このページでは

変形性ひざ関節症で来院された方(85歳男性)の

症状が良くなるまでの過程を紹介しています。

 

来院時の状態

来院される半年ほど前から膝に痛みがあり

杖をつかなければ歩けず

歩行や階段がつらい状態。

 

手術も検討されたそうですが、持病の糖尿病があり

現状では手術ができないと病院で言われていました。

 

また、たとえ手術ができたとしても

年齢のことを考えると術後のリハビリが

困難になることが予想され

「手術には踏み出せない」

と、同伴されたご家族が話されていました。

 

病院にも通われていたそうですが

症状にあまり改善が見られず

「何か他の手段があれば…」

と、インターネットで探されて

当院にお見えになりました。

 

施術の経過

初回、膝を曲げて屈伸をすると

右膝に太い針で刺されるような

するどい痛みがありました。

 

施術は指を揺らす“ゆびゆら整体”で

体の緊張をゆるめる施術を行っていきました。

 

10分ほどで膝にあった刺されるような痛みはやわらぎ

歩行も楽になることを確認。

 

この後、1週間に1度のペースで通院していただくと

4回目の施術の頃には

膝を曲げる時の痛みもずいぶん改善されてきました。

 

≪参考写真≫

・左:2回目 右:4回目

屈伸の際に痛みがあり

膝に手をつかなければしゃがめなかったが

手の力を使わず足の力だけで

屈伸できるほど膝の状態が良くなってる。

―――――――――――――――――――――

その後も同じように

週1回程度のペースで施術をさせていただくと

6回目の施術が終わる頃には

杖をつかずに歩けるようになるまで症状は改善。

 

いまでは自宅の周りを散歩されるまで

膝の状態は良くなってきており

同居されるご家族の方にも

喜んでいただいております。