先日お見えになった方は

来院の数日前に階段から落ちて

足首を捻挫してしまった方でした。

 

捻挫直後に応急処置でアイシングをした甲斐もあり

歩けないまでにはなっていませんでしたが

患部を押すとアイスピックで刺されるような

するどい痛みがある。

 

足の指を揺らすと足首に響くので…

手の指を揺らして調整していきます。

 

ちょっと揺らすと、

患部を押したときの痛みは変わりませんでしたが

足首を動かしたときの痛みは軽減。

 

もう少し指を揺らす。

すると徐々に痛みが取れてきて

外くるぶしの下にあった痛みが

内くるぶしの方へ移動。

 

もう少し、指をゆらゆらゆら…。

足だけでなく、股関節や腰も硬くなっていたので

そちらも見ながらゆらゆらゆら…。

 

「ところで、捻挫した時、何か考えごとしてませんでした?」

ふとそんな事をクライアントさんに尋ねてみると

「そうなんです、仕事に使う荷物抱えてたので、そのこと考えてましたよ…」

とのお返事。

 

やっぱり。

気持ちに魔が差し動作に集中していないと

“うっかり”階段を踏み外したりするんですね。

 

僕がいまやってる合氣道的には

“氣が向いていない”

なんて表現もしたりします。

 

気持ちを動作に向けておくことは、すごく大切。

たったこれだけの事がなかなか難しかったりもするのですが。

 

最後にもう一度チェックすると足首の痛みもスッキリ♪

足だけでなく全身ゆるんで、

いい笑顔でお帰りいただくことができました。

この記事を書いた人

遠藤 俊快
遠藤 俊快快晴整体院・院長/日本みずぽっと体操協会・代表
10年以上腰痛に悩み、医師からは「手術をした方がいい。でも手術をしても良くなる保証はない。」と言われ絶望感を感じていた20代。

「一生痛いままなのか?」と悩んでいる時に出会った整体で腰痛から解放され人生が一変。

その後「同じ悩みを抱える人を救いたい!」と整体を学び、2011年京都で快晴整体院開業。

今ではフルマラソンを走れるほど元気な体を取り戻す(ベストタイムは3時間22分)。

◆TEL:0120-497-634(10~20時 水日休)
◆ホームページ http://kaisei-seitai.com/(下に表示されてる地球儀をタッチ)