シンスプリントとは

「走っているとスネにするどい痛みが走るんです…」

「大会本番が控えているのに、痛みが良くならず不安です…」

 

このページは、シンスプリントに悩むランナーの方のために書いています。

 

はじめまして。快晴整体院の遠藤と申します。

わたくし遠藤も、今年の京都マラソン直前、シンスプリントに悩まされたランナーのひとりです。

 

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)とは、マラソンやスポーツをしている方によく見られる、スネの下部に起こる慢性的な痛みのこと。

運動中に痛みが強まりますが、運動をやめると症状はおさまります。

 

しかし悪化すると

「足を地面につけるだけでも痛い」

…といった具合に、日常生活内でも痛みを感じるようになってしまう困った症状です。

 

シンスプリントの原因は、柔軟性を失い硬くなった筋肉

硬くなった筋肉がスネの骨表面を引っ張ることで痛みが起こります。

 

痛みがある足をかばう結果、もう片方の足の負担も大きくなり、左右ともにシンスプリントになることも少なくありません。

 

痛みがを感じる場所はおもに2か所。

下の写真のように、スネの外側が痛む場合と、スネの内側が痛む場合があります。

患部を指で押すと鈍い痛みを感じることも、シンスプリントの特徴です。

シンスプリントの痛む位置

 

シンスプリントによく似た症状

シンスプリントとよく似た症状に脛骨疲労骨折が挙げられます。

症状が似ており、初期段階ではレントゲンでも判別が困難と言われています。

病院や整形外科で「シンスプリントです」と診断されたのに痛みが治まらず、後日再検査を受けてはじめて脛骨疲労骨折が発覚する実例もあるほどです。

シンスプリントと脛骨疲労骨折の違い(目安)

  • シンスプリント:すねの下側1/3の、5~10㎝の間で痛みがある
  • 頸骨疲労骨折:痛みが出る部位はそれより狭く、ピンポイントで痛む。

※ひどい痛みが何週間も続く場合は病院での検査をおすすめします。

 

治療を続けているのにシンスプリントが良くならない理由

当院には
「治療を続けているのに痛みが良くならない…」
という方が多くお見えになります。

 

シンスプリントの原因は硬くなった筋肉なので、一般的な治療は筋肉をほぐし炎症を抑えることを目的に行われます。

でも、なぜ治療を続けてもシンスプリントが良くならないのか?

 

その理由は、体の使い方が修正できていなからです。

足に負担のない体の使い方を獲得できていないため、シンスプリントの再発を繰り返してしまうのです。

 

快晴整体院でシンスプリントが良くなる理由

快晴整体院では、痛みを取るだけでなく、正しい体の使い方ができるよう整体することで、シンスプリントを早期に改善させていきます。

 

また、

「大会本番が控えているのに、痛みが良くならず不安…」

という心理的なストレスが痛みを悪化させてるケースもあります。

そのため快晴整体院は心理的ストレスを緩和させる施術も行う、京都でも数少ない整体院のひとつです。

 

快晴整体院4つの特徴

①痛みのない不思議な整体

快晴整体院の整体は指先を軽くゆらすだけで痛みが良くなるちょっと不思議な整体です。(通称:ゆびゆら整体)

「バキバキ」「ボキボキ」しないソフトな整体なのでどんな方でも安心して受けていただけます。

 

②正しい体の使い方ができるようになる

施術を受けることで、正しい体の使い方ができるようになります。

 

具体的な感覚としては、

「姿勢が安定する」

「体が動かしやすくなる」

「全身が軽くなる」

・・・など、その場で体の変化を実感することができます。

 

③心理面にもアプローチ。

不安や心配もなどの心理的ストレスもシンスプリントを引き起こす要因。

快晴整体院ではあなたの心理面へのアプローチも行い、最短で良くなるようサポートしていきます。

 

④医師も絶賛のセルフケアを指導

快晴整体院でお伝えする独自のセルフケアは、簡単なのに効果大!

しかもお医者さんのお墨付きのセルフケア方法です。

ぜひ覚えて帰っていただき、日常のメンテナンスに役立ててください。

 

和漢堂、松田先生よりケア方法の推薦

 

≪特典!貼るだけで足が軽くなるテーピングをプレゼント!≫

アキレス腱に貼るだけで足が軽くなるテーピングを無料でプレゼントしています。

普段の練習だけでなく、日常生活でも活用すると疲れやむくみの予防にもなるテーピングです。

 

施術を受けられた方の感想

左足を痛めてしまい、思うように走れなくなり、2ヶ月ぐらい経っても、全然良くならず、焦りを感じていました。

施術を受けるたびに痛みが和らぎました。また、疲れも取れやすくなりました。

思い切り競技ができるようになり、とてもうれしいです。

(■市川様 10代女性・大学陸上部)

施術を受け、これまで感じたことのなかった足裏の接地感覚、特に全ての足の指が地に着くようになり、足裏がとても大きく感じるだけでなく、使えるようになりました。

患部と思ってる箇所だけでなく、その根本原因から、そして自己治癒力も感じながら日々体のバランスがよくなることを実感できます。

(■仲田様 50代男性 京都マラソン2017完走)

最初は歩くのも大変でしたが、施術を重ねるうちにびっくりするくらい足全体の痛みが改善しました。

(■るみ様 30代女性)

今まで色々な整体で見てもらいましたが、長期的に効果が続くものがなかったです。

こちらの整体では、実際痛い場所に触れることなく、その他の箇所を整えることで、痛みが嘘のようになくなりました。

自宅でもできるトレーニング等教えてもらうことで、対処療法ではない長期的な目線での治療を行っていただいてます。

(■T.H様 30代男性)

 

シンスプリントを早くよくするための注意点

以下にシンスプリントを最短で改善させるための注意点を記載しておきますので、参考にしてみてください。

①今までやっていたセルフケアを1度やめてみる

ストレッチやマッサージなど、ご自身でケアをされている方も多いと思いますが、改善が見られないのであれば1度中断してみてください。

痛みが強い時期に筋肉に刺激を入れると快復が遅れてしまうことがあるからです。

実際ストレッチをやめた途端、痛みが大幅に改善した症例もあります。

 

②お風呂にゆっくりつかる

シンスプリントにはアイシングが効果的と言われていますが、実は痛みをごまかしている場合がほとんど。

根本的な改善を望むのなら、患部を温めて血行を促進することが大切です。

そのためにはゆっくり湯船につかることが手軽で効果的です。

 

③無理して走らない

痛みがあるのに無理して走ると、悪くなることはあっても、良くなることはありません。

練習できないと不安になってしまう気持ちはよくわかります。

しかし、勇気を持って走らない選択をすることが、快復を早める近道。

体と相談しながら徐々に距離を伸ばし、本格的な練習再開を目指しましょう。

 

➃明るい色のウェアを着る

特にストレスを強く感じる方は、ピンクやオレンジなどの明るいウェア(シャツやウィンドブレーカー)を着ることをおすすめします。

明るい色の服は気持ちを落ち着かせる効果が確認されており、身に付けるだけでストレスが軽減しやすくなります。

 

 

整体師紹介

快晴整体院院長・遠藤 俊快(えんどう しゅんかい)

主宰・遠藤俊快の写真
1984年・東京都生まれ。

 

高校生の頃部活で腰を痛め、以来腰痛が持病になりぎっくり腰をくり返す。

社会人になって再び腰痛が悪化した際、出会った整体に感銘を受け、整体師の道を志す。

2011年快晴整体院開業。

 

2014年に初めて京都マラソンを走って以来、毎年大会に参加。フルマラソン自己ベストは3時間49分。

最近ではトレイルランニングもはじめ、サブ3.5を達成すべく日々自分の体と向き合いながら練習に取り組む。

 

シンスプリントに悩む方へ

体に痛みがあると、

「はやくこの痛みをどうにかしたい」

「痛みが怖くて仕方がない」

と、焦りやいら立ちばかりが大きくなってしまいますよね

 

しかし、痛みは決してわるいものではなく、

無理して体を使っているよ

というエラーを教えてくれるサイン。

本当は体にとって有用でありがたいメッセージなのです。

 

だから、このシンスプリントを乗り越えることができれば、あなたの体はより洗練された走りやすい体になっていきます。

焦らず痛みとしっかり向き合い、よりよい体を目指しがんばっていきましょう。

思い切り走れる体を取り戻したい方は、ぜひ1度ご相談ください。

 

同業の先生からも推薦をいただいております

■整体サロンピンポイント 鎌田恭平先生より

推薦・写真②

遠藤先生との出会いは、私の患者さんとしてでした。

当時何度も腰痛に悩まされていた経験から整体師になられた先生ですので、カラダの痛みやしびれで悩んでいる方の気持ちをよくわかってくれる先生だと思います。

とても勉強熱心な先生ですので、腰痛に限らず、カラダの不調でお悩みの方は、快晴整体院にご相談下さいね!

 

■訪問リハビリマッサージ晴・樋口治療室院長 樋口純一先生より

写真

遠藤先生との出会いは、数年前のみずぽっと体操の勉強会でした。

当時は、まだほとんど世に知られていない、みずぽっと体操。

その勉強会に参加しているだけで、

「若いのに、随分意識の高い治療家の方だな!」

と思いました。

お会いするたびに、謙虚な態度で、治療技術を学ばれる姿は見習わないといけないと思いました。

しかも、遠藤先生は、ご自身の腰痛を整体やセルフケアで克服したことがきっかけで、治療家の道へ進まれているので、 クライアントさんに寄り添った施術ができるんだと思います。

腰痛でお困りの方はぜひ、快晴整体院をおたずねください。

 

施術料金ご案内

施術料金:1回5000円(初回のみ検査料別途2000円)

体の状態を詳しくお聞かせいただき、ご要望を伺った上で、ひとりひとりの状態に合わせた施術を行なっております。

施術にかかる時間ですが、初回は問診含め1時間程、2回目以降は40分程です。

 

アクセスマップ。近隣の地図です。最寄り駅は地下鉄北大路駅です。

住所:京都市北区小山南上総町63-1シモン北大路201

google map>>

電話番号:0120-497-634(受付時間 10時〜20時)休院日:水・日曜日