【お客様の声】椎間板ヘルニアでストレッチを数年間続けてもダメだった痛みが楽に

快晴整体院の遠藤です。
6月も暑い日が続きますね。

昨日は整体院がお休みで家で掃除や片づけをしていました。
クーラーも付けずに1日過ごしていたら、夜、なんだか熱っぽくなってしまいました。

おそらく、若干熱中症気味だったんでしょうね…。
暑い部屋で作業をする時は、みなさんも気をつけてください!

さて今日は、快晴整体院のお客さん(K.N さん)からいただいた施術の感想を紹介したいと思います。

一緒に読んでいきましょう。

施術前は腰の痛みがあり、数年間ストレッチを続けてきましたが痛みが消えませんでした。
(施術を受け)1回目の施術で腰の痛みは半分以下になり、3回目の施術でほとんど痛みがなくなりました。
教えていただいたストレッチも、これからも続けていきたいです。
(K.N様 32歳男性 京都府南丹市在住)


 

K.N様、施術のご感想ありがとうございます!

K.Nさんは病院で椎間板ヘルニアと診断され、お医者さんに指導されたストレッチを一生懸命に続けていました。

しかし、感想にも書かれているように、数年間ストレッチを続けたにも関わらず、腰痛は良くならなかったのです。

ストレッチという体に良いことをしてるはずなのに、なぜ思ったような効果が出なかったのか?

それは、K.Nさんが症状を「良くしよう」と “前向きに頑張って”いたからなんです。

“前向きに頑張る”ほど、実は心身共に力が入ってしまって、体がほぐれていかなくなってしまうんですね。

すると、思ったよりもストレッチの効果が出ないことで焦ってしまい、さらに心身共に力が入り体がほぐれにくくなる…という悪循環に陥ってしまうのです。

このように長期間ケアを続けても良くならない症状を良くするには、“前向きに頑張る”ことを一度止める事が症状改善へ1歩近づくコツ。

同じような症状でお悩みの方は、ぜひ知っておいていただきたいと思います(^^♪