京都のランナー整体師、遠藤です。

11月の福知山マラソンに向けて、今の課題は持久力。

そのために、90分〜120分のLSDをこなすことだとマラソンの師匠から指導をいただき、

最近練習メニューに取り入れています。

 

さらに、

「山道を走ると、色んな筋肉が鍛えられていいですよ〜」

というアドバイスもいただいたので、先日はトレイルコースを走って来ました。

 

この日は比叡山を登ろうと思い、僕の整体院のある北大路を出発し、北山通りを東へ。

叡電・修学院駅を過ぎて山のふもとまで来ると、どこか懐かしさを感じる田園風景が広がります。

街から少し来るとこんな景色が広がる所に、京都の奥深さを感じますね。

 

そこから少し走り、雲母坂を登るルートで山道に入りました。

初めての雲母坂!岩を切り裂いたような細い道を進んでいきます。

こんな道ははさすがに走れませんが(笑)

段差の大きいところもあり、なかなかいいトレーニングになります。

 

細い岩場を過ぎ、比叡山の山頂まで登り道。

なかなか休む間もありませんが、足を止めずっていきました。

 

ロードコースと違って石コロあり、ぬかるみありの足元。

ちょっと間違えれば転倒して痛い目を見ます。

 

だから、視覚情報からの判断をもとに1歩1歩足裏の感覚で地面を確認しながら進んでいく。

これがなかなかに楽しい !

こんなところが、山道を走る醍醐味なのかな、と思っています。

 

雲母坂入口から2kmほど進んだところ、山頂の少し手前にある展望所。

木々の間から京都市内が一望できます。なかなか見応えのある景色でした。

こんな絶景に巡り会えるのも、トレランの魅力のひとつですね。

 

そこから700mほど山道を進み、山頂、ケーブルカー乗り場に到着。

ケーブルカーで八瀬まで降りて、そこから国際会館駅まで2kmちょっとの道のりを再び走りこの日の練習は終了しました。

 

高低差650mの山道を登り、合計11.3kmの道のり。

感動的な景色ありのいいトレーニング日和となりました。

 

京都はまだまだトレイルコースが多いので、今後色々なコースをめぐりたいと思います。