「足裏が痛くて歩けない…」50代男性がご来院。スタスタ歩けるまで快復。(足底筋膜炎)

一昨日は、足裏の痛みに悩まれるSさん(50代男性)がご来院。

1か月ほど前から痛みがあり、なかなか良くならずに「もしかして痛風かな?」と心配になって、初めは病院で見てもらったそうです。

しかし、病院の先生からは「痛風ではないですねぇ。」と言われ、「病院では湿布くらいしかできることがないので、足つぼマッサージでも受けに行ったらいいんじゃないですか?」とアドバイスをされるだけで、Sさんは「この痛みを、どうすればいいのか?」と途方に暮れてしまっていました。

Sさんはダイエットのためにウォーキングを続けていたのに、痛みのせいで歩けなくなってしまい、体重も増えてきて食事にも神経を使う日々。

快晴整体院にご来院された時は、ゆっくり歩くだけで足裏の筋がビーンと張りとても歩きにくそうな状態でした。

いわゆる“足底筋膜炎”のような症状です。

このように足裏に痛みがあると、足裏を伸ばすストレッチをしたり、痛みがある部位をグリグリもまれたりする方が少なくありません…。

しかし、痛みがある部分に刺激を加えると症状が慢性化してしまう可能性があります。

だから快晴整体院では足裏の痛みに対して、指先を軽く揺らす程度のごくごくソフトな施術(ゆびゆら整体)で体の調整をしていきます。

施術を受けていただくと、足裏の張りもなくなりスタスタ歩けるまで快復。

「先生、こんなに楽になるんですね。久しぶりに普通に歩けましたよ!!」

と、笑顔でお帰りいただくことができました。

お伝えしたセルフケアにも取り組んでいただければ、Sさんがウォーキングを再開できる日もそう遠くないはずです。

Sさん、どうぞお大事にしてください!