月間80kmでサブ3どころかサブ50!

マラソンをやってる人間からすると、驚異的な数字ですよね。

それを実際にやってのけた著者の本がこちら。

毎日長い距離を走らなくてもマラソンは速くなる! 月間たった80㎞で2時間46分! 超効率的トレーニング法 

 

どんなトレーニング法なのか!?細かい点は書籍にゆずるとして、要は走る代わりに「自転車」を使えば、脚力や心肺能力が効率的に鍛えらるという主張。

しかも自転車なら膝や股関節への負担が少ないのでケガのリスクも減らせる、という内容です。

 

自転車と言っても、普通のママチャリじゃだめみたいなんですね。

大切なのは姿勢。前傾姿勢が取れるロードバイクか、クロスバイクに乗ること。

前傾になることでハムストの筋力をしっかり使うことができるからです。

 

僕も通勤にロードバイクを使う事あるので、この違いはわかります。ママチャリは一生懸命ペダルを踏んでも太もも前面が疲れるばかりで、ハムストが疲弊する感覚はありません。

 

この本を読んで合点がいったのは、僕も去年の京都マラソンの前は自転車通勤していたから(往復14kmほどの道のりです。)

京都マラソン前の月間走行距離は111kmでしたが、それでもサブ4達成。

 

一般的にサブ4には月間200kmの走行が必要と言われるので、この時の僕の結果も、自転車効果が一因だったのだろうなと感じたのです。

 

ロードバイクかorクロスバイクという、自転車を持ってない人にとっては少しハードルがあるにせよ…ケガを予防する意味で言っても、自転車を取り入れたマラソンのトレーニングは理にかなった方法だと思います。

 

スポーツサイクルをお待ちの方は、試してみる価値はあるはずです。

 

ちなみに最近寒さで自転車通勤をさぼりまくってた遠藤ですが…この本を読んでからきっちり再開(笑)

 

さあ寒い中、今から自転車こいで帰宅します。明日の夜はチーム練習!!