京都市北区の整体、快晴整体院の遠藤です。

 

このブログでは、

「椎間板ヘルニアが痛くて眠れない」時の

対策について書いていきます。

 

椎間板ヘルニア以外にも坐骨神経痛やすべり症、脊柱管狭窄症など

腰が痛くて眠れないときにも効果的なので、ためしてみてください。

 

そもそも「椎間板ヘルニア」とは?

初めに椎間板ヘルニアはどんな症状か?ということを少し説明いたします。

 

まだまだ詳しいことはわかっていませんが、人口の約1%に椎間板ヘルニアが起こり、手術患者は人口10万人当たり年間46.3人という報告があります。

男女比は約2~3:1で男性に多く見られる症状です。

発年齢は20~40歳代、好発部位は腰椎4番・5番の間、または腰椎5番と仙骨の間に起こります。

 

ちなみに椎間板とは、背骨を構成する椎骨(ついこつ)の間にある、クッション状の軟骨のことです。

 

この椎間板の中心部は「髄核(ずいかく)」というゼリー状の物質でできていますが、

椎間板に圧力がかかりこの髄核が外に飛び出してしまう症状の事を「椎間板ヘルニア」と呼びます。

hernia

 

 

 

椎間板ヘルニアで眠れない時は、腕と足の下にまくらをはさむ

椎間板ヘルニアで腰が痛くて眠れない時には、

頭の下に敷くまくらのほかに、2種類のまくらを活用します。

 

1つは二の腕の下に敷く「腕まくら」

もうひとつはふくらはぎの下に敷く「足まくら」

順番に、説明していきますね。

 

腕まくら

 

 

人間の腕の重さは体重の6~7%と言われています。

(体重50kgの人の場合、3~3.5kg)

 

2本の腕は肩甲骨を介して腰につながっており、

ヘルニアで腰痛がひどい時には、

この腕の重みさえ腰への大きな負担になるのです。

 

だからこの腕の重みを少しでも分散させたい。

そこで使うのが腕まくら。

 

やり方は簡単。

普段通り仰向けに寝た状態で、折り畳んだバスタオルを左右の腕の下に置くだけです。

 

実際ためしていただくと・・・上半身が楽になった実感が得られると思います。

また、胸まわりが楽になることで呼吸もしやすくなります

 

深い呼吸ができるようになるとその分血の巡りも良くなり、

椎間板ヘルニアからの快復も早くなる効果が期待できるので、腕まくらを行うメリットは大きいです。

 

ちなみに、バスタオルを折り畳むサイズは8つ折り(※)が基本ですが

体格によりしっくりくる厚みに差があると思うので、

各自で微調整してみてください。

(※8つ折りは下記画像参照)

ashimakura

 

8つ折りのバスタオルを・・・

もう半分に折り畳み、厚みを増した方がしっくりくる場合もあります。

(体の大きな方は試してみてください)

 

 

あしまくら

2つ目のまくらは、「まくら」です。

これもやり方は簡単です。

 

厚さ5cm程のクッションや座布団を

ふくらはぎの下にはさむだけ。

100円ショップ等で売ってるものでもかまいません。

 

img_2441

 

「毛布」など少し厚めのものを挟む方がいい、

と指導している書籍もありますが、

当院のこれまでの経験から、

厚さ5cm程度のものが最適だと考えています。

 

足まくらを使うことで、腰の反りかえりがゆるみ腰痛が楽になります。

 

 

腕まくらと足まくらを両方使うと、

「宙に浮いてるみたい」

「こんなに軽く寝られるなんて久しぶり」

と話されるクライアントさんもいます。

 

どちらも簡単にできる方法なので、ぜひ試してみてください。

 

腕まくらと足まくらの配置図(参考写真)

img_2442

 

腕まくら・足まくらの配置図の上に寝ている図

img_2444

 

 

普段のまくらの高さはどれくらいがいいのか?

うでまくら、あしまくらをお伝えすると

クライアントさんから

頭の下のまくらはどうすればいいですか?

と尋ねられる事があります。

 

使い慣れているのもがあれば

引き続きそれを使っていただくかたちで

かまわないと思います。

 

ただし、あまり高すぎるまくらは

腰への負担が大きくなってしまうので注意。

 

当院でお勧めしているまくらの高さは

自分のにぎり拳の高さです。

拳の高さ

意外に薄く感じるかもしれませんね。

ただしこれは、まくらに頭を載せて横になって、

まくらが沈んだ時の高さです。

自分のまくらは今どのくらいの高さなのか?

この機会に1度チェックしてみてくださいね。

 

腰の下にクッションを挟むのは効果的か?

「腰の下にクッションを挟んで眠る」

という話もよく耳にします。

 

効果的な方法に思われますが、

あまりその方法はおすすめできません。

 

なぜなら腰の下にクッションを挟むことで

腰の反りかえりがきつくなり、

腰痛が悪化する恐れがあるからです。

 

確かに痛みがきつい時は、

腰の下にクッションをはさむことで

心地よく感じる効果があるかもしれません。

 

でも、それは一時的な事。

 

この方法を続けていると、

腰の反り返りがクセになってしまい、

歩行時や座っている際の腰痛も悪化するので

気を付けてくださいね。

 

体の緊張をゆるめてから眠りにつくことも大切

最近はスマートフォンが普及した影響で、

寝る直前までスマホを手にされている方も多いです。

 

しかし、スマホから発せられる画面の光は意外に強烈。

寝る直前に強い光を見ていると、

脳が刺激され体の緊張がゆるみにくくなってしまいます。

 

少なくとも、眠りにつく30分前までには、

スマホから離れてリラックスできる時間を作ってみてください。

 

 

最後に

椎間板ヘルニアと診断された方の中には、

手術やブロック注射を視野に入れた治療を

検討されている方も多いと思います。

 

当院にも、そんなヘルニア腰痛を抱えた方が

多くお見えになります。

 

しかし、「なんとか手術や注射は避けたい」と

皆さん切実に話されるのです。

 

でも、安心して下さい。

適切に体の歪みを整えケアをしてゆけば、

手術や注射無しでもヘルニア腰痛は良くなっていきます。

 

このことは、今まで当院に来院されたクライアントさんが

示してくださっています。

 

「辛い椎間板ヘルニアをなんとかしたい!」とお考の方は、

1度お近くの治療院に相談してみて下さい。

 

それでは、今日もお読みいただきありがとうございました!

 

改善事例

◆1ヶ月間整体に通っても変化がなかった「椎間板ヘルニア」から快復

◆椎間板ヘルニア腰痛、原因は足首のねじれ!?

◆20年前からのヘルニア腰痛も1ヶ月間で快復

◆レーザー手術も検討したヘルニア腰痛・6回施術でスポーツも再開

◆数年間ストレッチを続けても痛みが取れなかった椎間板ヘルニア・4回で快復

◆《椎間板ヘルニア》激しい痛みも改善しフットサルに復帰

◆数度のブロックでもダメな椎間板ヘルニア・足のしびれの症例

 

 

この記事を書いた人

遠藤 俊快
遠藤 俊快快晴整体院/主宰
10年以上悩まされた腰痛克服を機に「痛みで悩む人を笑顔にしたい!」と整体を学ぶ。2011年・快晴整体院開業。様々な手法を取入れ、今では筋肉や関節の整体のみならず、整腸(内臓の整体)や心理的アプローチも取入れた独自の施術を行なう。また、自身の経験から予防にも力を入れており、予防法のアドバイスも好評。
■快晴整体院(水・日定休)TEL:0120-497-634(10〜20時)
↓★HPは下の青い地球儀をクリックしてください↓