“KYOTO競馬RUN 2019″に参加。椎間板ヘルニアだったクライアントさんも元気に快走!

”要手術”と言われてた元腰痛患者の整体師・遠藤です。

先日の日曜日は、京都競馬場で行われた”KYOTO競馬RUN 2019″に、快晴整体院のお客さんをまじえ参加してきました。

タスキをつなぎゴールを目指すリレーマラソンの部にエントリー。
1周2.5㎞のコースを11人で走ってみごと完走!
みなさん頑張りました!!

(↑普段は入れない”パドック”を走る遠藤。 )

ちなみに、一緒に走ったお客さんのうち3人は、元々椎間板ヘルニアで腰痛や足のシビレにお悩みだったお客さん。
椎間板ヘルニアも病院では手術をすすめられることがありますね。

それでもこうして、楽しく走れる元気な体を取り戻すことは可能です。

「痛みがあるから、走るなんて無理…」
なんてあきらめそうな方も、気軽に1度、快晴整体院にご相談くださいね。

また、次の大会は8月に琵琶湖で開催されるリレーマラソンに参加予定です。
ここ3年ほど毎年参加している定番大会。

「わたしも走ってみたい!」
という方は、来院時にぜひ教えてください。