先日自宅で奥さんと家呑みしました。

旬のホタルイカとカツオ。

焼き獅子唐に味噌キュウリ。

夏が近づきこんなさっぱりメニューが嬉しい季節です。

伏見のお酒“招徳”と合わせて美味しくいただきました。

 

さて、4月もそろそろ終わりで、5月がスグそこまで来てます。

新年度になり少し経ち、疲れが出てきやすい季節ですね。

 

先日久しぶりに来院されたTさんも疲れが溜まっていたようでした。

 

「首が痛くて痛くて…」

と首の痛みを訴えられていたTさん。

首を後ろに倒すと、金属板が入ってるようにカチカチで

思わず顔をしかめるほどの痛みがある…。

 

症状を確認したら、“ゆびゆら整体”でゆる~く調整していきます。

 

Tさんが前回来られた時は

まだゆびゆら整体を取り入れる前だったので、

「先生、なんですかこれ!?」

とおどろかれるTさん。

 

僕:「指を揺らして痛みをラクにする、新しく学んだ技術なんですよ~」

Tさん:「ほんとですか?色々学ばれてるんですね~」

と、会話しながらゆらゆらしていると、

首の金属板はなくなり痛みもスッキリ解消。

 

首がラクになったせいか、今度は腰の重さが目立ってきていました。

例えるなら、“こぶしの大きさくらいの鉛のカタマリ”が腰の入ってるような、ズシーンとした感じ。

腰の重さも、同じくゆびゆら整体で、指をゆらしてゆるめていきます。

少しすると、こぶし大の鉛のカタマリが指先くらいの大きさまで小さくなりました。

 

最後に、Tさんにもゆびゆら整体のやり方をお伝えし一緒にゆらゆらしてもらうと…

「あっ、腰軽いですよ!楽です楽です!!」

と、鉛のカタマリはなくなり腰の重みもスーッとラクになりました。

 

ところで今回、施術中にお話しを聞いてると、

Tさんは夜寝る時、二人の娘さん(保育園児)にはさまれて寝ているそうで

寝返りも打てず体が固まってしまうとのことでした。

たいへんですよね、それは疲れも抜けにくいはずです。

 

「体が凝り固まってきたら、ゆびゆら整体してみてくださいね」

とお伝えし、この日の施術を終了。

来週からよい連休をすごしていただければと思います。

この記事を書いた人

遠藤 俊快
遠藤 俊快快晴整体院/主宰
10年以上腰痛に悩まされ、病院に通っても良くならず、医師からは「手術をした方がいいね。でも君の場合、手術をしても良くなる保証はないよ」と言われ絶望感を感じていた20代。

「一生痛いままかな?」と悩んでいる時に出会った整体で腰痛から解放され、人生が一変。

その後「同じ悩みを抱える人を救いたい!」と一念発起。整体を学び2011年に快晴整体院開業。

今ではフルマラソンを走れるほど元気な体を取り戻す(ベストタイムは3時間22分)。

◆TEL:0120-497-634(10~20時 水日休)
◆ホームページ(下に表示されてる地球儀をタッチ)