快晴整体院の遠藤です。

 

今日のブログでは、「指ゆら」で交通事故後に胸の息苦しさが楽になられた

クライアントさんの症例を紹介したいと思います。

 

自転車で走行中、対向車のミラーに左腕がぶつかったクライアントさん(Rさん 30代・女性)

骨に異常はなかったものの、その日の夕方から胸のあたりに息苦しさが出てきたそうです。

 

整形外科で処方された鎮痛剤を飲んで様子をみていたそうですが、

1週間経っても息苦しさはひどくなる一方。

 

ご自身で症状について色々調べていたところ、

「後遺症が残ってしまいそうで怖い…」

と感じられ、快晴整体院に来院されました。

 

初来院時、施術前にチェックすると、胸の苦しさだけでなく、

左手首にも痛みがあり、また指にこわばりもあってあり手を握るのも窮屈な状態。

バンザイする動作でも左肩に痛みがありました。

 

「指ゆら」しようにも左手を揺らすと痛みがキツかったので、

最初に右手を揺らして徐々にゆるめていき、

様子を見ながら左手の指ゆらをして調整。

 

施術後のチェックで、左手を握る・バンザイの動作とも施術前よりスムーズできるまで改善。

セルフケアをお伝えし施術を終了しました。

 

ご帰宅後、Rさんからは

いつも苦しいのがきますが、今夜はそんなにきつくないです。

とメッセージをいただくことができました。

 

《4日後》

2回目の施術。

左肩は楽に上がるようになってきていました。

 

胸の苦しかった部分も、

前回は硬いゴムのような重さがあったそうですが、

粘度のようにやわらかい状態に変化。

 

全体的に体の調子が快復してきたせいか、

この日は首と腰の痛みも気になっているご様子でした。

 

前回同様指ゆらで調整し、痛みも緩和。

 

その4日後に、

胸の苦しさは少なくなりました〜

とあらためてメッセージをちょうだいしました。

 

—――――――――――――――――――――――――――

ただ指をゆらすだけなのに、体の不調が楽になる「指ゆら

また他の症状についても、ご紹介していきます。

この記事を書いた人

遠藤 俊快
遠藤 俊快快晴整体院/主宰
10年以上悩まされた腰痛克服を機に「痛みで悩む人を笑顔にしたい!」と整体を学ぶ。2011年・快晴整体院開業。様々な手法を取入れ、今では筋肉や関節の整体のみならず、整腸(内臓の整体)や心理的アプローチも取入れた独自の施術を行なう。また、自身の経験から予防にも力を入れている。
■快晴整体院(水・日定休)TEL:0120-497-634(10〜20時)
↓HPは下の青いアイコンをクリック↓