梅雨が明け、暑い日が本当に増えてきましたね。

昨日の休みは家で家事をこなしてましたが

掃除やら洗濯やらで1階と2階を往復したら汗だく…。

3連休は36℃まで気温が上がる予報が出てますね。

ほんと、熱中症に気をつけて過ごしていきましょう!

 

そして夏になってくると、腰痛の方の中には

「コルセットが暑くて仕方がない」

と悩む方が増えてきますね。

僕も夏のコルセットは苦行でした。

ただでさえ暑いのに、なんであんなモノを巻かねばならんのか…と。

 

先日から通院されてるMさんも、コルセットを巻かれてご来院。

病院では椎間板ヘルニアと診断され、

この3か月間、腰から足にかけての痛みとシビレにお悩みでした。

 

施術を始める前にMさんの体をチェックしていくと、筋肉がカチコチ。

体が硬くて、ちょっと体を前にかがめるだけでも精一杯。

この硬さが、痛みの原因になっているようだったので、

全身が柔軟性を取り戻せるように“ゆびゆら整体”を用いて施術していきました。

 

初回の施術で背中の硬さもゆるみ、前にかがむ動作も楽になってきて、

2回目の施術後には

「腰にあった爆弾のような重さが無くなってきてます!」

と、ご報告いただきました。

 

腰がラクになってきた分、脚のシビレが目立ってきたとのことだったので

3回目の施術は脚もしっかりゆるまるように調整させていただきました。

 

ところで、Mさんの日常生活でのお話を聞いていると

なかなかに“いらち”な方で、仕事をするにも家事をするにも

いつもせかせかと焦って動き続けてる事が見えてきました。

 

焦って動いてると体の使い方が荒くなって、

腰とか足の筋肉に負担をかけてしまうことが多いです。

 

ご本人は当たり前のことだと思っていたみたいですが、

だからこそやっかいなんですよね。

 

普段あたり前にしている事だから、

それが悪いってことをなかなか気づけない。

体に負担をかける悪い癖に気づけないと

いつまでも、痛みやシビレは良くなっていかないんです…。

 

Mさんには、仕事中や家事の時の宿題として

“普段よりゆっくりと動く”

ことを意識してもらうようお伝えしました。

 

これで次回来院の際には、

体の状態もさらにいい方向に向かえているはずです。

この記事を書いた人

遠藤 俊快
遠藤 俊快快晴整体院・院長/日本みずぽっと体操協会・代表
10年以上腰痛に悩み、医師からは「手術をした方がいい。でも手術をしても良くなる保証はない。」と言われ絶望感を感じていた20代。

「一生痛いままなのか?」と悩んでいる時に出会った整体で腰痛から解放され人生が一変。

その後「同じ悩みを抱える人を救いたい!」と整体を学び、2011年京都で快晴整体院開業。

今ではフルマラソンを走れるほど元気な体を取り戻す(ベストタイムは3時間22分)。

◆TEL:0120-497-634(10~20時 水日休)
◆ホームページ http://kaisei-seitai.com/(下に表示されてる地球儀をタップ)