「走ってると膝の内側が痛くなる…」

ランナーにとってはやっかいな悩みのひとつですね。

 

膝の外側が痛いと“腸脛靭帯炎”

膝の内側が痛いと“鷲足炎”

お皿の下が痛いと“膝蓋腱炎”

というように症状名がついています。

 

それぞれ原因も微妙に異なると言われていますが

おおもとの原因は「体のバランスの崩れ」にあると考えています。

 

先日、膝の痛みで来院された40代の男性。

年末の30kmロング走の時に膝が痛くなり

その後年明けにジョグをした時は

3km走っただけで膝に痛みが出て走れなくなってしまったと

快晴整体院にお見えになりました。

 

体をチェックしてみるとやはり体のバランスが崩れていて

膝に痛みがある体の左側の筋肉が

足、腰、肩のほうまで全体的に硬くなっていました。

 

筋肉の硬さが左右で非対称になると

走る時にどうしても体に負担がかかります。

その負担が膝の痛みを引き起こすんです。

 

初回の施術を受けていただいた2日後

メールをちょうだいしましたので

ご紹介したいと思います。

 

―――――――――――――――――――――

先日はありがとうございました。

おかげ様で、その後、

びっくりするほど良い方向に向かっています。

間違いなく左右のバランスが

改善して来ていることが実感できています。

調子に乗らずセルフケアで、

良いバランスを定着させキープできるように、

していきたいと思います。

◆滋賀県在住 Iさま(40代男性)

―――――――――――――――――――――

 

Iさんは来月京都マラソンを含め

2回レースが控えているそうです。

いいレースができるよう、

しっかりサポートさせていただきたいと思います。