ゆびゆら整体でマラソンのパフォーマンスを上げる実験

こんにちは。快晴整体院の遠藤です。

 

わたくしごとですが、11月の福知山マラソンにエントリーし、

マラソン熱に再び火が灯りました。

 

先週はクラブチームでハードな練習をこなしたり、

炎天下のもと2時間の長距離走をこなしたりと

練習の機会も増加!

 

こうして何かひとつ目標ができると、

毎日にメリハリがついていいものです。

大会まであと3か月。楽しんで走りたいと思います。

 

さて先日、僕がお世話になってるクラブチーム、京RUN走の仲間に協力してもらい、

ゆびゆら整体で体を整えたあとに走るとどんな変化がでるのか?実験してきました。

 

実験方法は簡単。

まず1.25kmの距離を全力で走ったあとに3分ほどゆびゆらをし、

柔軟性を上げたあとにふたたび1.25kmを全力で走ってもらう実験です。

 

ゆびゆら整体後のビフォー・アフターはこちら。

(左ビフォー:右アフター)

3分間くらいのゆびゆらでしたが、かなり柔軟性が増してますでしょ?

からだがやわらかくなれば、各関節や筋肉の動きもスムーズになり、走りに影響するのではないか。

それを確かめるための今回の実験。

 

そして実際、ゆびゆら整体後再度1.25kmに走っていただくと・・・

「腕の振りと、足運びが軽くなりフォームが安定した」

「後半にペースが落ちずに踏ん張りがきいた」

という嬉しい感想をいただくことができました。

 

今回協力してもらった方は、サブ3(フルマラソン3時間以内に走る)ランナー。

高校時代から陸上部で、月間走行距離は約200km。めちゃくちゃ走りこんでる方です。

それだけ走りこんでる人が言うのだから・・・かなり説得力がある言葉!

 

今回の実験で、ゆびゆら整体がマラソンのパフォーマンスアップにつながることがあらためてわかり、今後が楽しみです。

 

数分あればどこでもできるケア方法なので、練習前でも大会前でも、体の調整が可能!しかも、セルフケアでやっても同じ効果が出せます。

今後、たくさんのランナーに広めていきたいと思います^^