このページでは、「椎間板ヘルニア」の腰痛で悩まれてた方(40代女性)の事例を紹介しています。

 

クライアントさんの特徴

  • 40代女性 /スーパー勤務
  • 2012年6月来院
  • 主症状:腰痛(椎間板ヘルニア )、肩・首こり

痛み分布図

来院前の状態

数年前から腰痛があり、整形外科では「椎間板ヘルニア」と診断。

接骨院に通い、温熱治療やウォーターベッドで治療を受けるも快復の兆しがなく、常に痛みを抱えられていました。

 

お仕事は長時間の立ちっぱなしなので、

「仕事をしている限りよくならないのでは?」

と、不安を抱えられていました。

 

施術の経過

1回目

体の検査をしていくと「足首」のゆがみひどく、内側にねじれてしまっていることがわかりました。

人間の体は「足」の上に「腰」が載る構造をしているため、足首のねじれは腰痛に大きく関係します。

なので、まずは「足首」のゆがみを整える調整から行なっていきました。

 

2回目(9日後)

前回の調整後、腰の痛みは残っているものの、来院前のようなひどい痛みはではなくなっていました。

しかし、お仕事の影響か足首のゆがみが戻ってきていたので、今回も丹念に調整。

加えてこの日は、腰と背中の筋肉を調整していきました。

 

3回目(6日後)

前回までの施術で、腰の痛みは6割程度まで快復。

腰痛が改善されてきたぶん、逆に肩こりなどが目立つようになっていました。

(※快復の過程で、こり・痛みの目立つ部分が変わることはよくあります)

また、来院の前日に床の間で寝てしまい、体中硬くなってしまっていたので、今回はからだ全体を調整していきました。

 

4回目(11日後)

この日は施術と合わせ、快復を早めるために歩き方の指導も行ないました。

腰の調子はかなり良くなってきており、全快まであと少しです。

 

5回目(12日後)

腰痛は仕事をしても問題ないくらいに快復。

今後の予防のために、特に弱点である左足首を調整し、セルフケアをお伝えし施術を終了しました。

 

 

施術を受けられた感想

写真
腰痛のない日がなかったので、どうにかしてちょっとでも痛みがやわらぐ方法がないかと探していたとこりに、「腰痛専門」のかんばんにひかれて来ました。

自分では気づいていなかった体のゆがみにびっくりしました。

そのせいで腰に負担がきていることを丁寧に説明してもらって、すごく納得したのを覚えています。

ここに来て以来、腰痛がほとんどなくなったので、すごく楽にすごせています。

何年ぶりかわからないくらい快適です。

とのかく、腰痛のある方は一度ためしてみてはいかがですか?

腰だけじゃなく、首や肩もみてもらえるので、ほんとに体が楽です。

(ナカタ様 京都市北区在住 40代女性)

 

まとめ

治療をしても腰痛が良くならない今回のようなケースの場合、

「足首」や「股関節」等、腰とは離れた場所に痛みの原因が存在することもあります。

原因を突き止め調整すれば、椎間板ヘルニアと言われた腰痛も改善されていきます。

元気な体を取り戻すことを、あきらめないでください。