快晴整体院の遠藤です。

先日、“ゆびゆら整体”の勉強会があり、

師匠の鎌田先生が勉強会の最後に

「家族を大事にする事が大切ですよね」

という話されていました。

 

その話を聞いたときふと、

思えば僕もこの夏にあったゆびゆら勉強家会で

師匠に同じようなアドバイスをいただいたな~ということを

思い出しました。

 

話しの発端は、勉強会の中で

「妻のアトピーが気になるんです…」

と悩みを相談したことから始まります。

 

以前から気になっていたことですが

その頃妻の職場環境が変わったこともあり

ストレスも多い時期でアトピーも少しひどくなってしまっている…

というような状況でした

 

僕としても、

なんとかしてあげたい気持ちはあるけど

なかなかできることも少ないな…と思っていた頃です。

 

相談を聞いていただき、師匠から

「奥さんに対し、どんな事ができます?」

と聞かれた時に、

「忙しい妻をサポートするために、家事をもっとしてあげようかと…」

と答えたのですが、

「いやいや、たぶん大事なのはそこじゃないですよ」

「遠藤先生、家事はわりと、やっている方ですよね?」

と指摘されました。

 

そう、僕自身、掃除や洗濯はキライじゃないので

整体院が休みの日は家事もけっこうする方なんです。

 

「だから、大事なのは、今より家事をすることじゃないですよ」

 

「うわ、それならどんな事をしなきゃいけないのかな?」

…と、とまどう僕への師匠のアドバイスは

奥さんを大事にすること、ねぎらう言葉をかけてあげることですね。

“おつかれさま”

とか

”仕事たいへんだったな~”

って、ねぎってあげることですよ。

というものでした。

 

それを聞いた瞬間は、

「それだけ?」

と思ったのですが、

「意外に、やってないでしょ?」

と師匠から問われると

「はい、やってません…」

としか答えられませんでした。

 

それまでは、

僕も仕事で疲れていたりすると

妻にねぎらう言葉をかけるのではなく

ついイライラした言葉を投げかけてしまって、

結果夫婦ケンカしてしまう…

という事がわりとたびたびあったのです。

 

夫婦でケンカするのは、

やっぱりお互いにとってストレスですよね。

 

そうやって、職場だけでなく家でも

妻をストレスにさらし続けているんだなぁ(しかも、自分が)

という事に、その時やっと気づいたんです。

 

職場でも家でもストレスが続いていたら、

そりゃあアトピーも良くなりにくいですよね。

心身ともに、ずっと刺激がかかり続けてしまいますから。

 

そんな簡単な事にも、当時の僕は気づいていませんでした。

 

だからそれからは

「妻をねぎらう言葉をかける」

という事を意識するようにしたのです。

 

「仕事大変だったねぇ」

とか、

「明日はゆっくり休んでな~」

とか、

ホントに、ささいなことではあるのですが。

 

アトピーが良くなるかどうかはわからないけど、

家で少しでも心地よく過ごしてもらう時間を増やそう。

 

そんな気持ちでやっているうちに

不思議と、妻のアトピーの事を

僕自身が心配しなくなっていったように思います。

 

そして3ヶ月ほど経ってみて

妻のアトピーはと言うと…

僕も妻本人も驚くほど良くなってきています。

 

「ねぎらう言葉をかける」ことで

ぶつかる事が少なくなって、

妻が家でリラックスできる時間が増えたことが

その理由のひとつかな?と思います。

 

大きな夫婦ケンカは少なくなりました。

小さなケンカは、いまだにやりますけどね(笑)

 

また、僕が妻のアトピーを気にしなくなったことも、

少しは影響があったのかな?と思うんですね。

 

そういう気持ちって、隠そうとしても

言葉の端々や行動に出てしまい

相手に伝わってしまうものじゃないですか。

 

心配される側としては、

その“心配されてるという事実”が

意外にストレスだと思うんです。

 

それと、妻をねぎらう事を意識した頃から

妻が自発的に、お風呂に長くつかるようになりました。

(しかも、妻が苦手な朝に「早起き」をして。)

 

ゆったりお風呂に入ればリラックス効果も高まるし

血行も良くなってアトピー改善には効果的ですよね。

それも良かったんじゃないかと思ってます。

 

ほんの少しの言葉かけからであっても

家族を大事にできればお互いリラックスできる時間が増えるし、

そんな時間を増やせる方が体にも心にもいい影響を与えてくれる。

 

今回の僕の経験がアトピーに悩まれる方の一助になればと思い

ブログを書いてみました。

何かのお役に立ちましたら幸いです。

この記事を書いた人

遠藤 俊快
遠藤 俊快快晴整体院/主宰
10年以上腰痛に悩まされ、病院に通っても良くならず、医師からは「手術をした方がいいね。でも君の場合、手術をしても良くなる保証はないよ」と言われ絶望感を感じていた20代。

「一生痛いままかな?」と悩んでいる時に出会った整体で腰痛から解放され、人生が一変。

その後「同じ悩みを抱える人を救いたい!」と一念発起。整体を学び2011年に快晴整体院開業。

今ではフルマラソンを走れるほど元気な体を取り戻す(ベストタイムは3時間22分)。

◆TEL:0120-497-634(10~20時 水日休)
◆ホームページ(下に表示されてる地球儀をタッチ)