昨日はマラソンの練習で20㎞走ってきました。

快晴整体院の遠藤です。

 

さすがに疲れたので、練習後は銭湯へ。

西京極にある「天翔の湯」へ行ってきました。

銭湯なのに源泉かけ流しの天然温泉。

いいですよ~くつろげますよ。おススメです。

 

さて、僕のようにマラソンに限らずですが、

スポーツは疲労や体の痛みに悩まされる方が多いですね。

 

先日から通院されてる方は大学生のOさん。

全国大会に行くようなチームでフットサルをされてます。

 

しかし、中学生時代に股関節を痛め、

大学に入ってからはプレーできないほどの痛みに悩まされていました。

 

練習を休むと痛みは治る。

でも、プレーをするとまた痛くなるので

ふたたび休まなければならない…その繰り返し。

 

チームの中心的な選手なので試合を休むわけにもいかず

薬を飲んで無理やり大会に出場していたそうです。

 

快晴整体院に最初に来院された時は股関節を少しねじっただけでも

つよい痛みが出る状態。

痛みが長く続いていたせいもあり、股関節を動かすことが「怖い」

そんな様子がうかがえました。

 

痛い場所と痛みの度合いをチェックして、施術開始。

ゆびゆら整体で体の動きを整えていくと、

股関節の痛みもスッと楽になっていきました。

 

もちろんこの段階では完ぺきではありませんが、

3日後に試合を控えているとのことだったので

様子を見ながら出場してもらうことにしました。

 

痛みがあると運動を禁止するのが普通かもしれませんが、

スポーツ選手であればそれはかなりの苦痛ですよね。

チームの事を考えたり、周りから取り残される不安もあったりするはずです。

 

だから僕も、あえて禁止にはしませんでした。

自分に置き換えてみても、マラソンの練習を中断させられるのは嫌ですから…。

 

試合の翌日に来院されたOさんでしたが

「試合後の痛みは改善されてきてます!」

と、初回の施術でまずまずの効果が出ていました。

 

そこから試合や練習を続けながら

3回ほど通院して体の調整を続け

本日5回目の施術。

 

来院の前日・前々日と2回試合があったそうですが、

「試合中、股関節の痛みを気にせずプレーできました!」

「こうしてからだを動かしながら痛みが良くなるなんて思ってませんでした」

とOさん。

試合後の痛みもなく、いい状態が定着してきています。

 

よかった。

このまま思い切りプレーできる体を

維持できるようサポートしていきたいと思います。

この記事を書いた人

遠藤 俊快
遠藤 俊快快晴整体院・院長/日本みずぽっと体操協会・代表
10年以上腰痛に悩み、医師からは「手術をした方がいい。でも手術をしても良くなる保証はない。」と言われ絶望感を感じていた20代。

「一生痛いままなのか?」と悩んでいる時に出会った整体で腰痛から解放され人生が一変。

その後「同じ悩みを抱える人を救いたい!」と整体を学び、2011年京都で快晴整体院開業。

今ではフルマラソンを走れるほど元気な体を取り戻す(ベストタイムは3時間22分)。

◆TEL:0120-497-634(10~20時 水日休)
◆ホームページ http://kaisei-seitai.com/(下に表示されてる地球儀をタップ)