快晴整体院の遠藤です。

ここ3日間ほど、暑い日が続きますね。

もう10月ですが、さすがに少しクーラーを入れてしまいました…。

 

さて今日は、股関節痛に悩んでいた

60代女性・・・と言うか、僕の母の事を

書いていきたいと思います。

 

先週東京に帰ったときに

「良くなったと思ってたのに、また股関節が痛くなってきて…」

と母から悩みを相談され、

ちょっと体を見させてもらうことにしました。

 

1年以上前から股関節に痛みがあって

鎮痛剤をのんだりしておさまっていたみたいなんですが、

最近になりふたたび、歩くと左股関節が痛くなる状態になっているとのこと。

 

まずは体のチェックをしていきます。

 

座り姿勢で足上げをしてもらうと

左股間接のまわりに10cm×10cmの

ゴム板を押し付けられるような痛みがありました。

 

チェックの後に、まずは両手とも「ゆびゆら整体」を数往復。

すると、ゴム板は半分以下に減少。

 

ここで、ピンク色のストールを母にかぶせることにしました。

 

なぜか?と言うと、この日の母の服装は

黒シャツに黒のカーディガン…という

真っ黒なスタイル。

 

黒色が悪いとか、そういうことではないのですが、

黒を着ていると体を硬くさせたり

重くさせることが多いのです。

 

逆に、ピンク色を身に付けると、

体がやわらかくなったり、軽くなることが多い。

 

試しに母にピンク色のストールを巻いて

30秒ほど深呼吸してもらうと、

左股関節の痛みは消失!!

 

ほんと、たったこれだけで痛みが楽になることも少なくありません。

逆に言えば、痛みが慢性化している方は、

黒や茶色など、暗めの色を好んで身に付けていることが多いですね。

 

さて、左股関節が楽になったら

今度は逆に、右股関節に張りが出てきました。

 

これは良い兆候なんですね。

左足が良くなったぶん、

右足の疲れがわかるようになってきたんです。

 

母に右股関節張りにフォーカスしてもらうと

硬い金属のような感じ、とのこと。

 

ゆびゆら整体 → チェック →ゆびゆら整体 → チェック…と

3回ほど繰り返していきましたが、

股関節を動かせる範囲は広がるもの

硬さはなかなかなくなりません。

 

でも、それがなぜか?ということも、予測はついていました。

その理由は・・・

・・・

・・・

眉間にシワを寄せてしまうこと。

 

痛みが出ることに対する嫌悪感で、

股関節を動かしてチェックする時に

無意識に眉間にシワをよせていたのです。

 

この嫌悪感が根深いと、体の変化が遅くなってしまうことが多いので、

3Dスケーリング(※)で色にたとえてもらい取っていきます。

 

嫌悪感を色にたとてもらうと

頭の上に濃いグレーがある感じ。

 

再度ゆびゆら整体を数分行い

色が透明になってきたところで股関節の張りを確認。

 

今度は眉間にシワを寄せることもなく

股関節のハリもほぼなくなり

笑顔で「あ~ラクになったね~」

と返事が返ってきました。

 

その後、一緒に外出をして歩いた際も、

「うん、ラクになった!」

と話していたので一安心でした。

 

※3Dスケーリング:橋本陽輔先生提唱の、感覚や感情を色や形で表す技術のこと。

この記事を書いた人

遠藤 俊快
遠藤 俊快快晴整体院/主宰
10年以上悩まされた腰痛克服を機に「痛みで悩む人を笑顔にしたい!」と整体を学ぶ。2011年・快晴整体院開業。様々な手法を取入れ、今では筋肉や関節の整体のみならず、整腸(内臓の整体)や心理的アプローチも取入れた独自の施術を行なう。また、自身の経験から予防にも力を入れており、予防法のアドバイスも好評。
■快晴整体院(水・日定休)TEL:0120-497-634(10〜20時)
↓★HPは下の青い地球儀をクリックしてください↓