椎間板が飛び出して神経に触れる症状、椎間板ヘルニア。

レントゲンやMRIの写真を見ると、さも痛そうに見える症状です。

 

病院では

「一生付き合うしかない」

「手術をした方が良い」

と言われるこの症状ですが、

そこまで深刻にならなくても大丈夫。

 

実は椎間板ヘルニアだけが痛み・しびれの原因ではないからです。

(だから手術をしても、確実に良くなるわけではありません)

この説明をすると、来院される方から驚かれることもありますが、

  • 内臓の疲れ
  • 心理的ストレス
  • 歯の噛み合わせの悪さ
  • 眼性疲労
  • 体のゆがみ

など、腰痛・足のしびれを引き起こす原因は様々に存在します。

 

からだ全体を見て調整することが、ほんとは大事なんです。

ヘルニアの部分だけが原因だと考えて治療を続けるから、良くなるものも良くならないんです。

 

今まで当院には、椎間板ヘルニアと診断された方がたくさん来院されてきました。

みなさんしっかり体を整えると、(たとえヘルニアが残っていたとしても!)元気な体を取り戻されていきます。

 

あなたはいつまで、椎間板ヘルニアに悩んでいますか?

1日でも早く元気な体を取り戻すには、1日でも早い行動が大切ですよ。

 

施術を受けられた方の感想

 

Q:施術を受けるきかっけ、来院前のお悩みは?

A:腰痛がひどく、日常生活にも支障がありました。

整形外科に通っても良くならず、悩んでいました。

整体(腰痛専門)をネットで見たのがきかっけでした。

 

Q:快晴整体院を選んだ理由は?

A:地元では専門がなく、京都市内なら来れる範囲なので選びました。

 

Q:施術についての説明はどうでしたか?

A:わかりやすく説明もしていただけるので、自宅でのケアもできてとてもいいです。

自分のわるい所も教えていただけるので助かります。

 

Q:施術を受けた感想は?

A:ここに来て施術をしてもらった日より、手放せなかったコルセットがはずれ、

それ以来1度も着ける事なく生活ができることが嬉しいです。

好きなスポーツも少しずつできるようになりました。

 

Q:これから来院される方にメッセージをお願いします。

A:気兼ねなく来られるので、困ってことや痛みを伝えてなおしてもらえるので、とても気に入っています。

ここへ来て、本当に良かったって思います。

 

■小林様(京都府綾部市 40代女性)

(※結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。)

 

施術体験談

 

 

症状の経過

小林さんは座っているだけでもつらい状態で、初来院時は自動車の運転も大変でした。

 

初回施術後には座れるようになり、「帰りは楽に運転できました!」とメールをいただきました。

 

その後も施術で体を整え、3回目の施術終わる頃には、ヨガに通えるまで快復。

 

また、反り腰で仰向けに寝る事ができなかったのですが、徐々に睡眠時も楽になり、疲れも取れやすい体になっていきました。

 

腰痛改善のために自宅で取組んでいただいた課題の中に、「小麦食品を減らす」事がありました。

 

実は小麦食品(パンやうどん)などは、胃腸にへばりつきやすく、口にする機会が多いと内臓が疲弊してしまい、腰痛を悪化させるからです。

 

その甲斐もあり、手術をすることなく元気な体を取り戻されました。

 

 

数年間痛かった腰痛も初回から変化を感じました

Q:来院前の症状は?

A:慢性的な腰痛で、屈むのも寝るのも痛くて、家事がツライ状態が6〜7年前から続いていました。

 

Q:施術を受けてみていかがでしたか?

A:最初から効果がわかりました。

先生の痛みのない施術で、

「どうかな?」

と思っていましたが、痛みが楽になったことがスグにわかりました。

 

Q:施術面以外に当院で気に入ってる点はありますか?

A:お部屋の清潔感や先生のお人柄です。

友達と言うとおこがましいですが(笑)

お話ししやすい、色んな事を相談しやすい先生です。

 

Q:これから来院される方にひと言お願いします。

A:女性ひとりだと、男性の先生の施術は不安かもしれません。

わたしもそうだったんですが、先生にお会いしたら安心できる先生とわかってもらえると思います。

ぜひ快晴整体院さんにお世話になってみてください。

 

■花平様(京都市北区 30代)

※結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

症状の経過

花平さんは6年ほど腰痛が続いており、水仕事や掃除がツラかったそうです。

歩く事も一苦労で、ヒールを履いておしゃれを楽しめないことや、

運動をしたいのにできないことがツライ…と話していました。

 

施術を受けられ、4回目の施術が終わる頃にはウォーキングも再開。

6回目の施術後にはヒールを履いて歩いても、痛みが気にならないまで快復されました。

 

また、施術を受けていただく中で、腰痛を悪化させる「わるいクセ」をやっている事にも気づかれました。

 

それは、「歩く時にお腹を凹ませるクセ」と、「お菓子を食べ過ぎてしまうクセ」

 

雑誌などではお腹を凹ませて歩くと姿勢がきれいになる、と書かれていますが、腰痛の方には危険です。

また、お菓子の食べ過ぎは腸内環境の悪化を招き、腰への負担が大きくなってしまうのです。

 

ご自身のクセも改められた花平さん、いまではダイエットにも積極的に取組まれています。

 

 

腰痛がなくなり、心も身体も軽くなった感じです。

img_2394

腰痛がひどく、歩くのも大変でした。

また、歪みがつよく、身体がまっすぐになりませんでした。

 

施術はとても優しく、

「これで良くなるのかなぁ…?」

と不安でしたが、驚く程すっきりして帰れました!!

 

具合の悪いところがすぐわかってしまうので、先生には嘘はつけいないというのが感想です。

腰痛がなくなり、心も身体も軽くなった感じです。

 

■伊藤さま(京都市北区 50代)

※結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

施術の感想

 

 

 

 

神経痛が楽になりました

写真
来院した時は右足の神経痛で辛い思いをしていました。

 

4回目くらいからすごく楽になり、5回目には来院する時は以前と同じくらいに回復しました。

 

とても穏やかな先生で、自分の不安な思いも受け止めて聞いて頂ける先生だと思います。

 

腰痛などでお悩みの方は、1度御来院されてはいかがでしょうか。

 

■佐藤様(京都市北区  50代)

※結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

施術体験談

 

 

ソフトな施術なのに体がらくになりました

Q:来院前はどんなお悩みでしたか?

A:昔から腰痛に悩まされていて、けっこう様々な接骨院やマッサージに行っていました。

とにかく腰痛がひどい状態でした。

 

Q:施術を受けてみていかがでしたか?

A:一般的にあるような「バキバキ」っとする整体では全くなくて、痛みがないなという感じで、

「ほんとにこれで効くんかな?」

という感じでした。

 

でも、施術が終わったあとに自分の体は楽になっていて

とにかく、ソフトなイメージがあります。

 

Q:施術以外に当院で気に入ってる点はどこですか?

A:室内の雰囲気も好きですし、落ち着きますし、先生と話すのも楽しいですし、そこでもリラックスできます。

それと、アフターケアもしっかり教えていただけるので、今までの整体のイメージとは全然違う、新しい感じがします。

 

Q:これから来院される方にひと言お願いします。

A:雰囲気もいいですし、気軽に1度来ていただけたらわかると思います。

それから、自分の体のこともよくわかりますし、良くなると思うので、心配せずに足を運んでもたえたらと思います。

 

■永持様(京都市北区 20代)

※結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

信頼できる先生にお会いでき感謝しています。

写真

10代の頃からぎっくり腰、腰痛がありましたが、1年半ほど前から歩くのもままならず、激痛で眠れない状態が続き、他院で治療を受けていました。

 

東洋医学整体、オステオパシー、鍼、トリガーポイント治療等を1〜2ヶ月続けましたが、一向に良くならず、ネットで見つけた腰痛専門の快晴整体院へ来ました。

 

今まで受けた治療とは全く違い、体の歪みをもどす手技も優しく、治療されてるという感じはしないのに、施術が終わると体が軽くなり、可動域も広がっているので不思議でした。

 

ただ、体が悪い状態に戻るのが早かったので、心のケアも教えてもらい、それからは心身の状態がドンドン良くなっていきました。

 

ストレス、心の問題が腰痛に関係しているとは、全く思いもしませんでした。

 

セルフケアも十分に教えていただけたので、少しくらいの不調であれば自分でも対処できると思うと安心でき、自信にもつながりました。

 

患者さんの体だけを診られるのではなく、体の使い方、性格など、人をすごく見ておられると思います。

 

信頼できる先生にお会いでき、感謝しています。

 

■中間様(京都府長岡京市 40代)

※結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。
施術の感想

 

 

椎間板ヘルニアでお悩みの方へ

痛みがあるけど、いったいどこへ行けばいいかわからない

このホームページは、そんな悩みを抱える方のために作っています。

 

はじめまして。

快晴整体院の遠藤 俊快と申します。主宰・遠藤俊快の写真

 

僕もかつて10年間、慢性的な痛みに苦しめられていた腰痛患者のひとりです。

 

「なぜ自分だけ、こんなに苦しまなければならないんだろう…」

「痛みが続くと思うと、将来が不安で不安で仕方がない…」

 

…と、痛みが強まるたび憂鬱な気持ちになり、自分の体に怒りすら覚えていました。

 

治療院や病院に通っても良くならず、

「最終的には手術です」

「それでも、確実に良くなる保証はありませんが…」

と言われた時の絶望感は今でも忘れられません。

 

何を頼っていいかわからなかったそんなある日、

たまたまネットで見つけた1件の整体院に行き、

おどろくべき経験をしました。

 

それまで鎮痛剤を飲んでも、整形外科で治療をしてもらっても

何をしても取れなかった腰の痛みがすーっと楽になったからです。

 

それから治療に通い、僕はついに元気な体を手に入れることができました。

 

腰痛が良くなったことは、人生を変えるほどのよろこびでした。

 

「やりたいことが思い切りできる!」

「仕事もがんばれる!!」

「旅行にだって安心して行ける!!!」

 

不安で仕方がなかった自分の将来に、希望が満ちた瞬間でした。

 

その後、

「昔の自分と同じように、不安を抱える人を元気にしたい」

と整体の勉強をして、自分の整体院を開き6年目になります。

 

かつての僕と同じように、

「なぜ良くならないんだろう?」

「いつまでこの痛みは続くんだろう?」

と、不安な方は1度当院にご相談ください。

 

僕自身の腰痛経験から作り上げた独自の技術と理論で、

あなたの悩みをいち早く解決に向かわせます。

 

快晴整体院の4つの特徴

①腰痛・足のしびれ改善のキモは内臓にあります

開業以来、

「どうしたら早く・確実に楽になっていただけるか?」

を研究し続けてきました。

 

その結果、腰痛・足のしびれ改善には内臓調整が効果的だということを突止めました。

 

体の構造をみてもらうとわかるのですが、内臓は腰の筋肉や骨に繋がっています。

また、腰から足にかけても筋肉や神経が伸びています。

 

人体図

 

現代人は食生活やストレスの影響で内臓がカチコチに固まっている方が多く、

内臓のコリが原因で腰や足に悪影響を与えているのです。

 

「腰の治療を受けても良くならない…」

「何を試しても足のしびれが続く…」

そんな悩みを抱える方でも、内臓を整える事で早期に元気な体を取り戻すことができます。

(※結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。)

 

施術写真

 

 

②痛くないソフト整体で安心・リラックスできます

「整体は痛くされる…体をバキバキされる…」

というイメージがまだまだ残っています。

 

でも、快晴整体院の施術は、痛くないソフトな技術。

 

「こんな優しい施術で楽になるんですね!!」

と驚かれる方も多いです。

 

小学生の女の子から、92歳のおばあさんまで受けて頂いてる整体なので、

「整体は初めて」

「他院でコワい思いをした」

という方も安心してご来院ください。

主宰の遠藤の施術風景

 

③ストレスからくる痛み改善も得意です

家事や仕事に追われていたり…

人間関係に悩んでいたり…

将来への漠然とした不安があったり…

 

現代の日本は

超ストレス社会

高ストレス社会

と言われています。

 

このストレスが原因で、体に痛みを引き起こす方が増えてきました。

 

ストレスが原因で痛みが出ている場合、

体だけでなく、心も同時にゆるめていく必要があります。

 

また、「考え方」や「思考パターン」もあらためていく事が大切です。

 

快晴整体院では「身心両面」からあなたの症状をとらえ、真の健康体に導きます。

 

dpp_039

 

④医師絶賛のケアで早期快復・予防もバッチリ

快復を早めるためには、整体院で施術を受けるだけでなく

日々の生活で生じる体のゆがみ・疲労をセルフケアで取り除く事も大切です。

 

快晴整体院では、ご自宅で行なえるケアの指導を大切にしています。

 

あなたに合ったケアを覚えることで、将来的な予防にもつながるので

来院された際にはしっかり身につけて帰ってくださいね。

和漢堂、松田先生よりケア方法の推薦

mizupot4

来院時のお悩みと、施術回数

 

※結果には個人差があり、効果を保障するものではありません。

 

 

他院との違いについて

違い 一般的な治療院 快晴整体院
技術 骨をバキバキしたり、痛い部位をグイグイもむ技術 痛くない、ソフトな技術
担当者 行くたび担当者が変わる 担当者は常に同じ
問診 問診はあまり時間をかけず、すぐに治療を開始 問診で話しをしっかり聞き、原因を把握した上で施術
施術部位 痛みのある部分を重点的に調整 内臓や心理面も含め、からだ全体を調整
施術法 電気や機械を使った画一的な施術 ひとり一人の状態に合わせた手技による施術
効果確認 効果の確認はなく、時間が来たら施術終了 施術後にきちんと効果を確認
原因説明 詳しい原因説明がない。また「骨盤の歪み」などありきたりな内容 ひとりひとり、原因箇所と対策を説明
施術空間 まわりに患者さんがいて、個人的なことを相談しにくい 予約制のプライベート空間なので、相談もしやすい
言葉使い 「歪んでる」「このままでは危険」など不安にさせる言葉を言う 「ここをこうすれば良くなりますよ」と、安心していただける言葉を選ぶ
回数券 回数券あり 回数券無し。不要な売り込みは皆無
物販 まくらやサプリメントの販売あり 物販無し。不要な売り込みは皆無
予約 次回予約を強要されることもある 予約の強要なし。通院間隔は相談しながら決定
通院期間 頻繁な通院が前提 良くなったら通院間隔を延ばす。最短で良くなる期間を提案

 

 

椎間板ヘルニアとは(解説)

そもそも「ヘルニア」とは、体内の臓器が、あるべき部位から逸脱した状態のことを指します。

 

椎間板ヘルニアとは、背骨と背骨の間にあるクッション状の軟骨(=椎間板)から、中身の髄核(ずいかく)が飛び出てしまう症状のことを指します。

 

発症する男女比率は3:1程度で男性に多く、特に働き盛りの世代が悩まされる症状。

 

背骨の下部、腰椎4番・5番で起こりやすいことが特徴です。

 

 

椎間板ヘルニアの主な原因

①加齢

椎間板は20歳ごろから徐々に水分を失いもろくなっていきます。

すると、ちょっとした動作(=かがむ、からだをひねる)で椎間板内部の髄核(ずいかく)が飛び出し、椎間板ヘルニアが発症しやすくなります。

 

②わるい姿勢

私たちの背骨は、横から見ると大きなS字カーブを描いています。

これは背骨にかかる負担を分散させる実に機能的な形です。

しかし、長期間にわたりわるい姿勢を続けた結果、このS字カーブが崩れてしまい、椎間板に大きな負担がかかり、ヘルニアが発症します。

 

③重いものを運ぶ

家事や仕事で頻繁に重いものを運ぶ人は、背骨への負担もかなりのものです。

たとえば。前かがみになって10kg荷物を持ち上げるとき、椎間板にかかる負荷は直立時に比べて2倍以上になります。

 

④肥満

体重が増えれば、椎間板にかかる負担も大きくなります。

成長期が終わる高校生以降に体重が増加した方は、特に椎間板への負荷が大きくなるので注意が必要です。

 

⑤同じ姿勢の継続

デスクワークなど、長時間同じ姿勢が継続する方も椎間板ヘルニアが発症しやすくなります。

「座っているだけで腰が痛くなった」

と訴えられる方も少なくありませんが、立ち姿勢に比べ座り姿勢では、椎間板への負担は1.5倍に増えてしまうのです。

 

椎間板ヘルニアの症状

①腰の激痛

椎間板ヘルニアの特徴として、まずは強烈な腰痛が挙げられます。

症状が悪化すると、少し座っているだけで腰が痛くなったり、屈む事が困難だったり、 長時間の歩行ができなくなる場合もあります。

 

②足のしびれ=坐骨神経痛

腰の激痛と共に、足のがしびれ出る坐骨神経痛を伴う場合もあります。

しびれる場所は人によってまちまちです。

太ももにしびれを強く感じる方もいれば、すねやふくらはぎに症状が強く出る方もおられます。

日によってしびれる場所が変わる事もあり、症状をより辛いものにさせます。

 

③足の感覚異常・力が入らない

痛み、しびれが続くと足の感覚異常を訴える方もおられます。

具体的には、足裏に何か張り付いてるような感覚や冷感自分の足でないような奇妙な感覚等です。

つま先に力が入りにくくなり、立ち姿勢の維持・歩行困難になるケースもあります。

 

④麻痺、排泄障害

重症化すると、麻痺・排尿排便障害・便秘・頻尿・インポテンツなど深刻な症状を招く場合もあるので注意が必要です。

腰痛患者全体の5%以下と言われていますが、これらの徴候がある場合、早急に病院を受診してください。

 

椎間板ヘルニアで手術をお考えの方へ

治療を続けても改善が見られない場合、病院や整形外科では手術を勧められることもあります。

 

しかし腰の手術は症状が全く変わらないか、さらに悪化する「脊椎手後不全症候群」に進展する危険性もはらんでいます。

感染症などのリスクがあることも忘れないでください。

 

手術が推奨されるのは、以下のような特殊なケースの場合です。

《手術が推奨されるケースの一例》

  • 排尿・排便障害がある
  • 下腹部に麻痺がある
  • 脊椎に腫瘍や炎症がある
  • 早急に治療を終えるべき理由(海外出張など)がある

 

手術・非手術の比較

椎間板ヘルニアの手術を行なった患者さんと、手術を行なわなかった患者さんを比較した結果、

1年後の経過こそ手術を行なった患者さんの方が良好ですが、4年、10年と経過した場合、両者に違いは見られないという研究結果があります。

椎間板ヘルニアの手術は、様々な要素を踏まえた上で慎重に検討する必要があります。

 

椎間板ヘルニアの一般的な治療法

①湿布、投薬、牽引療法

病院や整形外科で広く行なわれている治療法です。

この中で牽引療法に関しては効果が薄いということが、国際的な腰痛研究者の間では常識になっています。

②コルセット

ゴム製のものから、金属板入りのものまで、様々な種類のものがあります。

お腹の圧力(腹圧)を高めることで腰を安定させます。

 

③マッサージ、電気治療、温熱治療、ウォーターベッド

接骨院や整骨院でよく見られる治療法。

上記のいくつかを組み合わせて行なうことが多いです。

 

画像

 

快晴整体院での施術方針

快晴整体院では、椎間板ヘルニアは必ずしも痛みの原因ではないと考えています。

なせなら、巨大なヘルニアがあっても、腰痛とは無縁の生活を送る人が一定数存在するからです。

 

痛み・しびれの真の原因は、

内臓の疲れ

心理的ストレス

ひざや股関節の歪み

が大きく関係しており、当院では特に内臓の疲れを取り除くことが重要だと考えています。

 

内臓の疲れを取るには、整腸(内臓の整体)という独自の技術を使います。

 

胃腸のコリをほぐすことで腰にかかる負担を和らげ、痛み・しびれを早期に改善させていきます。

 

早い方だと初回から、時間がかかる方でも3、4回目には効果を実感できます。

 

また、ひとり1人に合わせた施術後のケア方法もお伝えしており、ご自宅で取組んでいただくことで快復期間を早めることができます。

 

下記に、椎間板ヘルニアを早く改善させるための注意点をまとめておきますので、参考にしてみてください。

(※結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。)

 

椎間板ヘルニアを最短で改善させる7つの注意点

①痛い所を揉まない、叩かない

痛みやしびれが気になると、患部を揉んだり叩いたりすることはありませんか?

しかし、繰り返し刺激を与えると筋肉が傷つき慢性化の原因になることもあるので、注意してください。

 

②痛いところを探さない

「どこに痛みがあるか?」

「どのくらい痛むか?」

と、痛みを確認してしまう方も少なくありません。

 

しかし、痛覚を刺激することで脳に痛みの記憶を残してしまったり、無理な動きをして悪化させてしまうなど、快復を妨げる要因となります。

 

③お風呂にゆっくり入る

急性の痛みでない限り、最低でも10分、もう少し入れる方は20〜30分、湯船にしっかりつかるようにしてください。

暖かいお湯が血行を促進し、こり固まった筋肉を和らげてくれます。

 

④甘いものの食べ過ぎに気をつける

チョコレートやお菓子など、甘いもの食べ過ぎは、腸内環境を悪化させ内臓を疲労させてしまいます。

甘いものはほどほどに食べるようにしてください。

 

⑤無理な運動は控える

「体に良いと思い、痛みを我慢して運動している」

という話しを聞くことがありますが、無理は禁物です。

我慢しながら運動をすると痛みを悪化させることが多いのでご注意を。

 

⑥ 胸を張らない

特に猫背を気にされている方は、普段から胸を張ろうと意識されていませんか?

しかし、椎間板ヘルニアの方は胸を張ると症状が悪化する危険があります。

胸を張らない楽な姿勢でいると腰への負担が軽くなるので、日常生活で意識してみて下さい。

 

⑦眉間のしわに注意

立つ時や歩く時など動作の開始時に、痛みをこらえて眉間にしわが寄っていませんか?

眉間にしわが寄ると、全身の筋肉がこわばり、痛みが強まりやすくなります。

できるだけ、眉間にしわを寄せず、普通の表情で過ごすようにしてみてください。

 

 

同業の先生からも推薦をいただいております

■訪問リハビリマッサージ晴・樋口治療室院長 樋口純一先生より

写真
遠藤先生との出会いは、数年前のみずぽっと体操の勉強会でした。

当時は、まだほとんど世に知られていない、みずぽっと体操。

その勉強会に参加しているだけで、「若いのに、随分意識の高い治療家の方だな!」と思いました。

お会いするたびに、謙虚な態度で、治療技術を学ばれる姿は見習わないといけないと思いました。

しかも、遠藤先生は、ご自身の腰痛を整体やセルフケアで克服したことがきっかけで治療家の道へ進まれているので、 クライアントさんに寄り添った施術ができるんだと思います。

腰痛でお困りの方はぜひ、快晴整体院をおたずねください。

 

 

■整体師 鎌田恭平先生より

推薦・写真②

遠藤先生との出会いは、私の患者さんとしてでした。

当時何度も腰痛に悩まされていた経験から整体師になられた先生ですので、カラダの痛みやしびれで悩んでいる方の気持ちを、よくわかってくれる先生だと思います。

とても勉強熱心な先生ですので、腰痛に限らず、カラダの不調でお悩みの方は、快晴整体院にご相談下さいね!

 

施術料金ご案内

施術料金:1回5000円(初回のみ検査料別途2000円)

体の状態を詳しくお聞かせいただき、ご要望を伺った上で、ひとりひとりの状態に合わせた施術を行なっていきます。

施術にかかる時間ですが、初回は問診含め1時間程、2回目以降は40分程です。

 

追伸

元気な体を取り戻すことは、楽しい人生を取り戻すこと。

こんな理想論は嘘くさく響いてしまうかもしれませんが、私自身も腰痛から解放されて人生が変わる経験をしました。

 

だから、来院される方がこれから充実した人生を歩んでいただけるよう、しっかりとサポートさせていただきます。

不安なこと、気になる事があれば、些細なことでもおたずねください。

 

あなたのご来院、こころよりお待ちしております。

痛み、しびれの改善は専門家におまかせください。悩んでないでまずはお電話を

 

改善事例

◆1ヶ月間整体に通っても変化がなかった「椎間板ヘルニア」から快復

◆椎間板ヘルニア腰痛、原因は○○のゆがみにもありました

◆20年前からのヘルニア腰痛も1ヶ月間で快復

◆レーザー手術も検討したヘルニア腰痛・6回施術でスポーツも再開

◆数年間ストレッチを続けても痛みが取れなかった椎間板ヘルニア・4回で快復

◆8回施術《椎間板ヘルニア》激しい痛みも改善しフットサルに復帰

 

アクセスマップ。近隣の地図です。最寄り駅は地下鉄北大路駅です。

住所:京都市北区小山南上総町63-1シモン北大路201

google map>>

電話番号:0120-497-634(受付時間 10時〜20時)休院日:水・日曜日