このページでは変形性股関節症で悩まれていた60代女性の症例を紹介しています。

クライアントさんの状態

  • Kさん(60代女性)
  • 2016年11月来院
  • 主症状:変形性股関節症、足のシビレ

痛み分布図

来院前の経緯

5〜6年前から左股関節が痛くなり、マッサージや足ツボなど各種療法を試すも改善の兆しがみられなかったKさん。

病院で検査を受けると「変形性股関節症」と診断され、足の長さも左右で2cmの差が出るほど変形が進んでしまっていました。

お医者さんからは手術を勧められていたそうですが、年齢の事や合併症のリスクを考えると、

どうしても手術はしたくない

と考えられており

「何か方法がないか?」

と探されていたところ、知人の紹介で来院されました。

 

施術の経過

初回の施術後、股関節の痛みは半分ほどになり

それまでは転倒が怖かった自転車にも

乗ることもできるようになりました。

 

その後1週間に1度のペースで施術を受けていただき、

3回目の施術が終わるころには

「歩き姿が変わったね!」

とまわりの人からも驚かれるほど股関節の調子は快復。

 

4回目の施術時には股関節の動きもかなり改善されていましたが、

「また痛くなったらどうしよう?

という不安が日に日にふくらんできているんです…」

と打ち明けてくださったKさん。

 

こうした“不安”を抱え毎日を過ごしていると、

筋肉が硬くなり痛みがもとに戻ってしまう事が多いので

この日は不安を和らげる施術も行い、

気持ちが落ち込んだ時にできるセルフケアもお伝えしました。

 

6回目の施術後には

杖無しで歩くこともできるようになり

「手術しなくても、なんとかなりそうです!」

と、嬉しそうに話してくださいました。

 

「手術」と言われた方もあきらめないでください

「手術をした方がいいですね」

と言われた方であっても、

  • 体のバランスを整える
  • 体の緊張をゆるめる

以上のことをしっかり行えば、

手術をせずとも股関節痛はラクになっていきます。

また快晴整体院では、股関節痛を早く改善させるための

セルフケア方法・習慣改善法もお伝えしています。

あきらめずに1度、ご相談ください。