胃が重い…

胃がむかむかする…

胃が張っている…

げっぷをともなう事もある“胃もたれ”の症状。

 

不快感の大小はともかく、ほとんどの方が経験したことのある症状ではないでしょうか?

 

胃もたれの原因、ひとつは、食べ過ぎ飲みすぎですね。

これがイチバン多いと思います。

僕もよくあります、たくさん飲んだ次の日に、胃が重くて体がダルイ…という経験が(苦笑)

 

そのほかの原因としては、加齢による胃腸の機能低下があげられます。

胃袋も筋肉でできていますから、齢を重ねると徐々に筋力が衰えてくるんです。

 

そして、ストレスも胃もたれの原因になります。

ストレスがかかると、自律神経に乱れが生じ、胃の蠕動(ぜんどう)運動が鈍くなってしまうからです。

 

快晴整体院に先日来られた方も、この胃もたれにお悩みでした。

お腹を軽く抑えると胃に硬さがあり、圧迫感がある感じ。

そして、抑えられてるお腹の真後ろ(=腰)にもするどい痛みが出ていました。

 

なぜ、胃が硬いと、腰に痛みが出るのか?

体の構造的に見ると、胃は腰の筋肉や骨にくっついてる形です。

胃が元気な状態(=やわらかい状態)であれば問題はありませんが、

胃が調子を崩し硬くなると、腰の筋肉や骨を引っ張る状態になるんです。

その結果、腰に負担がかかり痛みが出やすくなります。

 

さて、施術は“ゆびゆら整体”を用いて、

胃と腰だけでなく、全身がゆるむように調整していきます。

 

なぜ、痛い部分だけでなく、全身をゆるめる必要があるか?と言うと、

体の硬い部分・痛い部分は、動きが悪くなってる部分でもあり、

体に動きが悪い部分があると、動きの悪さを他の場所でカバーしなければならないから。

カバーし続けていると、知らず知らずのうちにコリが全身に広がってる事が多いからなんですね。

 

施術をして体がゆるんでくると、

「先生、胃がグルグルなって動いてきましたよ~」

と、胃の動きが良くなり硬さも取れ、腰痛もやわらぎました。

 

そして

「わたし、今まですごく体に力が入ってたのがわかりました。」

と、体がかるくなったことを実感していただく事もできました(^^♪

 

この方の胃もたれの大きな原因は、日常生活で感じる“ストレス”による部分が大きかったので

最後に“ストレス解消”のセルフケアをお伝えし、家でやってもらうようアドバイス。

 

こんなふうに、胃もたれから腰痛につながることもありますが、

整体でケアすれば胃も腰も、どちらもケアすることが可能です。

 

「最近胃のあたりがムカムカ苦しいな…」

「もしかして、わたしも胃もたれからくる腰痛かも?」

とお悩みの方は、1度ご相談くださいね。

この記事を書いた人

遠藤 俊快
遠藤 俊快快晴整体院・院長/日本みずぽっと体操協会・代表
10年以上腰痛に悩み、医師からは「手術をした方がいい。でも手術をしても良くなる保証はない。」と言われ絶望感を感じていた20代。

「一生痛いままなのか?」と悩んでいる時に出会った整体で腰痛から解放され人生が一変。

その後「同じ悩みを抱える人を救いたい!」と整体を学び、2011年京都で快晴整体院開業。

今ではフルマラソンを走れるほど元気な体を取り戻す(ベストタイムは3時間22分)。

◆TEL:0120-497-634(10~20時 水日休)
◆ホームページ http://kaisei-seitai.com/(下に表示されてる地球儀をタッチ)