「歩くとカカトが痛い」20代の妊婦さんがご来院。

快晴整体院の遠藤です。

朝晩の気候がすこしずつ、涼しく感じられるようになってきましたね。

ほんの数週間前まで熱帯夜が続き、夜は熱くて寝られず、かといってクーラーを付けると体が冷えて起き抜けがダルイ…という毎日だったので、涼しさを感じられる事をことさら嬉しく感じます。

でも、予報を見てると、まだ日中は暑い日は続きそうな…。水分しっかり取って、元気にすごしていきましょう!

かかとに石が突き刺さるような痛み

さて、一昨日来院されたのは、

「歩くとかかとが痛いんです…」

と悩む20代の妊婦さん。

快晴整体院に通われているお母さんの紹介でお見えになりました。

 

痛みはかかとの骨がある部分に、とがった石が刺さるような鋭い痛みがあるということ。

4カ月ほど前から痛みが気になりだし、最近になり痛みが悪化。

「痛くて外出もできないんです…」

と、ただ歩くことすらも非常に辛そうでした。

 

こんな歩く時の足裏に痛みはかなりやっかいです。

足裏の痛みを避けようと足の着き方を変えてみたり歩き方を変えてみたりしていると、他の場所にも痛みが出たり、自分の正しい歩き方がわからなくなってしまう、なんてこともあります。

この妊婦さんも、痛みを避けようとして、上半身を強張らせて無理やり歩いているような状態でした。

 

体の状態をチェックしたら、さっそく施術をして体の緊張をゆるめていきます。

足裏だけじゃなく、膝や股関節なども同時に整えていきます。

これが大事なんですね。

足裏の痛みに対しては足裏を揉んだり、足裏の筋肉をストレッチさせたりすることが一般的ですが、痛い所ばかりを刺激すると意識が患部に集中して痛みが取れにくくなってしまうことがあります。

 

だから膝や股関節も含め、全体の緊張をゆるめていきます。

この妊婦さんのカカトの痛みもどんどんやわらぎ、最後には

「あれ!?痛みないです!普通に歩けますよ!」

と、嬉しそうに整体院の中をグルグル歩かれていました。

 

最後に、ペットボトルを使った(みずぽっと体操)の足裏ケアをお伝えし今回の施術は終了。

ご自宅でのケアを行っていただき、楽に歩ける体を、できるだけキープしてもらえたらと思います。