快晴整体院の遠藤です。

 

来年の京都マラソンの抽選発表が先日あったのですが

今回は外れてしまいました…

3年連続エントリーの夢かなわず・・・残念。

 

その代わりに3月に丹波で行われる大会を目指し

走りこんでいきます。

ちょっと本格的にマラソンに取り組むようになってから

体力も気力も充実している気がしていて、

体を動かす事は大事だなぁと実感しております。

 

さて今日のブログは

先日股関節痛で来院されたHさん(60代男性)のことを

書いていきたいと思います。

 

Hさんは月間走行距離100km。

そのお歳でそれだけ走るのは

なかなかの体力の持ち主です。

 

そんなHさん。

ランニング中に股関節が痛くなり

伸脚する動作でも股関節の内側に

ゴムが引っ張られるような痛みがあるとのことでした。

[↓伸脚動作↓]

体調不良で2週間ほど走ることを休まれていたそうなので、

もしかしたらその影響もあったのかもしれません。

 

他にも股関節が痛む動きがないか?

確認してから体の調整を行っていきました。

 

まずは左手の指をゆびゆら・・・。

その後右手の指もゆびゆら・・・。

 

数分調整すると、股関節の痛みは半分以下に減少!

伸脚するのも楽になっていました。

 

手の指を揺らすだけで、体はしっかりゆるみます。

ゆるむと痛みは楽になってくるんですね。

 

この後、今度は施術台に座った状態で調整。

ゆびゆらをしながらお話を伺っていると、

先日訪れた飲食店で軽い食中毒になってしまったというHさん。

 

しかし、知り合いのお店に無理を言って予約を取ったため

「文句も言えず怒りが溜まっているなぁ…」

・・・と話されていました。

(Hさんが練習を休んだ理由のひとつはこれだったそうです)

 

“怒り” などのストレスが

体の痛みを作っているケースは少なくありません。

こういうときは3Dスケーリング。

Hさんの怒りを色で表していただくと

「真っ赤な赤色!」

…そうとうおかんむりなご様子です。

 

再度ゆびゆらを数分行い

Hさんにもう1度怒りを思い浮かべてもらうと・・・

・・・

・・・

「なんか、もうどうでもいいですわぁ」

と笑顔で返答(笑)

 

股関節をチェックすると

痛みもすっかりラクになっていました。

 

心身ともにゆるめる!

この事が大切だなと、最近つくづく感じております。

この記事を書いた人

遠藤 俊快
遠藤 俊快快晴整体院/主宰
10年以上悩まされた腰痛克服を機に「痛みで悩む人を笑顔にしたい!」と整体を学ぶ。2011年・快晴整体院開業。様々な手法を取入れ、今では筋肉や関節の整体のみならず、整腸(内臓の整体)や心理的アプローチも取入れた独自の施術を行なう。また、自身の経験から予防にも力を入れており、予防法のアドバイスも好評。
■快晴整体院(水・日定休)TEL:0120-497-634(10〜20時)
↓★HPは下の青い地球儀をクリックしてください↓