快晴整体院の遠藤です。

 

先日、久しぶりに来院されたお客さん。

ご相談内容は、

・姿勢が真っすぐ保てない → お腹が突き出てしまう

ということでした。

 

疲れが溜まると姿勢が保ちにくくなって、

気づくと姿勢がわるくなっており

どういう姿勢が正しいのか?よくわからなくなる。

こうなってしまうと、元の姿勢に戻ろうとしても

変に体に力が入りうまく戻れなくなってしまうこともありまふ。

 

こんな時も、やることはシンプル。

“指”を揺らして体をゆるめていきます。

 

姿勢が保てないということは、

腰や背中が硬くなっているので、まずはそこから。

硬さをチェックして、指をゆらす。

腰と背中がゆるんだら、首と肩の張りが目立ってきたので

そちらも硬さをチェックして、指をゆらゆら…。

 

ほぼ全身ゆるめたところで

立ち上がって体の状態をチェックしていただくと…

まっすぐ姿勢を保てるようになり、

突き出たお腹もスッキリ凹みました^_^

 

一般的に姿勢は

・背筋を伸ばし

・あごを引き

・耳と骨盤とくるぶしがまっすぐになるように…

など、いろいろ頑張らなければ改善されないように思われがちですが、

体をゆるめてあげれば自然といい姿勢に戻りますよ~。

この記事を書いた人

遠藤 俊快
遠藤 俊快快晴整体院・院長/日本みずぽっと体操協会・代表
10年以上腰痛に悩み、医師からは「手術をした方がいい。でも手術をしても良くなる保証はない。」と言われ絶望感を感じていた20代。

「一生痛いままなのか?」と悩んでいる時に出会った整体で腰痛から解放され人生が一変。

その後「同じ悩みを抱える人を救いたい!」と整体を学び、2011年京都で快晴整体院開業。

今ではフルマラソンを走れるほど元気な体を取り戻す(ベストタイムは3時間22分)。

◆TEL:0120-497-634(10~20時 水日休)
◆ホームページ http://kaisei-seitai.com/(下に表示されてる地球儀をタッチ)