このページでは、「坐骨神経痛」で悩まれてた方(70代女性)の症例を紹介しています。

クライアントさんの特徴

  • Yさん(70代女性 接客業)
  • 2016年7月来院
  • 主症状:就寝時のお尻〜足にかけての痛み(坐骨神経痛)
  • 上記以外に気になる症状:便秘、静脈瘤

痛み分布図

 

来院前の状態

来院の1ヶ月ほど前、就寝時にお尻から足にかけて痛みを感じるようになったそうです。

両足に痛みがありましたが、特に体の左側を上向きにして寝た時に、左足に痛みが強く出ていました。

仕事は飲食店の接客業務で立ち仕事が主。

仕事の時には痛みが気にならなかったそうですが、

寝る時に激しく痛むので寝付きが悪く、疲れも溜まっている状態でした。

ちょうどYさんの娘さんも、以前同じように足の痛みで当院に通院されており、ご紹介で来院されました。

 

クライアントさんの希望

このまま痛みが良くならないと、「仕事も辞めなくてはならないのか?」と悩まれたそうですが、

気に入ってる仕事だけに「続けていきたい」とのお話しでした。

来院時は7月でしたが、8月お盆の忙しい季節に向け、元気な体を取り戻したいとのご希望でした。

 

 

施術の経過

初回の施術で腰にあった痛みは半分程度に緩和。

その後1周間経過すると、右足の違和感はほぼなくなりました。

2回目の施術後、横向きに寝た時に出る痛みの範囲も狭まり(お尻と足に出てた痛みが、お尻だけになる)

全体的には7割方快復。

3回目の施術で、左お尻から足にかけての痛みも、ほぼ気にならない程度に改善しました。

快復の程度に個人差はありますが、この年齢の方にしては早い方でした。

ここまでの時点で、来院から3週間。8月初旬。

多忙なお盆の季節を乗り切るためにこの後3回ほど、体の状態を安定させるための施術をさせていただきました。

 

 

振り返って感じる事

ご来院の1ヶ月前、ちょうどクーラーを使い始める時期から痛みが出てきたため、「冷え」により症状が悪化してのだろうと考えられます。

また静脈瘤もあり、足〜腰にかけての流れが悪かったことも一因。

初来院時は浮かない顔をされていましたが、みるみる快復され顔つきもイキイキと変化されていった事が印象的です。

また、かねてからあった「便秘」の症状も、初回の施術後から良くなられたそうで、坐骨神経痛の快復と共にそちらについても喜ばれていました。

便秘改善は、当院独自の「整腸(内臓の整体)」が功を奏したかと思います。

こうしてからだ全体が快方に向かう施術を、今後も心がけていきたいです。