今日から3月。うっかり、春がもうすぐそこですね。

まだ全然未定なのですが、快晴整体院のクライアントさんもお呼びして

今年は鴨川あたりでお花見でもしたいなと思ってます。

また決まったら、ブログで告知させていただきますね。

 

さてさて先日来院されたOさん。

足の痛みに悩まれていて、

「正座をするのがツラい」

と悩まれていました。

 

施術で足を曲げたり伸ばしたりする時の痛みは楽になったものの、

正座する時はやっぱりツラい、と言うか動きが重くぎこちない感じ…。

 

今までは痛みがあったものだから、

正座をする時に恐怖で体をこわばらせて

ガチガチになってしまっていたんですね…。

だから動きが重くなってしまう。

 

こんな時、

「力を抜いてみてくださいね~」

とこちらが言うのは簡単ですが、

なかなかできない。

 

力を抜いたらどうなるのか?

想像しただけでできませんよ。

僕も、腰痛がヒドかった頃を思い出すと

力を抜いて座ったり立ったりするのは・・・

なかなかできなかったと思います。

 

では、こんな時はどうすればいいのか?

体の“ちょっとした使い方”を変えると

ラクになることも多いです。

 

Oさんに試していただいたのは、

体の中心から動いてもらうこと。

 

ちょっと武道的な体の使い方なのですが

体の中心を意識してそこから動こうとすると

全身の筋肉をうまいこと使えるようになって

楽に動けるようになるんです。

 

体の中心を意識してOさんに正座 → 立ち上がる

動作をしていただくと・・・

えーー!すごい!最近できなかったのにラクに立てました!!

とスムーズもmのな動作を取り戻すことができました。

 

こうして、体の使い方を変えることってすごく大切。

ひとりひとりに合わせた楽な体の動かし方を

提案させていただきますね。

この記事を書いた人

遠藤 俊快
遠藤 俊快快晴整体院・院長/日本みずぽっと体操協会・代表
10年以上腰痛に悩み、医師からは「手術をした方がいい。でも手術をしても良くなる保証はない。」と言われ絶望感を感じていた20代。

「一生痛いままなのか?」と悩んでいる時に出会った整体で腰痛から解放され人生が一変。

その後「同じ悩みを抱える人を救いたい!」と整体を学び、2011年京都で快晴整体院開業。

今ではフルマラソンを走れるほど元気な体を取り戻す(ベストタイムは3時間22分)。

◆TEL:0120-497-634(10~20時 水日休)
◆ホームページ http://kaisei-seitai.com/(下に表示されてる地球儀をタップ)