過去にNHKの“ためしてがってん”で放映されていた内容より・・

体の痛みを悪化させる原因は慢性的なストレスにある、という事がわかってきています。

 

福島県立医科大学が、病院では原因がわからない腰痛の患者さんの脳内血流量を調べたところ、7割の患者さんが健康な人に比べて脳の血流量が低下してることがわかりました。

アメリカのノースウエスタン大学がさらに調べると、特に活動が低下している部位は、「側坐核」だということが判明。

側坐核は痛みが出た時に鎮痛物質を出す指令を出す部分だと考えられています。

しかし、慢性的なストレスが続くと側坐核の動きが低下し、鎮痛物質(オピオイド)を出す命令が出なくなり、痛みが抑えられず激痛を感じてしまうというのです。

 

ストレスが痛みを引き起こすのではなく、ストレスが小さい痛みを強めて激痛を生み出すことがわかってきました。

 

腰痛を抱える患者さんが感じるストレスは、

 

  • 腰が痛いストレス

  • 活動が低下するストレス(仕事や家事ができない)

  •  家族・医師の不理解(ツラさをわかってくれない)

  •  さらに痛む

 

というように、痛みの悪循環が患者にさらにストレスを感じさせ痛みが増加しているので、痛みを改善する決め手は「痛みの悪循環」を絶つことにあると言われています。

痛みの悪循環を断つきっかけは、自分の「好き」を大事にすること。

「側坐核(そくざかく)」は、快楽と強く関連する場所なので、
好きな食べ物や趣味、心地よく感じる香りなどを積極的に取り入れることで働きがよくなり、鎮痛作用が高まるとされています。

 

腰が痛いからと言って、家に閉じこもって痛みに耐えるのではなく、できるかぎり自分の好きなことをしたり、考えたりすることが、大切です。