快晴整体院の遠藤です。

今日11月22日は「いい夫婦の日」です。

わたくし事ながら9年前、僕と妻が結婚式を挙げた日でもあります。

 

思い起こせば結婚式の夜に妻と大喧嘩をして

僕らの結婚生活もスグに終焉を迎えるかに思われたのですが…

今はそんな事も笑って話せる良き思い出です(笑)

 

さてさて、「いい夫婦の日」の1週間前に来院されたのは

中京区に住まれるS夫妻。

旦那さんが2年ほど前に快晴整体院に通ってくださっていました。

 

久々の電話をいただきお話を伺ってみると

「妻が腰痛で、みてくれないか」

とのご相談。

 

どうやら寝起きに腰が痛くなったそうで

ギックリ腰の1歩手前のような状態でした。

 

Sさんの奥様、来院時は歩く事にさえ気を使われていましたが

“ゆびゆら整体”で指をゆらして体を整えると

帰る頃には

「来た時よりずっと楽です♪」

と軽い足取りで帰路へ。

 

その3日後にもう一度体の微調整をさせていただくと

ギックリ腰1歩手前だった腰痛もすっかり良くなりました♪

 

ギックリ腰になりかけてた原因のひとつは、勉強疲れによる疲労。

資格を取るために毎日学校に通われていたそうです。

しかも、受験生のお子さんを抱えながら。

気力も体力も相当使われていたんだと思います。

 

仕事も家事も何でもこなされるタイプの方は

多少の疲れはものともせず突き進まれる方が多いのですが

疲労がマックスに達した時に体が急に悲鳴を上げます。

 

悲鳴を上げるまで、体の疲れに気づけない事が多いんですね…。

Sさんの奥様も、そんなタイプのようでした。

 

これから年末にかけて、似たようなご相談が増える時期です。

「疲れたな~」

「シンドイな~」

と感じたら、無理せず休む!!

 

忙しい時って気持ちもたかぶっている事が多いので

無理しても乗り切れる気がするんですが

そんな時こそゆっくりする時間を意図的に作ることが大事。

(恥ずかしながら僕自身も、無理して調子を崩してしまった過去が何度もあります…。)

 

そうは言っても、

「無理をしてでも乗り切らなければならないよ!」

と言う時は、気軽にご相談くださいね!

疲労が抜けるよう体をしっかり調整させていただきます。

この記事を書いた人

遠藤 俊快
遠藤 俊快快晴整体院・院長/日本みずぽっと体操協会・代表
10年以上腰痛に悩み、医師からは「手術をした方がいい。でも手術をしても良くなる保証はない。」と言われ絶望感を感じていた20代。

「一生痛いままなのか?」と悩んでいる時に出会った整体で腰痛から解放され人生が一変。

その後「同じ悩みを抱える人を救いたい!」と整体を学び、2011年京都で快晴整体院開業。

今ではフルマラソンを走れるほど元気な体を取り戻す(ベストタイムは3時間22分)。

◆TEL:0120-497-634(10~20時 水日休)
◆ホームページ http://kaisei-seitai.com/(下に表示されてる地球儀をタップ)