もう桜が見ごろを過ぎて、葉桜になっている木もチラホラ。

先週は本当に桜がみごとでしたねぇ。

 

家の近くの鴨川沿いに桜並木があるので

先日は満開の桜の下を走っていました。

100mくらいの道を、何度も行ったり来たり。

ゆるーいペースで延々と。

 

同じところをグルグル回るのって

飽きてしまいそうで苦手でしたが(笑)

最近気づいたメリットは

走りにしっかり集中できるということ。

 

コースの事や距離や信号やすれ違う人を気にせず

フォームだけを意識することができるので

「どうしたら体がうまく動かせるか?」

を集中して考えながら走ることができて

けっこう好きなんです。

 

去年の秋ごろからフォームで意識しているのは「ナンバ走り」

踏み出す足と反対側の肩を前に振りだすようにして走ることで

ナンバ的・二軸の走行フォームが作れる、

と、古武術の先生の書籍で読んで実践してるんです。

 

この「ナンバフォーム」で走ると上半身を使って走れる感覚がして

推進力が増す感じがある、ラクに進める感じがある。

いまのところ、自分に合ってる感じです。

 

必死に走る時は走行フォームが崩れてしまいますからね…。

こうしてゆっくり走る時にじっくり噛みしめて

次のシーズンまでに潜在意識に落とし込めるようにしていきたいと思います。