「ふくらはぎが痛くて目が覚める時があります…」

「仕事中も、夕方くらいになると腰が痛くて…」

 

快晴整体院に初めて来院された時、Tさんはそんなツライ悩みを抱えられていました。

 

このページではそんなTさんが元気な体を取り戻されるまでの経過を紹介しております。

 

クライアントさんの特徴

  • Tさん(40代女性/百貨店勤務)
  • 2016年6月来院
  • 主症状:椎間板ヘルニア/座骨神経痛による左足のしびれ、腰痛

 

来院前の状態

2年前に腰椎4番・5番の椎間板ヘルニアを発症したTさん。

 

来院の半年ほど前からはお尻から足にかけて神経痛も出てきたそうです。

 

夜中に痛みで眠れなくなることもあるらしく、仕事中も腰痛が出てくる状態。

 

薬(鎮痛剤)を飲みながら、整形外科に通うも良くならず、手術をすすめられているようでした。

 

しかし、Tさん的には

手術はしたくない

ということ、そして、

できれば薬も飲みたくない

という要望があり、ネットで見つけられて快晴整体院に来院されました。

 

施術の経過

初回の検査で気になったことは、からだの左右のバランスが崩れていることでした。

からだの左右のバランスが悪くなると、足腰への負担が大きくなり、痛みやしびれを悪化させてしまいます。

 

また、内臓(特に胃のあたり)に硬さがありました。

内臓が硬くなると、体の内側から腰の筋肉を引っ張り、やはりこれも腰痛や足のしびれの原因となってしまいます。

 

ゆえに施術では、体の左右のバランスを調整し、内臓の硬さをほぐす施術を行なっていきました。

 

2回目の施術が終わるころにはふくらはぎのしびれがなくなり、通勤のバスでも楽に座れるようになっていました。

 

3回目の施術が終わった段階で、いちばんツラかった寝起きの痛みも改善。

仕事終わりにあった腰の痛みも忘れられるまで快復してきていました。

 

その後2回、体にいい状態を定着させるために調整し、5回目の施術を終える頃には薬を飲まずとも過ごせるまで快復されました。

(ちなみに来院前は、薬を飲まない日数は3日が限界だったそうです。)

 

 

このあと、月に1〜2回施術を受けていただき体の状態が良くなることで、足腰の痛み改善はもちろん、

  • 頭痛が少なくなる
  • 風邪をひかなくなる
  • 目が開くようになる(視野が広がる)

・・・など、健康面でポジティブな変化も出て、今は元気に過ごされております。

 

 

施術を振り返り感じること

整形外科で治療を続けても良くならず、手術をすすめられているんです…

 

今回のTさんと同じ悩みを、かつて快晴整体院・院長の遠藤も抱えていました。

 

でも、良くなるための道は決して手術だけではないことを覚えておいてください!

 

体の歪みを整えたり内臓調整をすることで、足腰の痛みが改善するケースはとても多いからです。

 

ひとりでも多くの方が充実した人生をふたたび取り戻せるよう、快晴整体院はこれからも技術を向上させていきます。