最近マラソン関連の本をちょくちょく読んでまして。

「時計を見ずに走るといい」

といくつかの本で書いてあって

なんだかこのフレーズが気になっていたんですよね。

 

なぜ、時計を見ない方がいいか?

と言うと、

著者により理由はありますが、

時計に捉われず自分の体感覚でペースをつかみ走る方が

42.195kmという長い距離を走る時に役立つから、ということ。

 

また、時計を確認することで無駄にエネルギーを使うし、

予定通りのペースで走れないと焦ってしまうし…

とのことで、

これまでの自分の経験を振り返ってみた時に

「たしかに時計を見る事で落ち込んだりする事が多いなぁ」

と感じ今日の練習では時計を見ずに走ってみました。

 

職場のある北大路から、鴨川を南へ。

いつもはスマホでペースを確認しながら走っていますが、

今日は距離のみ確認しながらのラン。

 

走ってみて思ったことは・・・

たかが時計を見ないだけなのですが、

なんだか“自由”なんですよ。

 

いつもは1kmごとのペースを確認し、

目標より落ちてればペースを上げ

目標より早ければそれで押していこうとする。

 

常にアタマにあるのは“数字”の事。

だから走る事それ自体を

今まであまり楽しめていなかったな…と気づきました。

 

ペースの事を考えずに済む分、

走行中の体の状態や自分の体力に意識がいく。

それが、やっぱり楽しいんですね。

 

時計を見ずに練習する。

これからしばらく、続けてみたいと思います。