ランナー整体師の遠藤です。

お盆を過ぎても真夏日が続きます。

マラソンの練習にこの暑さは過酷ですね。。。

 

さて、先日のロング走でマラソン熱にやっと火が灯り、

福知山マラソンにエントリーしました。

まだ新規エントリーも受付しているようです。(8月22日現在)

 

大会までちょうど3ヶ月。

そろそろ本格的に練習を再開しようと思います。

 

さて、マラソンの練習をするに当たって、

あなたはどのようなメニューを組まれていますか?

 

マラソンを始めた当初は、行き当たりばったりで練習をしていた遠藤ですが、

サブ4を目指した2016年の京都マラソンで、

「適当な練習メニューじゃ無理だ…」と実感しました。

 

そこで、2017年の京都マラソンに向けてはこの本を参考に練習することに。

30キロ過ぎで一番速く走るマラソン サブ4・サブ3を達成する練習法

Qちゃんこと高橋尚子選手を育てた小出善雄監督の著書。

 

サブ4、サブ3を目指すための体の作り方や考え方と共に、具体的な練習メニューが紹介されています。

それも、大会前3ヶ月間の練習が2週間ずつ曜日ごとに書かれているので非常にわかりやすい。

 

僕はこの本のおかげで、2017年の京都マラソンを3時間49分の記録で走ることができました。

ぜひぜひ、おすすめの1冊です。

 

ところで、余談ではありますが・・・

マラソンに限らず参考書は1〜2冊にしぼった方がいい、という話しを聞いた事があります。

難関大学を受験する学生さんは、各教科の参考書の数をしぼるらしいんですね。

同じ参考書を何度も繰り返し読む方が知識が定着し、役に立つそうです。ご参考までに(^^)