京都の走る整体師の遠藤です。

先週末は、久しぶりにチーム京RUN走の練習会に参加させていただきました。

 

その時のコースが、これからのマラソンシーズンにオススメなので

紹介させていただこうと思います。

 

スタートはいつもの松尾橋に集合して、桂川沿いを嵐山方面に向けジョグ。

休日の桂川沿いはランナーやロード乗りの人が多いですね。

 

嵐山の観光名所渡月橋をわたり(現在台風で倒壊し工事中ですが通行はできます)

嵐山のメイン通りを抜けて清凉寺へ。

このメイン通り、いつもはすごく混んでいますが

台風や地震の影響でしょうか?いつもより人が少なく感じました。

 

清凉寺の裏を抜けたら、愛宕念仏寺へと向かうのぼり坂が始まります。

ここから、愛宕神社一の鳥居に向け1.6㎞ほどずっとのぼり道。

チーム練習に最初に来た頃は、この坂ですらビビっていたことを思い出します(笑)

ここを往復するだけでも、かなりいいい練習になりますよ。

 

一の鳥居を過ぎたら、六丁峠に向けて800mほど。

さらに坂道は続き、高低差にして60mほどのぼります。

そして後半のヘアピンを曲がった後が激坂!!

ここがね、いつもツライんですよ。

六丁峠3往復なんていう練習がある日はめまいがします。

それだけ、いい練習コースなんですね。

 

六丁峠を折り返したらもと来た道を引き返し、松尾橋へ。

合計で15㎞ほどの道のりになります。

今回は途中の坂道を使い200m×10本の

ショートインターバルできっちり追い込み、いい練習ができました。