昨年買ったテスラというブランドのベアフットシューズ。

ベアフット=裸足の意味で、裸足感覚で走れるシューズのことを「ベアフットシューズ」と呼びます。

ミッドソールが2mmというかなりの薄さで、素足感覚ハンパないです。

ちょっと鋭利な石を踏むと足裏が痛いほど。最初はその薄さにビビってしいました。

今はインソールを入れて履いていますが、それでも路面の凹凸をダイレクトに拾います。

 

でも、この「地面からのダイレクト感」が非常にいいんです。

地面とつながってる感覚もあるし、路面からの適度な跳ね返りもある。

何より常に路面の凹凸状況を感じていないといけない、という点が気に入ってます。

 

一般的なランニングシューズはソールが分厚いので、路面状況など気にしなくてもそれなりに走れてしまいます。

 

でも、このテスラ・ベアフットランニングシューズはそれが無理。いやが応にも路面の凹凸状況が足に伝わってしまいます。

それが楽しいんです。つねに路面の刺激感じることと、鋭利なものを踏まないようにしっかり進む先を見ながら走らなきゃいけないことが。

 

「面倒くさい」と言えばそれまでです(笑)

でも、一般的なランニングシューズにはないこの感覚になれてしまうと、なんだかクセになってしまうんですね。

(ピートのきついウィスキーを好きになると、ハマってしまうような。わかる方は、わかると思います…。)

 

ソールが極薄なため、走り方にもコツがいるので、万人に勧められるわけではないのですが…(体を痛めてしまいますから…)

僕は大好きなシューズのひとつ。

 

この「テスラ・ベアフットランニングシューズ」、最近までAmazonで在庫切れになっていたのですが、新しいモデルが再度販売されていました!

嬉しくて速攻で購入。

自宅と職場に1足ずつ置いて、ランニング生活がいっそう楽しくなりそうです。