ランナー整体師の遠藤です。

 

先日、僕の整体院のクライアントさんにご協力いただき、整体で体の柔軟性をUPさせた後に走ると、どんな違いが出るのか?を実験してきました。

 

計測距離は1km。場所は鴨川左岸。当日の天気は晴れ。

 

アップで1.5kmほど走った後、柔軟性上げる前のタイムを計りました。

記録は [4分05秒]、ぼちぼちのタイムです。

 

その後体をゆるめて柔軟性をUPさせました。(その間5分ほど)

写真は【左:ビフォー、右:アフター】です。

 

柔軟性を上げた後、再度1kmのタイムを計測。記録は[4分11秒]。

 

タイムには上がりませんでしたが、

走行後半で、疲れているのに体が前に進みました。1回目の計測より2分くらい遅い感覚がありましたが、6秒しか違わない事に驚きました

と、感想をいただいております。

 

柔軟性を上げる事で、体が疲弊している時も動きやすくなる効果があるのではないかと考えています。

今後、距離を伸ばしたり、条件を変えながら実験して、マラソンに効果的な手法を構築していきたいと思います。