福知山マラソンまであと24日!!

走る整体師の遠藤です。

 

マラソンシーズンに入って

夜遅くでも走る方を見かけるようになってきました。

 

夜ランの方が時間の融通が利く方も多いでしょうし

昼間とは違う環境を走る楽しさもありますが…

あまり遅くまで体を動かしていると

睡眠にも影響してしまうので、

体調を見ながら無理せず走れるといいですね。

 

さてランナーの悩みは数あれど・・・

「膝」の痛みは大きな課題ですよね。

 

僕もマラソンを始めた頃は、

長距離の練習に行くと必ず右膝が痛くなっていました。

 

雑誌やネットでランナー膝改善の情報も出ているので

色々試されている方も多いと思います。

 

一般的な改善策や治療法は・・・

  • ストレッチ
  • 筋トレ
  • サポーター
  • インソール
  • マッサージ
  • 電気治療

・・・などですね。

 

色々試されている方も少なくないでしょうし

特に大会で記録更新を狙う方ならなおさらなはずです。

 

それでも、治療を続けていても

「なかなか痛みが引いてくれない…」

という方はどうしたらいいのか?

他にどんな原因や改善策があるのか?

 

僕の実体験と、整体の現場での経験から紹介させていただきます。

 

良くならないランナー膝の原因は、メンタルにもあった??

「今日はどのくらい走ったら膝が痛くなるかな…?」

たとえば練習前に、こんな心配が頭をよぎってしまいませんか?

 

痛みが長引いていれば当然の心配なんですが・・・

この心配する心がなかなか厄介なんです。

 

「痛くならないか心配だーーー!!」

と心の中で思っていると、ストレスのせいで

体がどんどんどんどん緊張して動きが硬くなってくる。

 

結果、フォームが崩れたり、体の動きに無理が生じて膝が痛くなる。

膝が痛くなるとさらにフォームが崩れるから、

ダメ押しのようにまた膝に負担がかかる・・・

 

こんな悪循環が、ランナー膝が良くならない原因!!なんです。

 

だからランナー膝をしっかり良くするためには、

膝のケア + 「心配だーーー!!」と暴れてしまう心

のケアも必要なんですね。

 

もともとの原因は、膝にもあるのですが、

痛みを気にしてしまうメンタル部分にも、

ランナー膝の原因はあるのです。

 

 

快晴整体院でできること

僕自身も、そんなメンタルが原因の痛みに悩まされた経験から、

快晴整体院では施術では体だけでなく、心のケアも取り入れています。

 

そして、自分でできるケアもお伝えしているので

練習前や大会前に、

「痛くならないか心配だーーー!!」

という不安が再び出てきた時にも

自分で対処できるようにサポートさせていただきます。

 

メンタルって自分で対処するのはなかなか難しいとされていますが、

小学生でもできるようなカンタンな方法を使ったケア方法なので

「面倒なことは苦手…」

という方でも安心してくださいね。