当院は、医師も絶賛の施術とケアで、あなたの長年の痛み・つらさを解消するための整体院です。

施術を受けられた方の感想

ひざ痛がよくなり毎週テニスができるまで快復!

アバター

テニスを長い間していて、膝と腰が痛くなり、なかなか治りませんでした。

昨年の夏頃から何度か治療していただきながら、テニスが続けられるようになってきました。

痛くなったら休むの繰り返しでしたが、この頃は毎週がテニスできるようになってきました。

ありがとうございました。

(Y.H様 大阪府枚方市在住  63歳女性 施術回数8回)

※結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

施術の感想

 

足の痛みが楽になりました

photoclient-5

来院した時は右足の神経痛で辛い思いをしていましたが、4回目くらいからすごく楽になり、5回目には来院する時は以前と同じくらいに回復しました。

とても穏やかな先生で、自分の不安な思いも受け止めて聞いて頂ける先生だと思います。

痛みにお悩みの方は、1度御来院されてはいかがでしょうか。

(佐藤様/京都市北区 50代 施術回数6回)

※結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

施術体験談

 

不思議と痛みがなくなる整体です

いつも、どこの整体やマッサージに行っても、定期的に通えませんでしたが、ここに来てからは続ける事ができています。

それはなぜかと言うと、1回の施術で不思議と痛みが良くなるのが実感できるからです。

本当はもっとコンスタントに来たらもっと体に良いだろうと思いますが、良くなるのでついサボってしまいます。

それでも、いつも穏やかに迎えてくれるので、逆に定期的に通えているのだと思います

優等生の患者ではありませんが、確実に良くなっているのがわかります。

今後とも、よろしくお願いします。

(Y.T様 京都市上京区在住 40代女性 施術回数4回)

※結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

 

いつも丁寧に対応してくださいます。

腰痛専門ということですが、膝の痛みで利用しています。

他のところでは数ヵ月かかっていましたが、2、3回の施術で回復します。

定期的に痛みが復活しますが、その度にお願いしていて、ひどくならないので助かっています。

日常での注意やコツも教えて下さり、いつも丁寧に対応してくださいます。

(K.Y様 京都市北区  40代女性)

※結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

数年間痛かった腰痛も初回から変化を感じました

Q:来院前の症状は?

A:慢性的な腰痛で、屈むのも寝るのも痛くて、家事がツライ状態が6〜7年前から続いていました。

 

Q:施術を受けてみていかがでしたか?

A:最初から効果がわかりました。

先生の痛みのない施術で、「どうかな?」と思っていましたが、痛みが楽になったことがスグにわかりました。

 

Q:施術面以外に当院で気に入ってる点はありますか?

A:お部屋の清潔感や先生のお人柄です。

友達と言うとおこがましいですが(笑)お話ししやすい、色んな事を相談しやすい先生です。

 

Q:これから来院される方にひと言お願いします。

A:女性ひとりだと、男性の先生の施術は不安かもしれません。

わたしもそうだったんですが、先生にお会いしたら安心できる先生とわかってもらえると思います。

ぜひ快晴整体院さんにお世話になってみてください。

 

■花平様(京都市北区 30代 施術回数7回)

※結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

ソフトな施術なのに体がらくになりました

Q:来院前はどんなお悩みでしたか?

A:昔から腰痛に悩まされていて、けっこう様々な接骨院やマッサージに行っていました。

とにかく腰痛がひどい状態でした。

 

Q:施術を受けてみていかがでしたか?

A:一般的にあるような「バキバキ」っとする整体では全くなくて、痛みがないなという感じで、「ほんとにこれで効くんかな?」という感じでした。

でも、施術が終わったあとに自分の体は楽になっていて

とにかく、ソフトなイメージがあります。

 

Q:施術以外に当院で気に入ってる点はどこですか?

A:室内の雰囲気も好きですし、落ち着きますし、先生と話すのも楽しいですし、そこでもリラックスできます。

それと、アフターケアもしっかり教えていただけるので、今までの整体のイメージとは全然違う、新しい感じがします。

 

Q:これから来院される方にひと言お願いします。

A:雰囲気もいいですし、気軽に1度来ていただけたらわかると思います。

それから、自分の体のこともよくわかりますし、良くなると思うので、心配せずに足を運んでもたえたらと思います。

 

■永持様(京都市北区 20代 施術回数5回)

※結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

変形性膝関節症でお悩みの方へ

「長時間立っているのがつらい…」

「ひざの痛みはもう年だからあきらめるしかないのかしら?」

 

このホームページはそんな悩みを抱える方のために作っています。

 

主宰・遠藤俊快の写真
はじめまして。快晴整体院・院長の遠藤俊快と申します。

 

私はかつて10年ほど腰痛に苦しんでおり、

「いつまで体が動かせるかな?」

…と誰にも言えない不安を抱えていました。

 

病院に通っても良くならず、

最終的には手術です

と医師に宣告された時の絶望感を今でも覚えています。

 

しかし、整体のおかげで何年間も悩んだ体の痛みから解放され、

これでもう、痛みに苦しむ事はない!

これからは安心して生きてける!

と、まさに人生が一変する経験をしました。

 

その後、

「自分と同じように体の痛みに悩む方の力になりたい!」

と整体を学び、ここ京都に整体院を開き6年になります。

 

快晴整体院のホームページをご覧いただき、

「ここでなら良くなりそう」

と感じていただけたら、1度ご相談ください。

 

あなたが元気な毎日を取り戻せるよう、全力でサポートさせていただきます。

 

快晴整体院でひざの痛みが良くなる理由

①内臓からひざを整える独自の技術

開業以来、来院される方が早く・確実に良くなる方法を研究してきました。

 

その中で、ひざの痛み改善には内臓の調整が効果的だということがわかってきました。

 

なぜなら内臓はひざの筋肉や骨とつながっており、内臓が不調をきたすことでひざにも負担をかけてしまうからです。

 

食事や生活環境の影響で現代人は内臓が疲れている方が多く、内臓調整をする事で快復力は格段に高まります。

(※結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。)

dpp_010

 

②優しい刺激で不思議と楽になる整体

「整体は痛くされるからこわい…」

というイメージをお持ちの方も少なくないかもしれません。

 

でも、快晴整体院の施術は、優しく体を整えていく手法

 

「不思議とからだが楽になる!」

とクライアントさんに好評です。

 

小学生の女の子から92歳のおばあさんまで受けていただいてる整体なので、

「整体は初めて…」という方もご安心ください。

主宰の遠藤の施術風景

 

③現代人に増える「ストレス性の痛み」にも対応

忙しい現代社会の影響でしょうか。

心理的ストレスが原因で体に痛みが出る方が増えています。

 

心理的ストレスは筋肉の緊張、内臓の疲労、血行不良をまねき、ひざの痛みを悪化させてしまうのです。

 

ストレス性の痛みの場合、整体で体を調整するだけでなく、考え方のクセや思考パターンもあらためていく必要があります。

 

快晴整体院では「からだ」と「こころ」の両面にアプローチし、あなたを元気な状態へと導きます。

 

dpp_039

 

④医師絶賛のケアを指導

少しでも早く元気な体を取り戻すには、施術後のケアも大切です。

 

快晴整体院では、ひとり一人の体に合わせ最適なセルフケアをお伝えしています。

 

お伝えするケアは、医師もその効果を絶賛し、雑誌にも何度も掲載されている方法。

 

簡単・即効性のある方法なので、ぜひ覚えて帰っていただき、ご自宅や職場で試してみてください。

和漢堂、松田先生よりケア方法の推薦

mizupot4

 

他院との違いについて

違い 一般的な治療院 快晴整体院
技術 骨をバキバキしたり、痛い部位をグイグイもむ技術 痛くないソフトな技術
担当者 行くたび担当者が変わる 担当者は常に同じ
問診 問診はあまり時間をかけず、すぐに治療を開始 問診で話しをしっかり聞き、原因を把握した上で施術
施術部位 痛みのある部分を重点的に調整 内臓や心理面も含め、からだ全体を調整
施術法 電気や機械を使った画一的な施術 ひとり一人の状態に合わせた手技による施術
効果確認 効果の確認はなく、時間が来たら施術終了 施術後にきちんと効果を確認
原因説明 詳しい原因説明がない。また「骨盤の歪み」などありきたりな内容 ひとりひとり、原因箇所と対策を説明
施術空間 まわりに患者さんがいて、個人的なことを相談しにくい 予約制のプライベート空間なので、相談もしやすい
言葉使い 「歪んでる」「このままでは危険」など不安にさせる言葉を言う 「ここをこうすれば良くなりますよ」と、安心していただける言葉を選ぶ
回数券 回数券あり 回数券無し。不要な売り込みは皆無
物販 まくらやサプリメントの販売あり 物販無し。不要な売り込みは皆無
予約 次回予約を強要されることもある 予約の強要なし。通院間隔は相談しながら決定
通院期間 頻繁な通院が前提 良くなったら通院間隔を延ばす。最短で良くなる期間を提案

 

 

変形性膝関節症とは

現在国内に住む40歳以上の方で、2,350万人もの方が変形性膝関節症だと言われています。

 

特に女性に多く、60代の女性では約6割の方にみられる症状です。

 

では具体的に、変形性膝関節症とはどんな症状か?

 

私たちのひざは、関節表面の骨同士がぶつかり合うのを防ぐために軟骨で覆われています。

 

さらに膝の間には半月板と呼ばれるクッションもあり、こうした軟骨組織によって骨と骨が直接こすれ合う事のない構造になっているのです。

 

しかし、肥満や筋力低下、悪い姿勢などによりひざ関節に過大な負担がかかると、軟骨が徐々にすり減ってしまいます。

 

その結果、強い痛みやはれが生じたり、骨の一部がトゲのように変形してしまう症状のことを、変形性膝関節症と呼んでいます。

 

 

変形性膝関節症を進行させるのは老化ではなく4種の問題体質

変形性膝関節症は軟骨の老化によって生じると思われてる方が多いのですが、実は誤りです。

 

膝痛を起こしやすい人は、変形性膝関節症になりやすい体質を持っているのです。変形性膝関節症を招きやすい体質は主に以下の4種類です。

 

  • O脚体質
  • 太もも虚弱体質
  • 冷え太り体質
  • 水分不足体質

 

以下で各タイプの特徴を見ていきます。

 

①O脚体質

最も多いのがこのO脚体質タイプです。

O脚の方は脚の外側(小指側)に体重がかかっています。

そのため、立つ・歩く等の動作の際にバランスを取ろうと膝の内側に大きな負担をかけてしまうのです。

そうした状態が続くと、軟骨がすり減り変形性膝関節症が起こります。

このような方は注意!

  • 足を揃えて立つと膝の間にすきまができる
  • ヒールなどかかとの高い靴をよく履く
  • 足に合っていない靴(窮屈 or ブカブカ)の靴をよく履く
  • 横座りや、足を組んで座る事が多い
  • 腰痛や股関節痛がよく起きる

 

②太もも虚弱体質

このタイプは太もも前面の筋肉、大腿四頭筋(だいたいしとうきん)が弱くなってる人を指します。

あまり運動をしない方や、仕事でも座っていることが多い方は、このタイプに分類されます。

大腿四頭筋が衰えると、歩行時や運動時の膝への負担が増大し、変形性膝関節症が進行してしまうのです。

このような方は注意!

  • 立ち上がる時つい手をついてしまう
  • 座っている時間が長い
  • 最近運動していない
  • 歩幅が狭くなったように感じる
  • 電車の揺れでバランスを崩してしまう

 

③冷え太り体質

体が冷えると血行が悪くなり、膝関節の機能も衰えます。

そこに肥満が重なると、膝にかかる負担が増し軟骨がすり減り変形してしまうのです。

このような方は注意!

  • 湯船に浸からずシャワーで済ます事が多い
  • 足がむくみやすい
  • 夏でも手足が冷える
  • 冷たい飲食物が好き
  • 肩がこりやすい
  • 下腹がぽっこり出ている
  • たくさん食べていないのに太った

 

④水分不足体質

水分摂取が不足すると、ひざ関節内部の関節液が不足しやすくなります。

関節液には膝の軟骨細胞に栄養や酸素を運ぶという重要な役割があります。

しかし、ひざ関節が水分不足になると栄養や酸素が送られず細胞が死滅し軟骨が減少してしまうのです。

このような方は注意!

  • 肌や唇がよく乾く
  • 起床時や入浴前後に水分補給をしない
  • 便秘気味である
  • 起床時に口の中がネバつく
  • おしっこが濃い黄色または茶色に近い
  • 深酒をする事が多い

 

あなたのはどの体質に当てはまりますか?

このように、変形性膝関節症は軟骨の老化とは直接関係なく、あなたの「体質」によって引き起こされているのです。

 

該当体質を2つ、3つと合わせ持っている方は、変形性膝関節症が悪化する危険性が高いと言えるので、早めの対策が必要です。

 

 変形性膝関節症にはどんな治療法があるの?

①:薬物療法

炎症を抑え痛みを和らげる目的で、湿布等の外用薬や抗炎症剤等の内服薬が使われます。

また、膝関節内にヒアルロン酸を注射し関節機能の改善を図ったり、ステロイド剤を注射して痛みを抑える治療法もあります。

 

②:物理療法

慢性的な痛みが継続している場合は、患部を温める温熱療法が行われます。

反対に、膝が熱っぽく腫れているような急性の痛みには冷却療法が行われます。

 

③:装具療法

代表的な装具にサポーター足底板があります。

サポーターはひざ全体を覆い、関節を支えて動きを安定させます。

足底板はいわゆる中敷きのことで、主にO脚体質の人が使います。

 

④:手術

上記の治療を行っても症状の改善見られない場合には手術を勧められる事もあります。

ただし、手術にはメリットもあればデメリットもあるので、ご自身の年齢、体力、どこまで快復を望むのか?など、総合的な判断が必要です。

例)人工膝関節全置換術のメリットとデメリット

メリット

  • 痛みを和らげることができる
  • 安定した歩行を取り戻せる
  • 脚が真っ直ぐに伸びて、姿勢が良くなる
  • 活動範囲が広がり、QOLの向上につながる

 

デメリット

  • 高額な費用
  • 細菌感染に弱い → 患部の腫れ、痛み、発熱
    (この場合、一度入れた人工関節を、もう一度取り出して細菌を殺す手術を行う必要があります。)
  • 術中・術後に、血栓ができることがある
  • 人工関節が緩む・摩耗する可能性がある

画像

 

快晴整体院での施術方針

当院の今までの経験から、ひざの痛みは

内臓の疲れ

心理的ストレス

顎関節の歪みや頭皮の緊張

が原因として大きく関係しており、

当院では特に内臓の疲れを取り除く事が重要だと考えています。

 

内臓の疲れを取るには、軆芯整腸(たいしんせいちょう)という独自の技術を使います。

 

優しく胃腸のコリをほぐすことでひざにかかる負担をやわらげ、ひざの痛みを早期に改善させていきます。

 

早い方だと初回から、時間がかかる方でも3、4回目には効果を実感できます。

 

また、ひとり1人に合わせた施術後のケア方法もお伝えしており、ご自宅で取組んでいただくことで快復期間を早めることができます。

 

下記に、痛みが早期改善された方の特徴をまとめておきますので、こちらも参考にしてみてください。

(※結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。)

変形性膝関節症を最短で改善する7つの習慣

①安静は禁物

体が痛い時、まずは安静にする事が重要だと思われています。

しかし、変形性膝関節症でひざが痛い場合、安静にしすぎると軟骨細胞に栄養や酸素が行きわたらず、かえって症状を悪化させてしまいます。

だからはれや熱感がひどくない限り、積極的に体を動かす事が大切です。

 

「痛いから…」

「もう年だから…」

と考え体を動かしたがらない人も多いですが、家事や簡単な体操をするだけでも、ひざ痛改善に役立ちます。

 

②痛い所を揉まない、叩かない

痛みやが気になると、患部を揉んだり叩いたりすることはありませんか?

しかし、繰り返し刺激を与えると筋肉が傷つき慢性化の原因になることもあるので、注意してください。

 

③痛みの確認はNG

「どこに痛みがあるか?」

「どのくらい痛むか?」

と、痛みを確認してしまう方も少なくありません。

 

しかし、痛覚を刺激することで脳に痛みの記憶を残してしまったり、無理な動きをして悪化させてしまうなど、快復を妨げる要因となります。

 

④お風呂にゆっくり入る

慢性的な痛みが継続している方は、お風呂にゆっくりつかりましょう。

お風呂で体が温まって血行が良くなれば、炎症を強める化学物質(サイトカイン)が流れ出て痛みがやわらぎます。

 

また、お風呂の中では浮力でひざ関節への負担も小さくなります。

普段は正座ができない人も。お風呂の中でなら正座できる、というのもこのためです。

 

最低でも10分。もう少し入れる方は20〜30分、しっかり湯船に浸かるようにしてください。

 

⑤甘いモノを食べ過ぎに気をつける

甘いモノの食べ過ぎは、内臓の疲労を悪化させてしまいます。

特に、お腹がよく張る方や便秘気味の方は、甘いモノの摂取を控えるようにしてください。

 

⑥ゆったりできる時間を作る

症状が慢性化している方は、家事や仕事に追われストレスを溜め込んでいることが少なくありません。

薬を飲んでもリハビリを治療を続けても良くならないという方は、心身共にゆったりできる時間を作るようにしてみてください。

 

⑦水分補給

普段から水分をあまり取らない方は、積極的に摂取するようにしてください。

水分をきちんと取れば、関節液の働きも高まり、ひざ痛改善に役立ちます。

目安は1日1リッター。飲める方はもう少し多くてもOKです。

 

 

同業の先生からも推薦をいただいております

■訪問リハビリマッサージ晴・樋口治療室院長 樋口純一先生より

写真
遠藤先生との出会いは、数年前のみずぽっと体操の勉強会でした。

当時は、まだほとんど世に知られていない、みずぽっと体操。

その勉強会に参加しているだけで、「若いのに、随分意識の高い治療家の方だな!」と思いました。

お会いするたびに、謙虚な態度で、治療技術を学ばれる姿は見習わないといけないと思いました。

しかも、遠藤先生は、ご自身の腰痛を整体やセルフケアで克服したことがきっかけで、治療家の道へ進まれているので、 クライアントさんに寄り添った施術ができるのだと思います。

腰痛でお困りの方はぜひ、快晴整体院をおたずねください。

 

 

■整体師 鎌田恭平先生より

推薦・写真②

遠藤先生との出会いは、私の患者さんとしてでした。

当時何度も腰痛に悩まされていた経験から整体師になられた先生ですので、カラダの痛みやしびれで悩んでいる方の気持ちを、よくわかってるれる先生だと思います。

とても勉強熱心な先生ですので、腰痛に限らず、カラダの不調でお悩みの方は、快晴整体院にご相談下さいね!

 

施術料金のご案内

施術料金:1回5000円(初回のみ検査料別途2000円)

これまでの体の状態を詳しくお聞かせいただき、ご要望を伺った上で、ひとりひとりの状態に合わせた施術を行なっていきます。

施術にかかる時間ですが、初回は問診・検査のために1時間程度、2回目以降は40分前後とお考えください。

 

追伸

元気な体を取り戻すことは、楽しい人生を取り戻すこと。

 

こんな理想論は嘘くさく響いてしまうかもしれませんが、私自身も体の痛みから解放されて人生が変わる経験をしました。

 

だから、来院される方が少しでも早く充実した人生が取り戻せるよう、全力でサポートさせていただきます。

 

不安なこと、気になる事があれば、些細なことでもおたずねください。

 

あなたのご来院、こころよりお待ちしております。

痛み、しびれの改善は専門家におまかせください。悩んでないでまずはお電話を
アクセスマップ。近隣の地図です。最寄り駅は地下鉄北大路駅です。

住所:京都市北区小山南上総町63-1シモン北大路201

google map>>

電話番号:0120-497-634(受付時間 10時〜20時)休院日:水・日曜日