得意料理はラーメンです。快晴整体院の遠藤です。

鶏ガラを圧力鍋で煮てスープを取るのですが

わりと簡単に本格的なラーメンが作れます。

うちの妻にも「お店みたいに美味しい!」と評価も上々です(^^♪

 

そう、こうやって美味しいものが食べられるって幸せですよね。

でも歯が痛くなると、食べものも美味しく食べられなくなる。。。

先日来院されたAさんも歯の痛みで悩まれていて、食が進まなくなってるようでした。

 

Aさんは転職のため2週間まえに職場を辞められ、今は有給消化中の期間。

また、引っ越しやお子様の出産も控えており、これから色々な環境がガラリと変わる、そんな状況でした。

今回は、引っ越し前の最後のご来院。

 

歯の痛みは以前もたまにあったそうですが、

ここまで痛みが強くなったのは初めてとのこと。

 

たまらず歯医者さんに駆け込まれたものの、歯医者さんからは

「虫歯もないし炎症もないし、原因がよく分からないですねぇ…」

と言われるだけだったそうです。

 

原因不明の歯の痛みは、非定型歯痛非歯原性歯痛と呼ばれます。

 

なんにせよ歯の痛みはツラいもので…

僕は高校生の頃に親知らずを抜いたんですが

あの時は少し触でもツライ痛みが数日間続き。

たいそう辟易した記憶があります。

 

さて、Aさんの歯の痛みですが

例えるなら内側からお菓子のグミのようなものが押し出されるような

なんとも言えない鈍い痛みがあるとのこと。

 

痛みの原因の多くは、患部のまわりが緊張して凝り固まって

「ガチガチ筋肉」になってることにあります。

そのせいで「血行」が悪くなり痛みが出やすくなるんですね。

(お医者さんでは筋肉の状態まで見てくれるところが少ないので

「原因不明」と言われてしまうことが多いのです。)

 

まずはどのあたりが「ガチガチ筋肉」になってるか?チェックをして、

硬い部分を見つけてはゆびゆら整体の手法を使ってゆるめていきます。

 

筋肉の緊張をゆるめていくと徐々に歯の痛みも減ってきて、

「鈍い痛みもマシになってきましたね~!」とAさん。

 

このあと、足の指にあるツボを軽く押すと

「うわ!!なんですかそこ、超痛いです!」

と悲痛な声が(笑)

 

歯や口に関係するツボを押したんですね。

このツボをゆるめると、痛みもさらに良くなります。

そんな説明をしながらツボを優しくほぐしていくと、

「もうほとんど痛くないですよ♪」

というところまで楽になりました。

 

施術後、ふたりで話しをしていると、

「なんで急に痛みが出てきたんでしょうかねぇ」

とAさん。やっぱり、なぜ?と不安になりますよね。

 

現在のAさんの状況を考えると、

2週間前に退職され、急に体を動かさなくなったことや

環境が変わることへの心配(?)で体の緊張を強め、痛みが出ていた可能性をお伝えし

「できるだけ、体を動かすようにしてくださいね~」とお伝えしました。

もともと、体を動かすことが嫌いじゃないAさんです。

体を動かせば体の緊張も心配事も、ほぐれやすくなりますからね。

 

また、自分でできるツボほぐしの方法をお伝えし、

最後に餞別代わりにお菓子をプレゼントしさせていただきました。

新しい環境でも、Aさんが元気にすごされることを願って。

 


原因不明と言われた痛み・しびれはご相談ください。

【快晴整体院ホームページ】

こちらから>>

【ご予約お問い合わせ】

(携帯、スマホの方は、下記の番号をクリックで直接電話できます)
0120-497-634携帯 (10~20時受付・水日定休)

この記事を書いた人

遠藤 俊快
遠藤 俊快快晴整体院・院長/日本みずぽっと体操協会・代表
10年以上腰痛に悩み、医師からは「手術をした方がいい。でも手術をしても良くなる保証はない。」と言われ絶望感を感じていた20代。

「一生痛いままなのか?」と悩んでいる時に出会った整体で腰痛から解放され人生が一変。

その後「同じ悩みを抱える人を救いたい!」と整体を学び、2011年京都で快晴整体院開業。

今ではフルマラソンを走れるほど元気な体を取り戻す(ベストタイムは3時間22分)。

◆TEL:0120-497-634(10~20時 水日休)
◆ホームページ http://kaisei-seitai.com/(下に表示されてる地球儀をタップ)