京都 | 治療を受けても良くならないランナー膝(腸脛靭帯炎)に悩む方へ。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)でこのようなことに悩まれていませんか?

少し走るだけで膝の痛みが強まる

☑ロング走をすると必ずだるさや鈍痛がある

☑走る時だけでなく歩いていても膝が痛い

スピードを上げたり下り坂を走ると痛む

治療を続けているのに痛みが良くならない

このようなランナー膝で悩まれている方も、快晴整体院の施術で痛みの改善が可能です。

自身も市民ランナーである整体師の遠藤が、あなたの悩みを解決します。

練習を休むことなく、走りながら症状を良くしていくこともできます。

 

ランナー膝(腸脛靭帯炎)とは

ランナー膝(腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん))は、太ももの外側にある腸脛靭帯の外側の付け根(外側顆)部分に出る痛みのこと。

ランナーに起こる障害の中ではもっとも多く見られる症状です。

 

腸脛靭帯は、膝が曲げ伸ばしされるときに外側顆(がいそくか)と呼ばれる骨の隆起した部分の上を乗り越えて動きます。

長時間走ることで何度も膝の屈伸が繰り返されると、靭帯と外側顆の間の摩擦が強くなります。

この摩擦によって腸脛靭帯が炎症を起こし痛みが出る症状がランナー膝です。

 

腸脛靭帯はお尻から膝にかけて伸びる長い靭帯のため、膝の痛みの前兆としてお尻や太ももに違和感を感じることもあります。

 

ランナー膝が起こる主な原因

特にO脚の方、またつま先が内側を向く方、つま先が外側を向く方は腸脛靭帯の緊張が強まり、ランナー膝になりやすい傾向にあります。

また女性で多く見られる、膝を内側に巻き込んだフォームで走られる方も、膝の痛みにつながりやすいので注意が必要です。

ご自身の走行フォームがどうなっているか?チェックをする必要があります。

また、疲れが抜けないまま練習を繰り返すことで、疲労が蓄積され痛みにつながることもあります。

 

【原因一覧】

  • O脚、X脚
  • 回内足・回外足(内また、がにまた)
  • オーバーユース(疲労が抜けてない)
  • 練習方法(スピード練習の過多等)
  • フォームの問題(膝が伸びすぎる、内側に入る、姿勢)
  • シューズの問題(ソールの厚み)
  • 体の柔軟性不足(衝撃を吸収できない)

 

僕(院長・遠藤)も、過去に膝の痛みに悩んでいました。

はじめまして。快晴整体院・院長の遠藤 俊快(えんどう しゅんかい)と申します。

主宰・遠藤俊快の写真

僕は2014年からマラソンをはじめました。

マラソンをはじめばかりの頃は自分のペースもわかっていなかったせいか、走るたびに膝の痛みに悩まされていました。

膝の痛みが強まると運動ができなくなるだけでなく、日常生活にも支障が生じてしまいます。

そうなると本当に、やっかいですよね。

マッサージやインソール、電気治療などを続けても、なかなか痛みが改善しないという声をよく聞きます。

でも、痛みが良くなるポイントをおさえれば早期に良くなることも多い症状です。

良くなることをあきらめず、あなたのつらい痛み改善をお手伝いさせてください。

 

 

快晴整体院でランナー膝が良くなる理由

快晴整体院でランナー膝が良くなる理由は、

からだ全体のバランスを整える整体を行っているからです。

 

ランナー膝の一般的な治療法である

  • アイシング
  • インソール
  • テーピング
  • ストレッチ
  • 電気治療
  • マッサージ

…などは、おもに痛い部分だけ(膝だけ)を良くする目的で行われる治療方法です。

 

「痛いのは膝だけだから、そこだけ治療すればいいじゃないか」

と思われがちですが、人間の体は400個以上の筋肉と200個以上の骨から構成される

とても複雑な作りをしています。

だから、痛い部分だけ治療すればいいほど単純ではありません。

 

原因が、足首にあったり、腰にあったり、肩にあったりと、膝の痛みを引き起こす要因はいくつも考えられます。

 

快晴整体院ではひとりひとりの体に合わせ適切にからだのバランスに整えることで、

あなたのランナー膝をを早期に改善させていきます。

 

その他の膝痛について

ランニングやスポーツをされる方の膝痛は、ランナー膝(腸脛靭帯炎)以外にも、

  • ジャンパー膝
  • 鷲足炎
  • オスグッド
  • 膝外軟骨軟化症

…など、様々な症状があります。

それらの膝の症状についても施術可能ですので、予約時にご相談ください。

また、高齢の方に多い変形性膝関節症については、こちらのページをご覧ください。

 

当院で施術を受けられた方の感想

フルマラソン記録更新できました!

おかげ様で膝の痛みも再発することなく、愛媛マラソン完走できました。

しかも昨年から5分更新の3時間21分台という、うれしい結果でした。

15kmくらいから調子が出て来て最後まで走りきることができました。

昨年より5秒/km早いペースが楽に維持でき、終盤のつらさもかなり違いました。

遠藤先生のおかげです。感謝いたします。

■I.M様 滋賀県大津市 40代男性(ランナー膝)

※結果には個人差があり、効果を保障するものではありません。

 

思い切り競技ができるようになり嬉しいです

陸上の練習をしていて、左足を痛めてしまい、思うように走れなくなっていました。

2ヶ月ぐらい経っても、全然良くならず、焦りを感じていました。

施術を受けるたびに痛みが和らぎました。また、疲れも取れやすくなりました。

大事な試合前なのに、全く足の痛みが治らず焦っていましたが、

施術を受け、思い切り競技ができるようになり、とてもうれしいです。

どこで見てもらってもなかなか症状が改善さんやれなかった方や、

スポーツ障害に悩んでいる方いる方にお勧めしたいです。

施術を受けるたびに効果を感じられると思います。

■市川様 滋賀県 10代女性(陸上部)

※結果には個人差があり、効果を保障するものではありません。

 

毎週運動ができるようになりました

テニスを長い間していて、膝と腰が痛くなり、なかなか治りませんでした。

昨年の夏頃から何度か治療していただきながら、テニスが続けられるようになってきました。

痛くなったら、休む、その繰り返しでしたが、この頃は毎週できるようになってきました。

ありがとうございました。

■Y.H様(大阪府枚方市在住 63歳女性)

※結果には個人差があり、効果を保障するものではありません。

 

慢性的な膝の痛み

他のところでは数ヵ月かかっていましたが、ここでは2、3回の施術で回復します。

定期的に施術をお願いしていて、痛みもひどくならないので助かっています。

日常での注意やコツも教えて下さり、いつも丁寧に対応してくださいます。

■K.Y様(京都市北区在住 43歳女性 カウンセラー)

 

LINE・ネット予約

 

快晴整体院の特徴

①痛くない即効性のある施術

「整体はバキバキする痛いもの」と思われてる方が多いですが、快晴整体院の施術はバキバキしないソフトな整体。

小学生の女の子から92歳の方まで受けていただいてる非常に優しい施術法です。

ソフトな施術ですが即効性もあり、痛みがある部分だけでなく、全身が軽くなるのも快晴整体院の施術の特徴です。

主宰の遠藤の施術風景

 

②医師も推薦の施術方法とセルフケアをアドバイス

快晴整体院で用いてる施術方法とセルフケアは、医師の推薦も受けてる手法。

メディアにも多数掲載されています。

推薦者の松田史彦先生は、日本初の「薬やめる科」のある病院、松田医院・和漢堂の院長先生です。

和漢堂、松田先生よりケア方法の推薦

 

③練習方法や走り方のアドバイスも行っております

院長の遠藤も市民ランナーのひとり。目標達成を目指し日々走っております。

同じランナーだからこそできる、練習方法や走り方改善のアドバイスで、あなたの痛み改善・再発予防をサポートしていきます。

 

同業の先生からも推薦をいただいております

■訪問リハビリマッサージ晴・樋口治療室院長 樋口純一先生より

写真
遠藤先生との出会いは、数年前のみずぽっと体操の勉強会でした。

当時は、まだほとんど世に知られていない、みずぽっと体操。

その勉強会に参加しているだけで、「若いのに、随分意識の高い治療家の方だな!」と思いました。

お会いするたびに、謙虚な態度で、治療技術を学ばれる姿は見習わないといけないと思いました。

しかも、遠藤先生は、ご自身の腰痛を整体やセルフケアで克服したことがきっかけで、

治療家の道へ進まれているので、 クライアントさんに寄り添った施術ができるんだと思います。

腰痛でお困りの方はぜひ、快晴整体院をおたずねください。

 

■整体サロンピンポイント 鎌田恭平先生より

推薦・写真②
遠藤先生との出会いは、私の患者さんとしてでした。

当時何度も腰痛に悩まされていた経験から整体師になられた先生ですので、

カラダの痛みやしびれで悩んでいる方の気持ちを、よくわかってるれる先生だと思います。

とても勉強熱心な先生ですので、カラダの不調でお悩みの方は、快晴整体院にご相談下さいね!

 

 

ランナー膝をはやく良くするための注意点

①:痛みが強まる体操やストレッチ控える

「痛い方が効いてる気がして…」

と、痛みが強まるような体操やストレッチをしている方もいますが、勧められません。

なぜなら、痛みが強まる=筋肉や関節を傷つけている可能性があるからです。

体操やストレッチは、痛みが強まらない範囲で、無理なく行うことがポイントです。

 

②:痛い所を揉まない、叩かない

痛みやしびれが気になると、患部を揉んだり叩いたりすることはありませんか?

しかし、繰り返し刺激を与えると筋肉が傷つき慢性化の原因になることもあるので、注意してください。

③:お風呂にゆっくり入る

体をリラックスさせ、筋肉の緊張をほぐすために、最低でも10分、もう少し入れる方は20〜30分、湯船にしっかりつかるようにしてください。

暑い時期もシャワーだけで済ませないように心がけてくださいね。

 

④:疲労抜きジョギング

痛みがある間は無理して走らない方がいいのですが、少しでも走りたい方のためには疲労抜きジョギングをおすすめしています。

痛みの出ないゆっくりペース(※)で、痛みの出ない距離を走るという事を守れるなら、完全に運動を休むよりも走った方が血流も良くなり快復を早める事ができます。

 

LINE・ネット予約

アクセスマップ。近隣の地図です。最寄り駅は地下鉄北大路駅です。

住所:京都市北区小山南上総町63-1シモン北大路201

google map>>