変形性膝関節症とはどんな症状か?

名前の通り、変形して関節の形が悪くなってしまい

膝に痛みが出る症状のこと。

 

年齢を重ねるとそれまで頑張ってきた関節は変形しやすく

この症状で悩まれる患者さんは全国で1,000万人以上いると言われています。

 

そんな変形性膝関節症のKさん(80代男性・宇治市)

手術も検討されたそうですが、

糖尿があり、病院では手術ができないと言われていました。

また、たとえ手術できたとしても、

「その後のリハビリを考えると、踏み出せない。」

というお悩みで、快晴整体院に来院されました。

 

屈伸していただくと、

膝を針で刺されるようなするどい痛みがあり

階段もご苦労されているとのこと。

1歩1歩、力を入れて踏ん張らなければ階段を昇降できず

無理に力を入れることで余計に体に負担がきているようでした。

 

体のチェックを済ませたら、ゆびゆら整体で施術開始。

ゆらゆら~っと全身をゆるめ痛みを緩和させていきます。

施術後に屈伸のスムーズさや、歩きやすさが向上したことを確認しつつ

1回目…2回目(前回から8日後)と施術させていただくと、

3回目(前回から8日後)のご来院の際は、

「先生、今日はちょっと家の周りを散歩してきたんですわ~」

と、まさかの「散歩しました」報告!!

 

あれ?Kさん?

階段もツラいって話されてましたよね??

 

まぁ何はともあれ

症状が快復してきている事は

僕としてもうれしい限りです。

 

3回目の施術の時は、

Kさんの趣味の写真話なども交えながら

和やかな雰囲気の中施術。

ゆびゆら整体で、ゆらゆらゆら。。。

 

そうして趣味の話をしていたら4回目(前回から5日後)の施術の時は

ご自分で撮影したという写真のアルバムを

持ってきてくださいました。

 

こういうの、地味に嬉しかったりします。

わざわざ持って来てくださるんですからね。

 

4回目、施術中のお話は、Kさんのやりたいこと。

「先生、ワシ山に登りたいんや~」とKさん。

 

でも、やっぱり膝の事があるから

「なかなか難しいですよね~…」

と付き添いの息子さん。

 

ムズカシイかもしれない。

「でも、少しでも、山に登れる体を取り戻せたら…」

そう思いながら、ゆびゆら整体でゆらゆらゆら…

この日は施術後に屈伸をしていただくと

力まず踏ん張らずに膝を曲げられるようになり

かなりスムーズに動くようになってきていました。

 

5回目(前回から9日後)のご来院。

初回と比べたらだいぶ歩き方も安定してきおり

施術前に歩き方をチェックした際にも

「けっこう、良くなってきてますわ」

とKさん。

この日もゆびゆら整体で整えて笑顔で帰っていかれ、

5日後、6回目のご来院。

 

いつも手に持ってる杖を持たずに来院されたKさん。

「あれ?今日は杖どうされたんですか?」

と尋ねると、

「いやぁ先生、今日は忘れてきてもうて」

とKさん。

「それでも、なんとか来られましたわ」

 

えっ!!??

杖なしで、来られたんですか?

 

さらっと言われましたけど、

Kさん、それってスゴイことですから!!

 

さらに驚いたことに、

「この間の休みの日は孫と一緒に近所の山に登ってきたんですわ~」

と、この日2回目のビックリ(*_*)

 

そんなに高い山ではなかったそうですが、

1か月前は階段の昇り降りにも苦労して

膝の手術をするかしないかを悩まれていた事を思えば

かなりの変化だと思います。

 

いい状態が続くよう、

この日もしっかり施術させていただきました。

 

今回のKさんの症例のように、

膝の変形(変形性膝関節症)があっても

歩けるようになる道はあります!

諦めずに、良くなる方法を探ってみてください。

京都にお住いの方は1度、快晴整体院にご相談くださいね。

この記事を書いた人

遠藤 俊快
遠藤 俊快快晴整体院/主宰
10年以上悩まされた腰痛克服を機に「痛みで悩む人を笑顔にしたい!」と整体を学ぶ。2011年・快晴整体院開業。様々な手法を取入れ、今では筋肉や関節の整体のみならず、整腸(内臓の整体)や心理的アプローチも取入れた独自の施術を行なう。また、自身の経験から予防にも力を入れており、予防法のアドバイスも好評。
■快晴整体院(水・日定休)TEL:0120-497-634(10〜20時)
↓★HPは下の青い地球儀をクリックしてください↓