京都 変形性膝関節症・膝の痛みについて

こんなことに悩まれていませんか?

立ち上がるとき・歩き始めるときなどに膝が痛む

安静時でも膝の痛みがとれなくなってきた

☑膝に水がたまって何度も抜いている

☑車椅子生活になり、寝たきりになってしまうのはこわい

病院に通っても膝の痛みが良くならない

☑できれば手術は避けたい

・・・このようにつらい変形性膝関節症の痛みにお悩みの方も、快晴整体院の施術で痛みの改善が可能です。

 

院長も手術を宣告された
“元患者”のひとりです。

はじめまして。快晴整体院・院長の遠藤俊快と申します。

主宰・遠藤俊快の写真

当院のホームページにお越しいただきありがとうございます。

 

僕は高校生の部活で痛めて以来10年以上腰痛に悩まされ、外出する時は痛み止めのクスリとコルセットが手放せないほどでした。

 

病院に通っても良くならず、整形外科の先生からは

手術をした方がいいね。でも君の場合、手術をしても良くなる保証はないよ

と言われ、出口のないトンネルにいるような絶望感を感じていました。

 

就職してからは仕事にも支障を感じることが増え、

この痛みは一生続くのかな?

と悩んでいたころ、わらにもすがるように訪れた整体院でおどろくような経験をしました。

 

10年も悩んだ腰痛がスーッとラクになり、その後痛みに悩まされることがなくなったからです。

これは僕の人生を変えるような経験でした。

 

その後、自分と同じように“体の痛みに悩む方”や“手術が必要”と言われ方を救いたいと整体を学び、快晴整体院をはじめて7年になります。

 

今ではフルマラソンを3時間で走れるほど元気な体ですごすことができています。

 

だから僕と同じように、“病院や治療院に通っても良くならないから”とあきらめないでください。

原因をつきとめて適切なケアをすれば、体はかならず良くなります。

あなたが元気な毎日をすごせるよう、全力でサポートさせていただきます。

 

施術を受けられた方の感想

ひざ痛がよくなり毎週テニスができるまで快復!

テニスを長い間していて、膝と腰が痛くなり、なかなか治りませんでした。

昨年の夏頃から何度か治療していただきながら、テニスが続けられるようになってきました。

痛くなったら休むの繰り返しでしたが、この頃は毎週がテニスできるようになってきました。

ありがとうございました。

(Y.H様 大阪府枚方市在住  63歳女性)

※あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

施術の感想

 

 

膝の痛みでお世話になっています。

他のところでは良くなるのに数ヵ月かかっていましたが、ここでは数回の施術で痛みが和らぎます。

定期的な施術もお願いしていて、痛みがひどくならないので助かっています。

日常での注意やコツも教えて下さり、いつも丁寧に対応してくださいます。

(K.Y様 京都市北区  40代女性)

※あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

歩くのもつらい膝の痛みがよくなりました

photoclient-21

歩くのもつらい状態の膝の痛みがありました。

水がたまっていたのですが病院で抜いたあと、こちらへ来ました。

施術をしていただき膝の痛みもやわらぎ、また体のことについてもとても丁寧でわかりやすい説明で教えてくださいます。

日々の忙しさから解放されて立ち止まる時間が大切だと気づかされます。

施術だけでなく、精神的にもゆったりとできるところがオススメです。

(chakotako様 京都市北区 60代女性)

※あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

LINE・ネット予約

 

変形性膝関節症とは?

変形性膝関節症は、膝の軟骨がすり減り骨と骨がくっついてしまったり、膝関節の中にトゲ(骨棘)ができてしまう症状のことです。

 

私たちの膝は、関節表面の骨同士がぶつかり合うのを防ぐために軟骨で覆われています。

さらに膝の間には半月板と呼ばれるクッションもあり、こうした軟骨組織によって骨と骨が直接こすれ合う事のない構造になっています。

しかし、加齢や肥満、筋力低下、悪い姿勢などの要因によりひざ関節に過大な負担がかかると、軟骨が徐々にすり減り、骨の一部が変形してしまうのです。

 

変形性膝関節症は男女比は1:4で女性に多くみられ、60代の女性では約6割の方にみられます。

厚生労働省では日本の変形性膝関節症患者数を、自覚症状を有する患者数で約1000万人、潜在的な患者数を約3000万人と推定しています。

予備群も含めると、50歳以上のじつに2人に1人が変形性膝関節症と推計されているほど多い症状で、近年の高齢化の中、患者さんの数は年々増加している症状でもあります。

 

骨の変形があっても、必ずしも痛みが出るわけではない?

変形性膝関節症が見られる患者さんの中で、症状が出るのは、女性は2人に1人、男性は3人に1人といわれており、骨の変形と痛みの間に明確な因果関係があるわけではありません。

「関節変形があるから必ずしも痛くなるとは限らない」

と、愛知県の国立長寿医療研究センターの渡邉剛先生も話されています。

また、手術を選択される方もおられますが、手術をして必ずしも痛みが良くなるわけではありません。

その理由は、膝関節自体には問題なく、その周囲の筋肉が衰えているせいで痛みが発生している場合です。

原因が筋肉にある場合、手術で膝関節だけを入れ替えたり、骨を削っても痛みは消えません。

骨の異常はレントゲンに映りますが、筋肉の異常は写真に映らないので、どうしても見落とされてしまうのです。

 

快晴整体院で痛みが良くなる理由

形の異常ではなく、機能の異常を整える

変形性膝関節症は、膝の骨の形が悪くなる症状で、少し専門的な言葉で言うと、「器質(きしつ)的疾患」と言います。(器質とは、からだの組織である筋肉や骨格など構造的・形状的な性質のことです。)

病院で撮影するレントゲンやMRIはこの形の異常を検査するものであり、お医者さんは形の異常が痛みの原因という前提をもとに治療を行います。

しかし、骨の変形があるにもかかわらず痛みが出ない方も存在することや、骨の形が変形していても症状が良くなる方を見てきた経験から、骨の形の異常はそれほど問題ではないと快晴整体院では考えています。

膝の骨の変形よりも重要視すべきことは、膝を動かす筋肉の動き、いわば機能についてです。

膝の痛みは、膝を動かすための筋肉に異常があるために痛みが生じ、曲げ伸ばし等の動作ができなくなる「機能的疾患」だと捉えています。

快晴整体院では、膝の動きという”機能”に焦点を当てた施術を行うことで、変形性膝関節症の症状を改善させていきます。

 

快晴整体院の特徴

痛くない整体

快晴整体院の施術は、体に軽く触れる程度のごくごくソフトな刺激で調整していくので、施術にともなう痛みは一切ありません。

小学生の女の子から92歳の方までご来院いただいております。

整体が初めての方も、痛い治療に抵抗感がある方でも、安心して施術を受けていただくことができます。

主宰の遠藤の施術風景

医師も絶賛の手法を用いています

快晴整体院で用いる施術法は、医師もその効果を絶賛した手法。(みずぽっと体操)

雑誌にも何度も掲載された信頼性の高いケア方法です。

 

ひとりひとりに向き合った施術を行います

来院される方ひとりひとりにしっかり向き合いじっくりお話を伺うことが、良い施術の始まりだと考えています。

気になることなどがあれば、どんな事でも遠慮なく言ってください。

施術写真

 

心理的要因からくる痛みの緩和

一向に良くならない症状や手術への不安。

また「将来歩けなくなるかも」という思いが交錯して、より痛みを悪化させていることもあります。

快晴整体院では痛みの心理的要因もケアすることで、早期に痛みを取り除いていきます。

施術写真

 

 

膝の痛みを、早くよくするためにできること

ここでは膝の痛みをはやく良くするためにできることを紹介しています。

初めて知ることもあるかもしれませんが、来院前に実践していただくことで快復もはやくなるので、ぜひためしてみてください。

 

①症状のことをインターネットで調べることを控える

特に痛みがひどい方や長引いている方は、症状のことをインターネットで頻繁に調べている方が多いです。

ネットに書いてあることの全てが悪いわけではありませんが、中には読んでいると不安をあおられる情報もあります。

そんなネガティブな情報に頻繁に触れることで痛みの事が頭から離れなくなり痛みを強める引き金になるので、インターネットをよく使う方は注意が必要です。

 

②動く時に目をつぶったり、眉間にシワを寄せない

関節に痛みがある方は椅子から立ち上がったりベッドから起き上がったりする時に、目をつぶったり眉間にシワを寄せる方がとても多いです。

痛みがあるため無意識にやってしまうクセなのですが、動き始める時に目をつぶったり眉間にシワを寄せると、体の緊張が強まって痛みが悪化します。

気づかずにやってしまっている方が多いと思うので、動き始める時に目をつぶっていないか?を確認して、気を付けるようにしてみてください。

 

③無理にストレッチ・筋トレをしない

病院でストレッチや筋トレをした方がいい、と言われた方もいるかもしれません。

体を動かすこと自体はわるいことではありませんが、痛みをがまんしてまで体を動かすことは絶対に避けてください。

「痛みがある方が効いてる気がして」

と、無理に体を動かす方も少なくないですが、膝の痛みの場合は無理して動くとかえって痛みが悪化することがあります。

 

 

同業の先生からも推薦をいただいております

■訪問リハビリマッサージ晴・樋口治療室院長 樋口純一先生より

写真 遠藤先生との出会いは、数年前のみずぽっと体操の勉強会でした。

当時は、まだほとんど世に知られていない、みずぽっと体操。

その勉強会に参加しているだけで、「若いのに、随分意識の高い治療家の方だな!」と思いました。

お会いするたびに、謙虚な態度で、治療技術を学ばれる姿は見習わないといけないと思いました。

しかも、遠藤先生は、ご自身の腰痛を整体やセルフケアで克服したことがきっかけで、治療家の道へ進まれているので、 クライアントさんに寄り添った施術ができるのだと思います。

腰痛でお困りの方はぜひ、快晴整体院をおたずねください。

 

 

■整体師 鎌田恭平先生より

推薦・写真②

遠藤先生との出会いは、私の患者さんとしてでした。

当時何度も腰痛に悩まされていた経験から整体師になられた先生ですので、カラダの痛みやしびれで悩んでいる方の気持ちを、よくわかってるれる先生だと思います。

とても勉強熱心な先生ですので、腰痛に限らず、カラダの不調でお悩みの方は、快晴整体院にご相談下さいね!

 

施術料金のご案内

施術料金:1回5000円(初回のみ検査料別途2000円)

これまでの体の状態を詳しくお聞かせいただき、ご要望を伺った上で、ひとりひとりの状態に合わせた施術を行なっていきます。

施術にかかる時間ですが、初回は問診・検査のために1時間程度、2回目以降は40分前後とお考えください。

 

追伸

元気な体を取り戻すことは、楽しい人生を取り戻すこと。

私自身も腰痛から解放され、楽しい人生を取り戻しました。

だから、来院される方が少しでも早く元気な体を取り戻せるよう、全力でサポートさせていただきます。

不安なこと、気になる事があれば、些細なことでもおたずねください。

あなたのご来院、こころよりお待ちしております。

痛み、しびれの改善は専門家におまかせください。悩んでないでまずはお電話を

アクセスマップ。近隣の地図です。最寄り駅は地下鉄北大路駅です。

 

住所:京都市北区小山南上総町63-1シモン北大路201

google map>>

電話番号:0120-497-634(受付時間 10時〜20時)休院日:水・日曜日