こんにちは。

ランナー整体師の遠藤です。

 

「走り始めるとすぐにふくらはぎが痛くなる」

まだ走歴が浅い方から、このような悩みをよく聞きます。

 

僕の場合は、ふくらはぎとハムストリングがよく痛くなっていました。

走り始めた直後に痛みが出ると…そのあとのランニングがつらいですよね。。。

しかも、せっかくの休日に長距離練習をしようと思った矢先の痛みだと、ホントうんざりしてしまいます。

 

最近でこそ、こんな悩みはなくなりました。

先日僕がアドバイスさせていただいたクライアントさんも、

「痛みが出なくなった!」

とご報告いただいております。

 

今日はその「ある方法」をお伝えしますね。

 

そもそも走り始めに痛くなる原因は?

走り始めた直後に足が痛くなる原因は何だと思いますか?

 

  • 筋力不足?
  • ストレッチ不足?
  • 走り方の問題?
  • シューズの問題

 

・・・と色々考えられますが、このブログを見てる方の多くは

「ランニングをしよう!」

という意志がある方のはずなので、どれもそれほど問題になってないはずです。

(極度に筋力がないとか、シューズが全然合ってないとか、極端なケースをのぞいて)

 

走り始めにふくらはぎが痛くなる原因はただひとつ。

それは、オーバーペース(飛ばし過ぎ)だから。

 

徐々に走ることに慣れてくると、

「心地よく感じるペース」

がだんだん掴めてくると思います。

 

僕にも経験があるのですが、その「心地よさ」を求め、ついつい飛ばし過ぎてしまう、という方が少なくありません。

 

スタート直後はゆっくりペースで走る

走り始めの数kmは、ゆっくりペースで走ることが基本。

たとえストレッチをしたからって、いきなり飛ばすと足を痛める原因になってしまいます。

 

なぜなら、走る時には体重の3〜5倍もの負荷が足にかかるからです。

ストレッチの刺激とは比べ物にならないんですね。

 

だから最初はゆっくりペースで走らなければ、すぐに足が疲労して痛みが出てしまうのです。

 

どのくらいのペースで走ればいい?

「このペースで走れば問題ない!」

というペースは残念ながら示しにくいです。

 

人それぞれ、体の状態も年齢も異なりますし、季節によっても変わってきます。

 

ただ、目安としては、早歩きより少し早いくらいのペースで大丈夫です。

 

ゆっくりペースで走って、「体が温まってきたな」と感じたら、徐々にスピードを上げていきましょう。

スピードを上げてみて違和感を感じたら、またスピードを落とします。まだ体が温まってない証拠なので、もう少しゆっくりペースで走ってください。

 

こうして「自分の体とコミュニケーション」を取りながら走ることも、この先長く走り続けるには大切な事です。

 

また、自分がどのくらいのペースだと心地よく走れるか?ご存知の方は、その1.5倍のペースをメドにするといいですよ。

(1km/5:00min の方は、1km/7:30minで走るというように)

 

もし知らない方は、スマホアプリで簡単に計測できます。

無料版もあるなので、ためしてみてくださいね。

(僕はこの有料版アプリを使っています。)

トレーニングアプリ《ランタスティック》

 

走り方(走行フォーム)はどうすればいい?

最後に、ランナー専門雑誌や書籍の中では、「正しい走り方」を解説しているものもあります。

 

「正しい走り方をすれば痛みが出なくなる」

確かにこの理論も正解だと思います。

 

しかし、正しい走り方を意識するあまり、逆に体が緊張して痛みが強まることもある、ということも覚えておいてくださいね。

 

僕は「正しく走る」よりも、「リラックスして走る」ことの方が大切だと思っています。

リラックスして走るために大切な事は、「楽しく」走ることですね。

 

誰かとおしゃべりしながら。

普段は見過ごしてしまう周りの景色を見ながら。

心地いい音楽を聴きながら。

どこか美味しい食べ物屋さんを目標に走るのも、いいかもしれません(笑)

 

あなたの好きな方法で、すてきなランニング生活を送ってください。