このページでは、股関節臼蓋形成不全と診断されたクライアントさんの施術経過を紹介しています。

クライアントさんの状態

  • Kさん(20代女性)
  • 2017年7月来院
  • 症状:右股関節の痛み
  • 治療歴:整形外科通院、ストレッチ、セルフマッサージ

 

痛む範囲

 

症状について

快晴整体院・遠藤快晴整体院・遠藤

はじめまして。快晴整体院の遠藤です。

まずは症状について詳しく聞かせてください。

 

  

3ヶ月前に右股関節に鈍痛を感じるようになったため、整形外科を受診したことろ、「右股関節臼蓋形成不全」と診断されました。

 

快晴整体院・遠藤快晴整体院・遠藤

どんな時に痛みが気になりますか?

 

  

脚を開くと痛くて、特に寝起きがつらいです。また、床に座っている時に痛みが気になる事もあります。「あぐらは避けるように」とお医者さんから言われました。

 

快晴整体院・遠藤快晴整体院・遠藤

なるほど。日常生活で股関節が痛むのは本当にツライですね。。。施術を受けるにあたり、他に気になること等はありますか?

 

  

体の使い方や、ケア方法を含めて知れたらいいな、と思ってます。

 

快晴整体院・遠藤快晴整体院・遠藤

わかりました。さっそく体を見させていただきます。

 

施術の経過

Kさんは股関節の動きが悪いせいで、寝起きや入浴時など

日常生活で思うように体が動かないことに悩まれていました。

 

整形外科で教わった体操をためしてみるも

あまり効果が感じられずに

「なにか、いい方法はないものか?」

と、ネットで検索し快晴整体院に来院されました。

 

最初にKさんの体を見させていただき気になった事は

股関節よりむしろ、お腹(内臓)の硬さでした。

 

内臓と股関節は体の内側でつながっているので、

お腹が硬くなると股関節の痛みにつながります。

 

施術では毎回、お腹の硬さを取り除いていくと同時に、

Kさんには自宅で姿勢改善や食生活改善にも取り組んでいただきました。

 

2週間後、4回目の施術が終わる頃には股関節の動きも良くなり

違和感なくスムーズに歩くことができるようになっていました。

 

その後、無理のない範囲でウォーキングにも取り組んでいただくと共に、

Kさんにはあるお願いをしました。

 

それは、”ことあるごとに痛みを確認するクセ

を改めていただくこと。

 

Kさんは性格がまじめな方なので、

「今日はどのくらい調子がいいか?」

「どんな動きをしたら痛みが出るか?」

を毎日のようにチェックしていたからです。

 

しかし、痛みを確認することは

痛みを悪化させることはあっても

改善する方向にはむかってくれません…。

(例えるならそれは、切り傷のカサブタを

ずっとえぐり続けるような行為なのです)

 

ご自身のクセを改めていただくと、

最初の来院から1ヵ月半後、

7回目の施術が終わる頃には痛みもずいぶん緩和されました。

 

施術後の感想

 

 股関節臼蓋形成不全の方へ

股関節臼蓋形成不全は、病院では「手術」を勧められることもありますが

体を正しく使えるように整えれば、痛みも和らぎ、動きも良くなっていきます。

また快晴整体院では、ひとりひとりの状態に合わせた股関節ケアのアドバイスも行っております。

あきらめずに、1度ご相談いただければと思います。