ランニングフォーム改善は大切です!

ネットや雑誌でそんな記事を目にする事がありますね。

 

たとえばフルマラソンは42.195kmの道のりを、数時間かけて走るわけなので、

ランのパフォーマンスアップに限らず、ケが予防のためにも

「正しいフォームで走る」

ことはしごく当然のように思います。

 

でも、「正しい走行フォームで走ろうと」とすると、

色んな事を意識しなくてはなりませんよね?

 

人によって意識するポイントはまちまちだと思いますが、

  • 肩の位置
  • 骨盤の傾き
  • 腕の振り方
  • 着地方法

・・・など

場合によっては複数のポイントを同時に意識して走る方もおられるはずです。

 

でも、ランニングフォームばかり気にしていると体に「余分な力」が入ってしまい、

残念ながらランニングパフォーマンスを落とす可能性があります。

また、体のバランスが崩れ、体を痛める危険性も高まるのです。

 

 

「じゃあ、どうすればいいの!?」

 

その答えは、無理にランニングフォームを変えようとせず

心身共にゆるんだ状態で走ること

意外と単純です。

 

ゆるんだ状態で走れば、自然とあなたの体に合った走行フォームで走ることができるのです。

 

子供の頃はフォームも何も意識せずにのびのび駆け回っていましたよね。

「ゆるんだ状態で走る」とは、そういうことです。

 

では、どうすれば「ゆるんだ心身」を手に入れる事ができるのか?

むずかしく感じるかもしれませんが、今スグに心身をゆるませられる方法があります。

 

その方法は・・・

 

「みずぽっと」を手に持って走る

僕の整体院でお伝えしているセルフケア「みずぽっと体操

 

水入りの小さなボトル(みずぽっと)を使って行なう体操です。

ボトルの中の水が揺らぐ刺激が、心身の緊張を和らる効果があります。

 

だからこのみずぽっとを手に持って走るだけで、

心身共に緊張がゆるみ楽な状態で走る事ができるのです!

 

ぜひ1度、ためしてみてください。

 

ちなみにみずぽっとは、下記の画像のようなてのひらサイズのボトル。

100円ショップ等で売ってます。ペットボトル等でもかまいません。

中に1/3ほど水を入れて使います。(水道水でOK)

 

僕は過去にみずぽっとを持って走る事で、

2014年2月・京都マラソン:4時間32分(みずぽっと無し)

2014年11月・神戸マラソン:4時間8分(みずぽっと有り)

・・・と、記録を大幅に更新した経験もあります。

 

これから「みずぽっと」を使ったランナー向けの教室も開催しようと思うので、

ご興味ある方はまたブログをのぞいてみてくださいね。

 

それでは。