変形性股関節症で福井県からご来院

快晴整体院の遠藤です。

インフルエンザが猛威を振るってるみたいですが、みなさんは大丈夫ですか?

京都市のインフルエンザ情報を見たら患者数が跳ね上がっていて、その急増っぷりに驚きました。

参考:http://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/page/0000051303.html

 

外出後は手を洗って、栄養を取って、しっかり寝て…と予防法は色々あります。

そしてインフルエンザ予防に大切なのは体のコリをほぐしておくこと。

これは意外と知られていない予防法かもしれません。

筋肉のコリをほぐすことで体液の循環が良くなり免疫力アップにつながるので

お風呂に浸かったり、ストレッチや体操で体をほぐすようにしてみてください!

 

さてそんな中、

先日は福井県から変形性の股関節痛で悩む方(Fさん)がご来院くださいました。

「股関節が硬くて、歩くと体が沈んでいくような痛みがある…」

とツラそうな足取り。

 

病院ではやはり手術を勧められていたそうですが

「恐くて手術だけはしたくない」

と話されていました。

僕も同じように手術をすすめられた過去がありますが

やっぱり恐いですよね、自分の体にメスが入ることを想像するのは…。

 

そんなFさん、京都滞在中の2日間連続で施術を受けられ硬かった股関節の動きも改善。

また、歩く際に気になっていた

“体が沈み込むような痛み”も楽になり

最後は笑顔になられていて良かったです。

 

来院された時のFさんは深刻な顔をされていましたが

お話しを伺うと、どうやらもともとはゲラ(笑い上戸)だそうな。

痛みで最近は笑う機会も減っていたそうですが

これからは、少しでも笑う機会を取り戻していってもらえたらなと

そんなお話もさせていただきました。

“笑い”って人を元気にするパワーがありますからね。

 

最後にセルフケア用にゼロポイントテープも2本お買い上げいただきました。

福井と京都、頻繁には通える距離ではありませんから

元気な体作りにテープを役立てていただければ思います。

この記事を書いた人

遠藤 俊快
遠藤 俊快快晴整体院・院長/日本みずぽっと体操協会・代表
10年以上腰痛に悩み、医師からは「手術をした方がいい。でも手術をしても良くなる保証はない。」と言われ絶望感を感じていた20代。

「一生痛いままなのか?」と悩んでいる時に出会った整体で腰痛から解放され人生が一変。

その後「同じ悩みを抱える人を救いたい!」と整体を学び、2011年京都で快晴整体院開業。

今ではフルマラソンを走れるほど元気な体を取り戻す(ベストタイムは3時間22分)。

◆TEL:0120-497-634(10~20時 水日休)
◆ホームページ http://kaisei-seitai.com/(下に表示されてる地球儀をタップ)