常に心配事をしていると、痛みがなかなか楽にならない。

先日来院された方(40代/女性/販売業)は、椎間板ヘルニア・坐骨神経痛で左足の痛みがある方。

寝起きは軽く体操しないと座る事もできず、来院時も座った状態で足の痛みがありました。

 

少し足の調整をして様子をチェックをしてみるも、あまり芳しい変化が出て来ない…。

そのままお腹の方を調整しながらお話しを伺うと、近々仕事の「面接」が控えてるらしいことが判明。

「面接で何を言えば良いのか…?」と、この頃常に心配事をされていたそうです。

 

「ひょっとして、その心配が体にダメージを与えてる原因のひとつかな?」

と思い、施術をしながらクライアントさんと一緒に、面接で話す内容を一緒に考えていきました。

 

答えを考え終えた所で再度体のチェックをすると、痛みも楽に。

加えて「気持ち」の方もスッキリした様子。

この後体の微調整をして、最後は面接の答えをノートに書き取っていただいて(笑)

笑顔でお帰りいただく事ができました。

 

この方のように、常に「心配事」をしていると、体の緊張がなかなか抜けず、

それが痛みの原因となってしまう事があります。

 

僕も似たような経験があるので、よくわかるんです。

 

この場合、症状を良くするには「体の調整」だけでは足りず、

「心」と言うか、「気持ち」を楽にするサポートも必要になってきます。

 

あなたも、痛みやしびれが「長引く」「なかなか良くならない」とお悩みなら、

「常に心配している事がないか?」振り返ってみてください。

 

意外にその事が、原因になっているかもしれませんよ。