快晴整体院の遠藤です。

11月23日・勤労感謝の日は

福知山マラソンを走ってきました。

目標(3時間30分)には未達だったものの、

自己ベストを更新することができました!

 

それもひとえに、ランニングチームのキャプテンのおかげ。

途中からずっと一緒に走ってくれて、最後も一緒にゴール。

 

マラソンって30km過ぎると

足がどんどん動かなくなってくるんですよ。

 

今回初の3時間30分に挑戦!ということで

今までよりペースを上げて走っていたので

最後は両足の太ももをつりかけながら走っていました。

 

もうかれこれフルマラソンは6回目ですが、

「マラソンで足をつるってこういうことかぁ」

と初めての感覚にちょっと感心しつつ(←ドMですね…)

まぁそうなると1歩1歩が本当にきついんです。

 

共に走ってくれたキャップの背中を見ながら

ただひたすらに足を動かし、最後は3時間43分でゴール。

仲間がいてくれるって本当にありがたい!

 

そしてもうひとつ、役に立ったのが“ゆびゆら整体”でした。

 

最後に足をつりかけたツラいツラい道中でゆびゆらをすると

からだの緊張が抜けて

「ツラいツラい」

と思ってる気持ちがフーっとまぎれたんですね。

 

それまで必死のパッチで走っていて、

まわりの景色を見る余裕もなかった自分に気づき

あたりをぼんやり見まわしてみました。

 

その瞬間

「ツラいツラい」

と思う気持ちを一旦放っておくことができて

ペースを取り戻しまた少し走れる。

 

再度ツラくなってきたら、もう一度ゆびゆら…

という感じを繰り返し走っていました。

 

マラソンにおけるゆびゆら整体、

今後の大会でも使い道を模索していきたいと思います。

 

以上、今シーズン初のマラソン大会でした。

次回は3月の丹波篠山ABCマラソン。

目標更新に向けまた走りこんでいきます。

この記事を書いた人

遠藤 俊快
遠藤 俊快快晴整体院/主宰
10年以上腰痛に悩まされ、病院に通っても良くならず、医師からは「手術をした方がいいね。でも君の場合、手術をしても良くなる保証はないよ」と言われ絶望感を感じていた20代。

「一生痛いままかな?」と悩んでいる時に出会った整体で腰痛から解放され、人生が一変。

その後「同じ悩みを抱える人を救いたい!」と一念発起。整体を学び2011年に快晴整体院開業。

今ではフルマラソンを走れるほど元気な体を取り戻す(ベストタイムは3時間22分)。

◆TEL:0120-497-634(10~20時 水日休)
◆ホームページ(下に表示されてる地球儀をタッチ)