京都でランナー膝にお悩みの方へ

こんなことに悩まれてませんか?

少し走るだけで膝の痛みが強まる

☑ロング走をすると必ずだるさや鈍痛がある

☑走る時だけでなく歩いていても膝が痛い

スピードを上げたり下り坂を走ると痛む

 

ご安心ください。快晴整体院には膝の痛みでお悩みの方が多数来院されています。

自身も市民ランナーである整体師の遠藤が、あなたの悩みを解決します。

膝の痛みを改善させることはもちろん、練習方法やフォーム改善法までトータルでサポートし、痛みの出にくい体を目指していきます。

(マラソン歴4年/ベストタイム3時間22分)

 

LINE・ネット予約

 

ランナー膝とは

ランナー膝(腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん))は、太ももの外側にある腸脛靭帯の外側の付け根(外側顆)部分に出る痛みのこと。

ランナーに起こるケガの中ではもっとも多い症状です。

 

腸脛靭帯は屈伸時に外側顆(がいそくか=骨の隆起した場所)を乗り越えて動きますが、走って屈伸が繰り返されると、靭帯と外側顆の間の摩擦が強くなります。

この摩擦によって靭帯が炎症を起こし痛みが出る症状がランナー膝です。

 

特にO脚の方、また回内足・回外足で膝が左右にねじれやすい方は、腸脛靭帯の緊張が強まり摩擦が大きくなる傾向にあります。

シューズのカカトの後外側がよくすり減る人も注意が必要です。

 

腸脛靭帯はお尻から膝にかけて伸びる長い靭帯のため、膝の痛みの前兆としてお尻や太ももに違和感を感じることもあります。

 

初期段階ではランニング中の膝の違和感のみで日常生活に支障はありませんが、症状が慢性化すると歩くときや立ちあがる時にも膝に痛みが出てくるので、早めに対策をうつことが大切です。

 

ランナー膝が起こる主な原因

  • O脚、X脚
  • 回内足・回外足(内また、がにまた)
  • オーバーユース(疲労が抜けてない)
  • 練習方法(スピード練習の過多等)
  • フォームの問題(膝が伸びすぎる、内側に入る、姿勢)
  • シューズの問題(ソールの厚み)
  • 体の柔軟性不足(衝撃を吸収できない)

 

一般的な治療方法

  • 膝周辺への電気治療、レーザー治療
  • 膝の筋肉のマッサージ・ストレッチ
  • 膝を冷やすためのアイシング、湿布
  • 病院で処方される痛み止めの薬
  • テーピング・インソール等器具を使った療法

これらの治療をどれかひとつだけでなく、組み合わせて治療を行っている方が多いと思います。

 

快晴整体院で
ランナー膝が
良くなる理由

快晴整体院では、ランナー膝の痛みは、筋肉の硬さ(コリ)に原因があると考えています。

ただ、筋肉が硬い場所と言っても、痛みがある場所だけをほぐせば良いわけではありません。

なぜなら、人間の体は全部つながっているからです。

 

たとえば、人間の体が1枚の全身タイツで覆われてる構造だと考えてみてください。

腰の部分をギュッとしぼると、布が引っ張られ膝の部分にも張りが生じますよね。

この場合、膝の痛みを引き起こす根本的な原因は腰にもあるということ。

だから痛みを良くするためには、膝だけなく腰の筋肉もほぐす必要があります。

快晴整体院では、あなたの体でどこが硬くなっているか?(根本的な原因になっているか?)を探し、痛みが出にくい体を作っていきます。

 

また、最近では心理的ストレスが痛みを悪化させることもわかってきています。

私たちの脳の“側坐核”という部分には痛みを和らげてくれる鎮痛物質(オピオイド)を作る働きがあります。

しかし、不安や恐怖心といった慢性的なストレスが続くと自律神経に変調をきたし、脳の鎮痛システムが働かなくなってしまうのです。

その結果、本来の痛みを2倍にも3倍にも感じてしまう事が少なくありません。

快晴整体院では独自の手法を使い、ストレスを和らげるサポートも行っております。

 

また、セルフケアのアドバイスもしっかり行うことで、痛みの早期改善・再発防止を目指していきます。

治療をしても良くならないランナー膝にお悩みなら、ぜひ1度快晴整体院にご相談ください。

 

その他の膝痛について

ランニングやスポーツをされる方の膝痛は、ランナー膝(腸脛靭帯炎)以外にも、

  • ジャンパー膝
  • 鷲足炎
  • オスグッド
  • 膝外軟骨軟化症

…など、様々な症状があります。

それらの膝の症状についても施術可能ですので、予約時にご相談ください。

また、高齢の方に多い変形性膝関節症については、こちらのページをご覧ください。

 

LINE・ネット予約

 

当院で施術を受けられた方の感想

フルマラソン記録更新できました!

おかげ様で膝の痛みも再発することなく、愛媛マラソン完走できました。

しかも昨年から5分更新の3時間21分台という、うれしい結果でした。

15kmくらいから調子が出て来て最後まで走りきることができました。

昨年より5秒/km早いペースが楽に維持でき、終盤のつらさもかなり違いました。

遠藤先生のおかげです。感謝いたします。

■I.M様 滋賀県大津市 40代男性(ランナー膝)

※結果には個人差があり、効果を保障するものではありません。

 

思い切り競技ができるようになり嬉しいです

陸上の練習をしていて、左足を痛めてしまい、思うように走れなくなっていました。

2ヶ月ぐらい経っても、全然良くならず、焦りを感じていました。

施術を受けるたびに痛みが和らぎました。また、疲れも取れやすくなりました。

大事な試合前なのに、全く足の痛みが治らず焦っていましたが、

施術を受け、思い切り競技ができるようになり、とてもうれしいです。

どこで見てもらってもなかなか症状が改善さんやれなかった方や、

スポーツ障害に悩んでいる方いる方にお勧めしたいです。

施術を受けるたびに効果を感じられると思います。

■市川様 滋賀県 10代女性(陸上部)

※結果には個人差があり、効果を保障するものではありません。

 

京都マラソン翌日に来院。根本改善を実感。

京都マラソンに参加しましたが、途中から足裏の痛みが激しくなり、完走した翌日に来院しました。

施術を受け、これまで感じたことのなかった足裏の接地感覚、

特に全ての足の指が地に着くようになり、足裏がとても大きく感じるだけでなく、使えるようになりました。

患部と思ってる箇所だけでなく、その根本原因から、

そして自己治癒力も感じながら日々体のバランスがよくなることを実感できます。

まさに、「快晴!」です。

ぜひご来院をおすすめいたします。

毎回ためになる豆知識・豆体操が増えていくことも楽しみです。

■仲田様 50代男性

※結果には個人差があり、効果を保障するものではありません。

感想文原稿複写

 

毎週運動ができるようになりました

テニスを長い間していて、膝と腰が痛くなり、なかなか治りませんでした。

昨年の夏頃から何度か治療していただきながら、テニスが続けられるようになってきました。

痛くなったら、休む、その繰り返しでしたが、この頃は毎週できるようになってきました。

ありがとうございました。

■Y.H様(大阪府枚方市在住 63歳女性)

※結果には個人差があり、効果を保障するものではありません。

 

慢性的な膝の痛み

他のところでは数ヵ月かかっていましたが、ここでは2、3回の施術で回復します。

定期的に施術をお願いしていて、痛みもひどくならないので助かっています。

日常での注意やコツも教えて下さり、いつも丁寧に対応してくださいます。

■K.Y様(京都市北区在住 43歳女性 カウンセラー)

 

院長も痛みに悩まされた
「元患者」のひとりです

はじめまして。快晴整体院・院長の遠藤俊快と申します。

主宰・遠藤俊快の写真

当院のホームページにお越しいただきありがとうございます。

 

僕は今でこそフルマラソンを走りますが、以前は体の痛みのせいで長距離を走ることなど考えられませんでした。

高校生の部活で痛めて以来10年以上腰痛に悩まされ、痛み止めの薬とコルセットが手放せないほどだったからです。

 

病院に通っても良くならず、先生からは

手術をした方がいいね。でも君の場合、手術をしても良くなる保証はないよ

と言われ、出口のないトンネルにいるような絶望感を感じていました。

 

痛みを抱えたまま大学を卒業し、就職してからは仕事にも支障があると感じることが増え、

この痛みは一生続くのかな?

と悩んでいたころ、わらにもすがるように訪れた整体院でおどろくような経験をしました。

 

10年も悩んだ腰痛がスーッとラクになり、その後痛みに悩まされることがなくなったからです。

これは僕の人生を変えるような経験でした。

 

その後、自分と同じように“体の痛みに悩む方”や“手術が必要”と言われ方を救いたいと整体を学び、快晴整体院をはじめて7年になります。

 

今ではフルマラソンを3時間22分で走れるほど元気な体で過ごすことができています。

 

だから僕と同じように、“病院や治療院に通っても良くならないから”とあきらめないでください。

原因をつきとめて適切なケアをすれば、膝の痛みはかならず良くなります。

あなたが思い切り走れる体を取り戻せるよう全力でサポートさせていただきます。

 

同業の先生からも推薦をいただいております

■訪問リハビリマッサージ晴・樋口治療室院長 樋口純一先生より

写真
遠藤先生との出会いは、数年前のみずぽっと体操の勉強会でした。

当時は、まだほとんど世に知られていない、みずぽっと体操。

その勉強会に参加しているだけで、「若いのに、随分意識の高い治療家の方だな!」と思いました。

お会いするたびに、謙虚な態度で、治療技術を学ばれる姿は見習わないといけないと思いました。

しかも、遠藤先生は、ご自身の腰痛を整体やセルフケアで克服したことがきっかけで、

治療家の道へ進まれているので、 クライアントさんに寄り添った施術ができるんだと思います。

腰痛でお困りの方はぜひ、快晴整体院をおたずねください。

 

■整体サロンピンポイント 鎌田恭平先生より

推薦・写真②
遠藤先生との出会いは、私の患者さんとしてでした。

当時何度も腰痛に悩まされていた経験から整体師になられた先生ですので、

カラダの痛みやしびれで悩んでいる方の気持ちを、よくわかってるれる先生だと思います。

とても勉強熱心な先生ですので、カラダの不調でお悩みの方は、快晴整体院にご相談下さいね!

 

LINE・ネット予約

 

快晴整体院の特徴

①痛くない即効性のある施術

「整体はバキバキする痛いもの」と思われてる方が多いですが、快晴整体院の施術はバキバキしないソフトな整体。

小学生の女の子から92歳の方まで受けていただいてる非常に優しい施術法です。

ソフトな施術ですが即効性もあり、痛みがある部分だけでなく、全身が軽くなるのも快晴整体院の施術の特徴です。

主宰の遠藤の施術風景

 

②医師も推薦の施術方法とセルフケア

快晴整体院で用いてる施術方法とセルフケアは、医師の推薦も受けてる手法。

メディアにも多数掲載されています。

推薦者の松田史彦先生は、日本初の「薬やめる科」のある病院、松田医院・和漢堂の院長先生です。

和漢堂、松田先生よりケア方法の推薦

 

③あなたのお話しにしっかり耳を傾けます

来院されたら、どんなことでも遠慮なくお話しください。

しっかりお話を聞いて信頼関係を作ることが、よい施術の始まりだと考えています。

 

④清潔な室内

男性ひとりで営む整体院だからこそ、室内の清潔さには特に気をつけています。

掃除を徹底し、室内に観葉植物を多く設置して、気持ちが落ち着く環境を目指しています。

 

⑤完全予約制でお待たせしません

快晴整体院は完全予約制なので、院内で長時間待っていただく必要はありません。

待合の椅子に長時間座って待つ辛さはありませんので、ご安心ください。

 

⑥自分でできる、セルフ整体のアドバイス

快晴整体院ではセルフ整体の指導も力を入れて行っております。

院長自身の腰痛経験からも、自分で自分の体を整えられるようになることが大切だと考えています。

また、セルフ整体を行うことで症状の早期回復にも役立つので、ぜひご自宅や職場で取り組んでみてください。

当院のセルフケアが書籍にもなりました!

 

他院との違いについて

違い 一般的な治療院 快晴整体院
技術 骨をバキバキしたり、痛い部位をグイグイもむ技術 痛くない、ソフトな技術
担当者 行くたび担当者が変わる 担当者は常に同じ
問診 問診はあまり時間をかけず、すぐに治療を開始 問診で話しをしっかり聞き、原因を把握した上で施術
施術部位 痛みのある部分を重点的に調整 内臓や心理面も含め、からだ全体を調整
施術法 電気や機械を使った画一的な施術 ひとり一人の状態に合わせた手技による施術
効果確認 効果の確認はなく、時間が来たら施術終了 施術後にきちんと効果を確認
原因説明 詳しい原因説明がない。また「骨盤の歪み」などありきたりな内容 ひとりひとり、原因箇所と対策を説明
施術空間 まわりに患者さんがいて、個人的なことを相談しにくい 予約制のプライベート空間なので、相談もしやすい
言葉使い 「歪んでる」「このままでは危険」など不安にさせる言葉を言う 「ここをこうすれば良くなりますよ」と、安心していただける言葉を選ぶ
回数券 回数券あり 回数券無し。不要な売り込みは皆無
物販 まくらやサプリメントの販売あり 物販無し。不要な売り込みは皆無
予約 次回予約を強要されることもある 予約の強要なし。通院間隔は相談しながら決定
通院期間 頻繁な通院が前提 良くなったら通院間隔を延ばす。最短で良くなる期間を提案

 

ランナー膝をはやく良くするための注意点

以下に痛みが早期に改善した患者さんに、通院中注意していただいたポイントを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

①:症状のことをインターネットで調べない

なんとか痛みを良くする方法はないか?と、ネットで症状の事を調べてしまう方が多いです。

気持ちはよくわかります。

でも、ネットにある情報、特に健康に関する情報は良いも悪いも様々なものがあり、

多くの情報に触れれば触れるほど、頭は混乱し不安な気持ちが大きくなってしまいます。

不安な気持ちは交換神経の働きを乱し痛みを強める原因になるので、注意してください。

 

②:痛みが強まる体操やストレッチ控える

「痛い方が効いてる気がして…」

と、痛みが強まるような体操やストレッチをしている方もいますが、勧められません。

なぜなら、痛みが強まる=筋肉や関節を傷つけている可能性があるからです。

体操やストレッチは、痛みが強まらない範囲で、無理なく行うことがポイントです。

 

③:痛い所を揉まない、叩かない

痛みやしびれが気になると、患部を揉んだり叩いたりすることはありませんか?

しかし、繰り返し刺激を与えると筋肉が傷つき慢性化の原因になることもあるので、注意してください。

 

④:痛みが強まる動作をしない

体をかがめたり伸ばしたりして、痛みを確認するような動作をやってしまうことはありませんか?

痛みを伴う動作を繰り返すことで脳に痛みの記憶を残してしまったり、痛みを悪化させてしまったり快復を妨げる要因となります。

 

⑤:お風呂にゆっくり入る

体をリラックスさせ、筋肉の緊張をほぐすために、最低でも10分、もう少し入れる方は20〜30分、湯船にしっかりつかるようにしてください。

暑い時期もシャワーだけで済ませないように心がけてくださいね。

 

⑥:明るい色の服を着る

症状が長引いてる方や痛みが酷い方を調べると、ナゼか暗い色の服を着ている事が多いです。

快晴整体院の患者さんに協力していただき調査した結果、暗い色の服は痛みを悪化させやすい、ということもわかっています。

できる範囲からでかまわないので、明るい色の服を着る機会を増やすことをオススメしています。(ピンクやオレンジ等パステルカラーが効果的です)

 

⑦:疲労抜きジョギング

痛みがある間は無理して走らない方がいいのですが、少しでも走りたい方のためには疲労抜きジョギングをおすすめしています。

痛みの出ないゆっくりペース(※)で、痛みの出ない距離を走るという事を守れるなら、完全に運動を休むよりも走った方が血流も良くなり快復を早める事ができます。

(※1㎞を走るMAXスピードの2倍以上が目安。5分/kmがMAXスピードなら、10分kmのゆっくりペース)

 

追伸

元気な体を取り戻すことは、楽しい人生を取り戻すこと。

こんな理想論はウソくさく響いてしまうかもしれませんが、私自身も腰痛から解放されて人生が変わる経験をしました。

だから、来院される方が少しでも早く充実した人生が取り戻せるよう、全力でサポートさせていただきます。

不安なこと、気になる事があれば、些細なことでもおたずねくださいね。

あなたのご来院、こころよりお待ちしております。

快晴整体院・院長 遠藤 俊快

LINE・ネット予約

アクセスマップ。近隣の地図です。最寄り駅は地下鉄北大路駅です。

住所:京都市北区小山南上総町63-1シモン北大路201

google map>>