ストレッチをする際は、無理なく弱めの刺激で行うことを心掛けるようにしてください。

弱めの刺激とは?会話しながらでもラクにできる強度を目安にしていただければと思います。

実際、無理なストレッチを止めた直後に痛みが緩和した事例もあります。

 

②アイシングもいいけど、お風呂にゆっくり浸かるのはもっといい

アイシングすると痛みが和らぎますが、実はアイシングは血行を悪くしていることをご存知でしょうか?

冷やして血行を悪くすることで、血液の中にある痛み発生物質の流れを妨げているのです。(結果痛みを感じにくなる)

痛みが強い時はアイシングも必要ですが、根本的に改善させるなら、温めて血行を良くすることが大切。お風呂にゆったり浸かることがおススメです。

 

③厚いソールの靴は避ける

膝が痛い=クッション性の高いシューズは常識に思われてますが、ソールの厚い靴は膝の痛みを悪化させます。

なぜなら、底が厚いぶん、着地の時にバランスがとりにくくなり、膝をはじめ各関節に負担をかけてしまうからです。

たとえ初心者の方であっても、中~上級者が履くような薄いソールのシューズを選んでみてください。

履いた事がない方は、ショップで試し履きしてみてください。その場に立ってるだけでも、ふらつき感がないことが実感できるはずです。

 

同業の先生からも推薦をいただいております

■訪問リハビリマッサージ晴・樋口治療室院長 樋口純一先生より

写真
遠藤先生との出会いは、数年前のみずぽっと体操の勉強会でした。

当時は、まだほとんど世に知られていない、みずぽっと体操。

その勉強会に参加しているだけで、「若いのに、随分意識の高い治療家の方だな!」と思いました。

お会いするたびに、謙虚な態度で、治療技術を学ばれる姿は見習わないといけないと思いました。

しかも、遠藤先生は、ご自身の腰痛を整体やセルフケアで克服したことがきっかけで、

治療家の道へ進まれているので、 クライアントさんに寄り添った施術ができるんだと思います。

腰痛でお困りの方はぜひ、快晴整体院をおたずねください。

 

■整体サロンピンポイント 鎌田恭平先生より

推薦・写真②
遠藤先生との出会いは、私の患者さんとしてでした。

当時何度も腰痛に悩まされていた経験から整体師になられた先生ですので、

カラダの痛みやしびれで悩んでいる方の気持ちを、よくわかってるれる先生だと思います。

とても勉強熱心な先生ですので、カラダの不調でお悩みの方は、快晴整体院にご相談下さいね!

 

施術料金のご案内

施術料金:1回5000円(初回のみ検査料別途2000円)

現在の状態を詳しくお聞かせいただき、ご要望を伺った上で、ひとりひとりの状態に合わせた施術を行なっていきます。

施術にかかる時間ですが、初回は問診・検査のために1時間程度、2回目以降は40分前後です。

アクセスマップ。近隣の地図です。最寄り駅は地下鉄北大路駅です。

住所:京都市北区小山南上総町63-1シモン北大路201

google map>>

電話番号:0120-497-634(受付時間 10時〜20時)休院日:水・日曜日