このページでは、脊柱管狭窄症で歩くこともままならなかった方の事例を紹介しています。

 

クライアントさんの特徴

  • Mさん(50代男性/製造業)
  • 2016年11月来院
  • 主症状:脊柱管狭窄症による右足のしびれ、腰痛

 

来院前の状態

Mさんは仕事中にかがんで作業をする事も多く、10年以上前から腰にしびれを感じていたそうですが、「職業病だから」ということで気にとめず過ごされていたとのこと。

しかし、そんな無理がたたり、来院の1ヶ月前にはしびれが足に出るまで悪化してしまったそうです。

歩く際も痛みが強く、つえ無しでは歩けない状態。

立つことはおろか、座ることもままならないほどでした。

 

施術の経過

初回の来院時、座る事もできずタクシーの後部座席に横たわり来院されたMさん。

 

体を検査して気になった場所のひとつは、腰ではなく膝でした。膝が内側に歪んでしまっていたのです。

また、内臓のとくに左側部分がかたく柔軟性がなくなっていました。

 

検査でわかった「膝」「内臓」の2カ所が腰痛・足のしびれの根本原因だろうと考え、施術を行なっていきました。

 

初回調整後、短時間であれば椅子に座ることができるようになり、2回目の施術時にはご自分で車を運転されて来院されました。

 

 

2回目の施術が終わったあとは、痛みも当初の半分まで改善。

つえ無しで歩けるまで快復されていました。

 

3回目の施術後、痛みはあるものの、歩ける距離も伸びてきました。

 

初来院から15日、4回目の施術後は、はげしい痛み・しびれの症状はほぼなくなりました。

 

まだ、「何かの拍子」に腰の痛みが気になる事はあるそうですが、しばらく施術を続けて体の状態が安定すれば大丈夫だととらえています。

 

施術を振り返って思うこと

脊柱管狭窄書で歩けなくなるほど悪化すると、手術をすすめられることも多いです。

 

しかし、手術をしても完璧に良くなる保証はなく、

「症状に変化が無い」

「症状が悪化した」

という方も一定数おられるのが現状です。

 

なぜそのようなことが起こるのか?

 

それは、脊柱管の狭窄だけが、痛みの原因ではないからです。

 

今回のMさんのように、膝の歪み、また内臓の硬さが腰に負担をかけて、腰痛や足のしびれになるケースはよく見られます。

 

「年だから…」

「薬を飲んでも良くならないから…」

とあきらめずにいて欲しい。

 

施術の現場から、そう強く願っています。